信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

弁天堂

2019年06月11日 | 寺社徘徊



お早うございます、信です。
季節は進み水無月 6月は芒種の次候、第二十六候 腐草為螢(くされたるくさ ほたるとなる)になりました。
早いもので、もう蛍の季節です。

昨日はお休みを頂いて、鎌倉を撮影徘徊する予定でしたが、見事に丸一日の雨。
朝から本降り状態で、どうにもカメラを出せる状況にはなく、鎌倉は仕切り直しとなりました。


という訳で今日も松戸の本土寺、続けます。


1


【本土寺】
もと源氏の名門平賀家の屋敷跡と伝えられ、建治三年(1277)に、領主の曽谷教信(そやきょうしん)の協力により領内の地蔵堂を移して
法華堂(ほっけどう)として始まり、後に日蓮聖人より長谷山本土寺と寺号を授かりました。
長栄山 池上本門寺(ちょうえいざん いけがみほんもんじ)、鎌倉比企ヶ谷の長興山 妙本寺(ちょうこうざん みょうほんじ)とともに
朗門の三長三本(ろうもんのさんちょうさんぼん)と呼ばれ、宗門屈指の大山として、末寺百数十を統括し、山内は四院六坊がとりまく
十四間四面の本堂を中心に七堂伽藍を誇っていましたが、度々の不受不施(ふじゅふせ)の法難と明治維新の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)のために衰退します。



2


しかしながら三聖人出生の聖跡として今なお名高く、開運・安産・乳出子育・学業増進・所願成就のご霊験で知られる名刹です。
三聖人とは、平賀家の三兄弟で、師孝第一と讃えられる日朗聖人、日蓮大聖人に次ぐ偉聖と崇められる日像聖人、そして池上本門寺
比企ヶ谷妙本寺の大成者・日輪聖人のこと。本土寺の本土とは、「我此土(わがこのど)」つまり、お釈迦様が本当の佛、本佛となって
住む国土「本土」に由来します。
また花は、本佛に捧げる花であり、宝樹のことです。現在は、「あじさい寺、花の寺」として親しまれています。
(本土寺パンフレットより)

「乳出のご霊水」
日像上人が産湯を使った井戸で、飲むとお乳の出が良くなるのだとか


3


でも来ているのは、子育ては卒業された方々ばかりです


二階建ての回廊です


4




渡り廊下を潜って


5



地蔵堂です
小さなお地蔵が沢山納められていました


6




像師堂です


7



今日庵元夢(こんにちあんげんむ)の門人のひとり、藤風庵可長(とうふうあんかちょう)の追善のために、昭和五十三年(1978)
造立された句碑のようです

 「世は夢のみな通ひ路か梅の花」 今日庵元夢
 裏に藤風庵可長の句が彫られています


8




睡蓮池に弁天堂


9






10






11






12






13






14



その裏側に


15



小林一茶の句碑 「影ぼうし乃 翁に似たり 初時雨」
翁に似たりとは芭蕉を指したのでしょうか


16




銭洗い場がありました


17




その上にチョコンと弁天様が鎮座


18




表に戻ります


19






20




こちらは青の紫陽花が多かった


21






22






23




そう云えば本堂がまだでした


24



明日は本堂でお参りです

まだ本土寺、続きます。


 撮影日: 6月8日
 撮影場所:松戸市平賀 長谷山 本土寺


それでは皆様、御機嫌よう。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« あじさい寺 | トップ | 本土寺 本堂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-06-11 09:08:46
おはようございます。
鎌倉は残念でしたね。
晴れた日の長谷寺や江ノ電を期待しています。
本土寺も歴史のあるお寺ですね。
どこのお寺も栄枯盛衰の歴史を経て
今があるのがわかります。
緑が多いいのが嬉しいですね
睡蓮の咲く池も素敵です。
見どころたっぷりの本土寺ですね。
イザ鎌倉 ()
2019-06-11 20:35:50
はりさん>

こんばんは。
今日の貴重な晴れが1日ずれていてくれたら・・
お天気にたらればはありませんが、今日一日会社のビルで悶々としていました。
イザ!鎌倉は来年に持ち越しか・・
もう休日は超のつく混雑で、カメラどころではなくなると思います。

本土寺も明日で終わりにします。
素晴らしい名刹でした。
四季を通じて楽しめることでしょう。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

寺社徘徊」カテゴリの最新記事