信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

冬の信州紀行(その6)諏訪湖

2020年01月12日 | 信州紀行




お早うございます、信です。
この信州紀行で登れなかった車山がフラストで残り、昨日は好天を信じて群馬のお山に行ってきました。

2年ぶりの冬の華を見れました。
これから現像作業に入ります。


さて1月4日の信州紀行を綴っています。
霧ヶ峰富士見茶屋を後にして、諏訪側に下り霧ヶ峰スキー場に来ました。

ここでトイレを借りました


1







雪の中で遊ぶ元気な子


2







あらあら コケちゃった・・


3







こちらの斜面ではスラローム練習中


4







果敢にカーブを攻めてます


5







次の子は少し小さいか


6






コーチから激が飛ぶ
エッジを効かせて見事なターン


7







おや この子も見事に復活


8







諏訪SAで一休み
八ヶ岳は雲を被っています


9







この日は終日、山は荒れていました


10







諏訪湖と茶臼・三峰山


11







鉢伏山と二ツ山


12







高ボッチに雪は見えません


13







諏訪湖では、わかさぎ釣り


14







釣れていますか~


15







今年は諏訪神の御神渡りはあるのでしょうか


16







全面結氷には、ほど遠い感じがする


17







美しい諏訪湖でした


18








もう一度、八ヶ岳を仰いで


19




大町に寄り道して、宿泊先の飯綱高原の保養所ホテルに向かいます。


 撮影日: 1月4日
 撮影場所:諏訪市 霧ヶ峰スキー場・諏訪湖SA(下り)


それでは皆様、ご機嫌よう。






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冬の信州紀行(その5)霧ヶ峰 | トップ | 冬の信州紀行(その7)飯綱高原 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イワン)
2020-01-12 23:07:30
そちらのスキー場の雪はどうなのでしょう。
コース外はブッシュも見える感じですが。

此方は雪が少なく、孫の学校でスキー学習をする藻岩山スキー場は、人工降雪機でファミリーゲレンデの一部がオープンしているだけで、30日のスキー学習ができるか心配しています。
国際スキー場の積雪は問題なく、フルオープンしていて雪質も良かったですよ。

スキー場危機 ()
2020-01-13 05:09:43
イワンさん>

お早うございます。
今年は本当に雪が少ないです。
長野では先日、飯綱・戸隠が少しまとまった雪が降ったようですが
フルオープンしているスキー場は、志賀・白馬・霧ヶ峰という
かなり標高の高いところでないと営業出来ていないように思われます。
雪質もジャパウとは、ほど遠いような気がします。
北関東のスキー場は経営危機かも知れません。
私はスキーはやらないので、よく分かりませんが
どう見ても例年とは違う、あまりにも暖かい冬になっています。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

信州紀行」カテゴリの最新記事