信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

赤城富士見の夕日

2019年01月07日 | 山紀行


お早うございます、信です。
昨日、信州から戻りました。
お天気はまあまあでしたが、行った5日は午後から雪になり、深夜まで降っていました。
とにかく寒い2日間でした。

今回の目的は2つ
1つは山とカメラの師匠と逢うため
もう1つは新調したNIKON D810+TAMRON 24-70 F/2.8で、雪山を撮ることでした。

愛読者の皆さん、ご安心下さい。
錫杖さんはお元気で、山とカメラへの情熱も、いささかも冷めるようなことはありません。
むしろ更に貪欲に、研ぎ澄まされた感覚を養われているようでした。


さて寒さ厳しい信州紀行は現在、鋭意編集中です。
今朝は昨日の続きの、元旦の前橋富士見の丘からの夕日です。
元旦から夕日の撮影も如何なものかと思いますが、お許し下さい。

富士見の丘の小さな公園から


1


私の足も、こう見ると長いのです




赤城に登った山やが立ち寄る、ふれあい館さん


2







西上州から奥秩父の山々


3







PM16:20
まだ陽は高いです


4









5










6








丁度、妙義山の先に日が落ちようとしています


7








16:27 富士見でしたが富士山はもっと南です


8








16:28 間もなく沈みます


9







雀が皆で帰ります


10








眼下に前橋の街


11







16:39 沈みました


12







「赤城の山も今夜を限り、生れ故郷の國定の村や、縄張りを捨て国を捨て
 可愛い子分の手めえ達とも、別れ別れになる首途(かどで)だ。」  新国劇「国定忠治」


13







綺麗な夕焼けでした


14





ということで上州徘徊紀行は終りますが

明日からの予告編を三枚だけ



釜トンネルを抜けたところ


a







大正池に映る焼岳が綺麗でした


b








大正池と穂高岳


c



冬の信州紀行は明日から始めます・・多分

お楽しみに


 撮影日: 1月 元旦
 撮影場所:前橋富士見町


それでは皆様、ご機嫌よう。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 水澤観音寺 | トップ | 極寒の信州へ ~プロローグ~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (はるみん。)
2019-01-07 08:38:57
今年もブログ楽しませてもらってます。

そうですか。
錫杖さん、お元気でしたか。
よかったぁ。
Unknown (はりさん)
2019-01-07 09:10:16
おはようございます。
憧れの冬の上高地はやはり素晴らしいですね。
雪に閉ざされた静かな世界が広がっていますね。
明日からの信州冬紀行が楽しみです。
山とカメラの師匠はお元気そうで何よりです。
さて、「赤城富士見の夕日」ですが
1番の長くのびた影の作品が素晴らしいです。
国定忠治の名セリフも泣かせますね。
今年もよろしくです ()
2019-01-08 06:45:25
はるみん。さん>

お早うございます。
今年もよろしくお願いします。
昨日の立山は良かったでしょうね
天気時計が一日ズレてました。
錫杖さんお元気でしたよ。
そして約束してくれました
錫杖・龍 また再開すると
今は充電期間のようです。
また凄い 感動を我々に与えてくれる
素晴らしい山景が次々に発表されることでしょう。
コメント有難うございます。

上高地 ()
2019-01-08 06:52:01
はりさん>

お早うございます。
赤城富士見の夕日、有難うございます。
国定忠治は書くことがなくなって、苦し紛れに書きました。
1番の影、私の足の長さにご注目下さい(笑)
錫杖さんとの山談義の酒は実に愉快でした。
takayan師匠のこと、そしてはりさんのこと、噂話を沢山させて頂きました
くしゃみが出ていたら御免なさい

今回の上高地はド素人の私にはかなり厳しいシュチュエーションでした。
上高地の谷には光が届かず
山の上は日が当たって眩しい
非常に厳しいコンディションでした。
・・と今から言い訳を書いておきます。
今日から始めました。見て楽しんで頂ければ幸いです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

山紀行」カテゴリの最新記事