信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/05 快晴の安曇野から新穂高へ

2016年05月07日 | ハイキング


こんにちは、信です。
北アルプスでの真冬の試練を思い返しているうちに、季節は立夏になりました。
第十九候 蛙始鳴(かわず はじめてなく)です。

【立夏】
夏の始まりの時期で、春分と夏至の中間にあたります。夏の始まりといいましたが、このあと梅雨を経なければ
本格的な夏には至りません。ゴールデンウィークの終盤にもあたり、世の中は新緑を愛でる行楽シーズンたけなわと
いったところでしょうか。("くらしのこよみ"から)

あんまり寒いところばかりにいたので、蛙の卵は見ましたが蛙はまだ見ていません。
でも泊まったホテルの窓を開けると、ゲロゲロッ聞こえました。

GW後半戦。
4日の朝一で家を出て、一路松本へ。
息子一家が遊びに来て、なにげに電話した高山のホテルが取れてしまって、全員一致で新穂高へ。
梓川SAでのヒトコマ。




新緑が無茶苦茶綺麗でした。





SAの左側にある丘。






方位を示す石の真ん中に、安曇野道祖神。





早咲きの蓮華躑躅。






北アルプスはこんな感じ。






SAの丘にもビュウビュウ風が吹いています。





紺碧の空に美しい常念。






この稜線は今日もスッキリ晴れています。






その横に一昨日登った燕岳。





風は強いでしょうが






今日はスッキリ晴れています。ここから燕山荘が見えそう。





これはブタナ?ニガナ?













気持ちの良い青空が広がっています。








期待して





先を急ぎましょう。





安曇野を抜けて






美しい新緑の新穂高温泉へ。












綺麗な花が迎えてくれます。











今日の笠はこんな感じ。





なかなか良いとも悪いとも言えない微妙な空模様。




こちらは平湯発電所。
岐阜は中部電力ですが、ここは北陸電力。





新穂高ビジターセンター。





イザ、ロープウェイ入口へ。




ロープウェイに乗り込む前にちょっとしたアクシデント。
やはり強行軍過ぎたのか、息子の次女がリタイア。唇が青く顔色が優れません。
折角の美貌が・・残念でした。





第一ロープウェイから




  


第二ロープウェイ乗り場、しらびそ平。
若しかしてサンカヨウ?





ヒトリシズカ。





ピンクの可愛いイカリソウ。





シラネアオイ!





そしてショウジョウバカマ。




第二ロープウェイを待ちます。




第二ロープウェイから
槍だ!





そしてジャンダルム。






展望台に上がると、思ったよりスッキリ見えた西穂高岳。




  


西釜尾根の山々。









反対側には焼岳。





そして飛騨の名峰、笠ヶ岳。




さてこの後、千石園地にて息子の長男坊と雪合戦。

束の間の楽しい時間を過ごせました。
その様子はまた次回に。






コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2016/05 試練と憧れの燕岳 ... | トップ | 2016/05 新穂高で雪遊び  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿