信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

秋の北アルプス裏銀座縦走 ~8.水晶小屋~

2021年09月30日 | 北アルプス(南部)




お早うございます、信です。
もう令和3年度も折り返し、上期最終日になりました。

昨日、記念すべき第100代目のの総理大臣が、岸田さんに決まりました。
生真面目な、やや大人しい外務大臣が長い印象の岸田さんですが、自分がボスとなってどう変わってくれるのか

拉致被害者の会の飯塚会長が「岸田さん?あの人はダメだ、最初から何も決められない人だった」という手厳しいコメントが印象的です。
果たして「何も決めない、決められない」ボスになってしまうのか。この先を良く見ていきましょう。


さて今回の北アルプス縦走紀行も早や8回目です。
前泊移動のプロローグも含めて、やや飽きてきた読者の方も多いでしょう。

それでも私は山景のベタベタ貼りをやめません。若しかしたら病気かも知れません。
独りよがりも良い加減にしろと、声が聞こえそうですが我が道を往くだけです。

さてワリモ岳を越えて


1









快晴の表銀座を右手に


2









ワリモ北分岐に出ました


3


置いてあるザックは水晶か、鷲羽に空身で登りに行った岳人たちがデポしたもの。
さすがに快晴のこの日は、ずいぶんと多かった。

そのザックの多さに戸惑い、また惑わされ、しばらく道を探してウロウロ
何と気が付いたら、またワリモ岳への登山道に戻っていました。

これが「黒部の怪」です(笑)




ウソです。単なる還暦ジジイの徘徊です。
そのまま斜面を左手に行けば、何てことはありません


4









図体の大きな祖父岳に、改めて驚きます


5









路傍に名残のトウヤクリンドウ


6









これから水晶小屋(赤岳)に上がります


7









年季の入った木道


8



この北アルプス最深部の木道整備は、困難を極めるでしょう 
このコロナ禍で売り上げは激減し、機材購入もままならず人出もありません。

雲ノ平山荘では登山道整備のボランティア・ツアーを組んでいます。
期間は約1週間、それでも実働は2日だけ。宿泊・食事は全て山荘もちです。

もう少し私が若かったら、迷わず1ヵ月は逗留させてもらって登山道整備に勤しんだでしょう。


祖父岳からの登山道です


9









間もなく赤岳頂上(水晶小屋)です


10









懐かしい赤土の台地。ここに立つのは6年ぶり


11


前回来たのは2015年の9月、裏銀座縦走の時でした。






表銀座、燕岳の長い稜線が延びる


12









ハイマツの中に「あと10分」


13









空が蒼い!


14










昨日、断念した雲ノ平はすぐ左手


15









祖父岳、三俣蓮華の北稜の先に黒部五郎


16


黒部五郎小舎はこの北稜の真下にあります。







歩いてきた稜線を振り返る


17









常念岳と槍の間に 富士山と塩見岳、南アルプス


18









AM 9:00 水晶小屋分岐とうちゃこ


19










懐かしい赤土の、脆そうな断崖


20









2015年にはこちら側の尾根から登りましたが・・崩壊しています


21








懐かしい裏銀座の稜線
登山道は左手の、水晶小屋直下に移されています


22










長い東沢から黒部湖までの深い谷


23










2015年の頃より、崩壊は目に見えて進んでいるようです


24


そのうちに東沢乗越から水晶小屋までが、一番の難所になるかも知れません。
(でも2015年の写真を見直したら、そんなには変わっていませんでした)






正面にデンと聳える野口五郎岳


25










そして後立山の山塊に続きます


26










北の正面は立山


27









イザ 参ろう


28










憧れの漆黒の水晶岳へ


29










雲ノ平を眼下に望みながら


30









笠が見守ってくれている


31










槍も背中を押してくれている


32










それにしても凄いところに立っている水晶小屋


33










待ってなさい


34



明日は水晶岳の頂きから。


 撮影日: 9月21日
 撮影場所:水晶小屋(赤岳)


それでは皆様、ご機嫌よう。









コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... | トップ | 秋の北アルプス裏銀座縦走 ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2021-09-30 07:27:38
おはようございます。
毎朝素晴らしい山の風景を堪能しています。
それにしても素晴らしい青空に恵まれて、気分爽快での登山だったでしょうね。
デポされた誰かのザックもパンパンで重そうですが、
信さんはカメラ機材もあるので、もっと重いザックを背負っておられたのでしょうね。
リンドウも秋の装いといった姿ですね。

どの写真もシャキッとした写りで、朝から気分がスカッとする山岳風景です。
31、32番は本当に雄大な風景ですね。

28日は地元の田上不動寺の開帳で、上り2時間、
帰りは1時間半を歩いて、田上山(太神山・たなかみやま)を登って来ました。(600m程の山です)
今年の節分にもお参りしたのですが、その時と比べて
体力が低下しているのことを痛感しました。
今は筋肉痛で難儀しています(笑)
後期高齢者も目前ですので、やはり年相応といった感じです。
D4S1台だけ提げて行ったのですが、カメラの重さを実感しました(笑)

自民党の総裁が岸田さんに決まりましたね。
そんなに大きく変わる事はないとは思いますが、
菅さんよりは話し方は上手いように思います。
国民が投票できる選挙でもなく、前回同様に
派閥の思惑で選ばれた総理ですので、代わり映えもする事もなく、
そんなに期待も持てませんね。
Unknown (はりさん)
2021-09-30 08:28:39
おはようございます。
ちょっとだけ旅に出たので朝の訪問ができませんでしたが
私は全く飽きることがないので山景をベタベタ貼ってくださいね。
今日はゆっくりとコーヒーを飲みながら拝見させてもらいました。
17番を見ていると随分遠くまで歩かれたことがわかります。
本当にアルプスの最深部にいるのが伝わってきます。
空はどこまでもの蒼く最高の山旅になりましたね。
太神山 ()
2021-09-30 08:36:53
takayan師匠>

お早うございます。
9月21日は夜半から放射冷却で、疑いようのない快晴を予感しましたから
夜明けを待たずに行動開始しました。
荷物はテントは三俣山荘テン場に置いたままなので、アタックザックでの移動です。
レンズ AF-S 28-300mm 1個とポカリ1本、それから水1lと、ソフトシェル1着くらいですから
カメラと合わせても4kg弱だったと思います。
お陰で軽やかに、快適な山登りになりました。
31,32番、有難うございます。

今回、後で出てきますが水晶小屋で、野口五郎・東沢乗越から来られた木の杖をつく、渋いオヤジさんにお会いしました。
話を聞いたら74才とのことで、私は大いに勇気を頂きました。
精進すればあと10年、この大先輩のように好きな山を続けられると。
この先輩は後で同じく三俣のテン場でお会いしました。

岸田さんは今日あたりもワイドニュースで盛んに話題になっていますが
これからの人事、そしてコロナ対策、そして何よりも経済対策でその人、考え方が露呈してくると思います。
あまり悲観的に考えるのもなんですが
やはり「働く政府」を掲げた菅さんの方が良かったとならないように、頑張って欲しいものです。
コメント有難うございます。
お帰りなさい ()
2021-09-30 08:44:33
はりさん>

お早うございます。
長州の旅、如何でしたか?
また写真と、小気味の良いエッセイを楽しみにしています。
>私は全く飽きることがないので山景をベタベタ貼ってください
これは何よりの励ましのお言葉ですね。
調子に乗って1話100枚くらい貼ってしまいそうです。
まったくこの日は快晴に恵まれました。
でも翌日は冷たい雨になり、天国と地獄を味わった山行になりました。
この後、黒部源流域の紅葉も出てきます。
息を呑む美しさでした。
コメント有難うございます。

コメントを投稿