信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

古代蓮 展望台から

2021年07月08日 | 季節の花





お早うございます、信です。
今朝も涼しい朝を迎えましたが、湿度が高く雲に覆われた、どんよりとした朝です。

昨日、錫杖さんのブログを見て、成る程、ご夫妻が写っているのが確認出来ました。
私も2019年10月の栗駒山で、小さな旅NHKクルーと出会い、山本アナウンサーとも会話をしましたが、残念ですが画面の端にも映っていませんでした。

それにしても2~3人の人と、その山に係るエピソードを語りながら番組は進行しますが
その上っ面だけでない、人生の縮図のような情景を描くには、かなりな取材が必要なのでしょう。

決して規模の大きくないTVクルーたちですが、少数精鋭で頑張っているのでしょう。


さて今日も行田の古代蓮の里からです。
この時(6/27)はまだ蕾が多かったですが、もう十分に咲き揃った頃でしょう


1







行田市の“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)は原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています。





2








古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に、偶然出土した種子が自然発芽し甦り、池に開花しているのが発見されました。





3







地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し、自然発芽して一斉に開花した事は極めて珍しいことといわれています。





4









古代蓮の里では、自生地から移植した古代蓮を育てており、可憐な古えの花をお楽しみいただいております。
(古代蓮の里hpより)



5










こういう色合いが好きです


6









毎年来ていますが
お世話する方々の心意気が感じられます 古代蓮の里



7











「赤トンボ」です


8










こちらはミズカンナ


9











     
     10












11













12













13












14












15












16









蓮の花にも飽きてきたので


17












18










展望台へ行ってみます


19










子供たちが遊ぶ水辺


20










地上50mの展望台です


21









昨年は田んぼアートは中止になりましたが
これはちょっと分かり難いですが・・


22










今年はしっかり出来ています


23




世界最大級の田んぼアートです 





この後、展望台を降りて、さきたま古墳公園まで歩きます


24



明日は古墳公園です。


 撮影日: 6月27日
 撮影場所:行田市小針 古代蓮の里


それでは皆様、ご機嫌よう。








コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 行田の古代蓮 | トップ | 梅雨のさきたま古墳公園から »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿