信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/06 唐松岳を登る ~2.八方池~

2018年06月12日 | 北アルプス(北部)


お早うございます、信です。
昨日は朝から台風5号の影響で、しっかり一日中雨の関東でした。
夕方、帰宅する時は風も強くなっていました。


さて6月3日の唐松岳登山の続きです。
位置関係はこのMAPをご参照ください→ 八方尾根ルートガイド


八方山ケルンを過ぎると、五竜・鹿島槍の展望が広がります


1




2



五竜岳 金剛力士のようなその勇壮な姿
この山を見ると錫杖さんの2年前の記事が思い出されます→ 後立山連峰をゆく その8 五竜岳の朝焼け


3


鹿島槍ヶ岳
昨年、こちら側の北峰直下のカクネ里は氷河として認定されました。


4



不帰嶮(かえらずのけん)Ⅰ峰


5


同 Ⅱ峰、Ⅲ峰


6


今日は唐松岳主峰も見えています


7



右手には美しい白馬三山


8




9



錫杖さんが踊っていそうな天狗ノ頭


10




11



思わず第二ケルンで「ガッハッハ」


12


そんなことをしていたら
どんどん抜かれてしまいます


13



こんなに良い天気、ゆっくり行きましょう


14


美しい白馬鑓ヶ岳
南東の大出原の雪面が眩しい


15



白馬岳、ピークには何人かいそうです


16



足元にはユキワリソウ


17



昨日、見ていたダケカンバ


18


タムキューでまた白馬鑓


19


杓子岳


20


白馬岳


21



足元のミヤマタネツケバナ


22



天狗の大下り

23


不帰嶮Ⅰ峰

24


同 Ⅱ峰
こんなところ錫杖さんしか歩けませんね。


25



そんな山に囲まれた八方池


26


第三ケルン(2,080m)です。ようやく2,000mを超えました。


27



水面が出ていたら、綺麗な水鏡になったことでしょう


28



今は誰もいません


29



さてさらに上へと向かいます


30



明日は丸山ケルンを超えましょう

まだ稜線は遠いです。雷鳥との出会いもありました。


 撮影日: 6月3日
 撮影場所:白馬村 八方池


それでは皆様、ご機嫌よう。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018/06 唐松岳を登る ~1.... | トップ | 2018/06 唐松岳を登る ~3.... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖@山頂)
2018-06-12 05:31:39
ヤッホー
信さん おはようございます。
信さんの白馬の山々を拝見しいてもたってもおられずご来光登山です。鳥の鳴き声が心地よいです。
さあ下山して出勤します。
ヤッホー ()
2018-06-12 05:55:41
錫杖師匠>

お早うございます。
朝っぱらからホームPeekですか
台風一過、清々しい朝を迎えたのでしょうか
お元気そうで何よりです。
まだこっちはどんよりしています。
晴れ間が出そうなのは午後になってからだと思います。
錫杖ヶ岳を下る背中に
エールを送ります。今日も元気に働こう!
Unknown (はりさん)
2018-06-12 08:31:17
おはようございます。
やっと3ケルに到着ですか(笑)
写したくなる絶景ばかりだから
なかなか前には進みませんね。
白馬鑓の写真を見ていると
ついつい白馬鑓温泉を探してしまうのですが
八方尾根からは見えないでしょうね。
でも、大出原の雪原が見えているということは‥。
大出原のお花畑を思い出しました。
今日も素晴らしい写真ばかりでした。
Unknown (takayan)
2018-06-12 09:59:20
おはようございます。
今朝も素晴らしい山岳写真に見入っています。
錫杖さんの2年前の写真を改めて見返しました。
自分には撮ることの出来ない風景を、こうして見せていただき、
本当に嬉しく存じます。
最近の信さんの写真を見て、本当に腕が上がってるな〜と思って拝見しています。
(偉そうな事を言ってすみません)
2番の青空と月の構図も、実に素晴らしいと思います。
今日の多くの作品も新しいプリンターで、プリントアウトしてみたい作品ばかり。
これはもう少しコントラストを上げて、
またこれは少しアンダー気味に編集して等々、
そんな事を考えながら、楽しませてもらっています
もっと若い頃ならみなさんとお供して、
こんな絶景にも出会えたかも?と思ったりしています。
でも今はこの歳になり、無理をせずに、
年相応の撮影を楽しめれば良いと思ってます。
まだまだ続くこのシリーズ、明日はどんな絶景に出会えるのか?
楽しみな朝が続きます。
牛歩 ()
2018-06-12 18:40:18
はりさん>

今晩は。
相変わらず牛歩の登山です。
さすがに私も探しましたが、見当たりませんね。
大出原のお花畑、さすがにはりさんもご存じですね。
あの砂礫の坂を下ってくると、別天地かと思われるお花畑
今年もあと1ヶ月もすると見れるようになるのでしょうね
今年は白馬大池のチングルマの大群落を見に行きたいのですが
これがなかなかタイミングが難しいですね。
去年のtakayan師匠たちの乗鞍のハクサンイチゲの大群落も良かったですね。
今年は錫杖さんを刺激するのに
乗鞍詣でをしようかな。
コメント有難うございます。


腕が上がってる・・? ()
2018-06-12 18:59:49
takayan師匠>

今晩は。
>腕が上がってるな〜
こんなズボラでがさつな私が、本当でしょうか
良い気になって、牛歩がさらに3倍牛歩になりそうですね。
錫杖さんの2016年夏「五龍の王」は私にとっての金字塔です。
なんとかこの迫力、美に少しでも近づきたいと今までも精進してきました。
(そんなたいそうな精進はしていませんが)
今回は本当にお天気に恵まれました。
梅雨に入る直前で全くラッキーな山日和に当たったのだと思います。
そうですよね
NX-Dで現像する時、いろいろ試したくなるのですが
そこはズボラな私の性格
さらにこの頃は眼もショボショボ
多分、仕事と趣味でVDTとにらめっこが長時間続くせいでしょうか
焦点が合わなくなってきてます。
もっとも元来、性格ががさつですから、撮ったものもピントずれ、しかも現像の時に焦点が合わないのですから
まったく見て頂く方には申し訳ないことだと思っています。
でもtakayan師匠に教えて頂いた、レタッチで少なくともみっともないセンサー汚れだけは除去しているつもりです。
このところタムキューを多用するので、レンズ交換が頻繁でセンサー汚れは気になります。
思いどころをつらつら書きましたが、ぜひ今年の夏もお二人展が実現することを願うばかりです。
温かいコメント、有難うございます。

コメントを投稿

北アルプス(北部)」カテゴリの最新記事