信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/06 唐松岳を登る ~1.モルゲンロート~

2018年06月11日 | 北アルプス(北部)


お早うございます、信です。
季節は進み水無月 芒種の次項、第二十六候 腐草為蛍(くされたるくさ ほたるとなる)になりました。
山里では蛍が飛び交う季節です。


さて翌朝、AM 4:00に起きだして用意を整え
AM 4:30 夜明け前に八方池山荘を出ました。


1


この上ないコンディション
東の空が焼けています


2



白馬の街は、薄いベールのガスに覆われているようでした。


3


行く手に雲はありません

4



時々振り返りながら、岩場を登っていきます


5



右手にはこの絶景


6



登っていく先にはお月さま


7



AM 4:37


8



ご来光です


9



高妻山と乙妻山の真ん中から上がりました


10



モルゲンに染まる三山


11




12




13



今、この時間にここにいることの幸せを噛みしめます


14




15




16




17




18




19



ご夫婦が先に行かれました。エールを送ります。


20




21




22




23



鹿島槍の上に月


24



今日は不帰嶮も、唐松岳も遮るものはありません


25



左に五竜、鹿島槍


26



右手に白馬三山


27



ルンルン気分で八方山ケルン到着です


28



快晴の唐松岳登山

山旅は始まったばかりです。どうぞお付き合い下さい。


 撮影日: 6月3日
 撮影場所:白馬村 八方尾根


それでは皆様、ご機嫌よう。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018/06 アルプス紀行 ~4.... | トップ | 2018/06 唐松岳を登る ~2.... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2018-06-11 07:48:20
おはようございます。
天晴れな朝を迎えましたね。
当然4時半出発です。(寝ている場合じゃありません。)
360度の大展望ですね。
振り返ればご来光、目の前には白馬三山のモルゲン。
>今、この時間ここにいることの幸せを噛みしめます
やっぱり山はいいですね。
全ての写真が素晴らしいです。
取捨選択 ()
2018-06-11 08:26:01
はりさん〉

お早うございます。
相変わらず取捨選択が出来ず、ベタベタと貼り付けました。
こんなのが暫く続きそうです。
本当にお天気には恵まれました。
何度も唐松岳は登ってますが、今回が一番の天気でした。
冬山と夏山を合わせ持つ、今の北アルプス。
これから灼熱の太陽との戦いでした。
コメント有り難うございます。
Unknown (錫杖)
2018-06-11 11:45:29
お早うございます。

 御来光登山 出発は4時前でしょうか
わたしは今回、真っ暗な3時10分に出ましたよ
 でも必ず明るくなってくるのが判ってるので、期待感がたまらないですね
 白馬三山は真っ白よりも、岩肌がくっきり出る、今ぐらいの季節が一番迫力がありますね
 わたしも同じ様な絶景を余す事無く堪能してきました。

 素晴らしい御来光シーン 思わず手をあわしたくなるくらい神々しさを感じました。
 
Unknown (niceshotpete)
2018-06-11 13:05:01
信さんも錫杖さんも、素晴らしい夜明けを迎えてらっしゃいますね。羨ましい。
高妻山から登る朝日。ドンピシャリの位置に登ってくれましたね。
ご来光 (takayan)
2018-06-11 17:14:12
こんにちは。
素晴らしいご来光と、神々しい輝きに、
思わず手を合わせたくなります。
取捨選択などいらないと思います。
どの写真もみな素晴らしいですよ。
9番を見て、絶好の位置からのご来光に、感動しています。
今日は28枚すべてがお気に入りです。
清々しい朝を迎えられて、この後もさぞ素晴らしい山旅になったことでしょう。
続きを楽しみにしてますね。

ご来光 ()
2018-06-11 18:33:54
錫杖師匠>

今晩は。
さすがに山やの鉄則、夜明け前に行動開始、15時前には下山。徹底されていますね。
私は1,800mのアドバンテージがありましたから4時起床、ゆっくり支度をして4:30出発でした。
朝飯はお弁当にしてもらいましたが、これがまたボリューム満点で、お昼の心配も必要ありませんでした。
出る前に自動販売機でアクエリ500を買い、昨夜用意した500mlと合わせて、水分も万全と思ったのが甘かった。
雪もたっぷりですが、灼熱の太陽光もたっぷりでした。
あのタイトルバックからすると、奥様の百名山踏破プラスONEのあの辺の山でしょうか。
私の絶景は前回の立山リベンジですから、稜線の先です。
まだしばらくかかりそうですが、近くて遠い山景の饗宴になりそうですね。
楽しみが倍増します。
コメント有難うございます。

晴天 ()
2018-06-11 18:42:49
niceshotpeteさん>

今晩は。おヒサです。
とは云ってもほぼ毎日のように覗かせて頂いてますが、KB不精のためお許し下さい。
6月初頭、梅雨の前。こんな天気もくるのですね。
半信半疑で行ってみましたが、とんでもない快晴の1日に巡り合えました。
忘れられない山行になりそうです。
高妻と乙妻の真ん中から上がったご来光
ちと目が北に寄ってしまい、八ツ、富士山の様子がよく分かりませんでした。
絶景はこれからです。
また見て下さいね。
コメント有難うございます。
モルゲンロート ()
2018-06-11 18:53:43
takayan師匠>

今晩は。
まったく成長しないベタベタ貼りです。
師匠と呼ばれる方がご迷惑ですね。出来の悪い勝手の弟子です。
でも久々に神々しいご来光に会えました。
>取捨選択などいらないと思います。
こりゃ勇気百倍で良い気になってさらにベタベタになりそうです。
ここはゴンドラとリフトを乗り継いで、来られるところです。
今回は冬道なので尾根道の岩場を歩きましたが、夏道は八方池まで木道が整備されています。
ぜひ夏山の撮影地の候補に入れておいてください。
梅雨の直前にまさかこんな快晴に巡り会えるとは、思ってもいませんでした。
また雷鳥とも遭遇します。
楽しんで頂けると幸いです。
いつも嬉しいコメント、有難うございます。

コメントを投稿

北アルプス(北部)」カテゴリの最新記事