信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

五色沼を歩く 1.毘沙門沼

2019年11月13日 | 紅葉狩り


お早うございます、信です。
季節は進み11月 霜月は立冬の次候、第五十六候 地始凍(ち はじめて こおる)になりました。

これから先、ぴんと張り詰めた冷気のもと、地面の土が固く凍てつく朝もあることでしょう。
夜間の冷え込みもいっそう厳しく、冬になったことがはっきりと肌で感じられる時節です。
季語の世界でも、「海凍る」「川凍る」「滝凍る」さらには「月こおる」「鐘こおる」まで、豊富な「こおり」に出会うことができます。耳にするだけでも思わず背をちぢこめたくなる、そんな響きを噛みしめれば、冬もまた、味わいの深い季節となっていくのではないでしょうか。
(くらしの暦より)


みちのく温泉旅、最終日は朝 5時に目覚め「新滝」のわたりの湯へ


1 (絵は「新滝」hpから借用)


少しお酒が残っていましたが、すっきりして美味しい朝食バイキングを頂きました



お世話になった東山温泉「新滝}さん


2






目の前には湯川の流れ


3








4







良いお宿でした じゃらん口コミもピカイチ


5





この橋はこの宿専用です


6






橋を渡ったところに竹久夢二の歌碑「宵待ち草」です


7





この歌は私も好きなメロディ


8


夢二らしく、この歌碑も転々としたようです 






AM 9:10 道の駅・猪苗代から


9






良いお天気で期待出来そう


10






こちらは安達太良山か


11






AM 9:40 五色沼ビジターセンターに着きました


12






これから桧原湖まで歩きます


map







この日も大陸の方々が占領


13






早々に遊歩道へと逃げます


14






わざわざあんな服、持ってきたのか


15






喧騒を離れて毘沙門沼


16








17






美しい湖畔の遊歩道


18







19





この日は日が出たり 陰ったり


20









21








歩き易い遊歩道でした


22







毘沙門沼は大きく、奥行きがありました


23








24







場所によって色を変える沼の水面


25






日の陰りや


26






日の差し方でがらりと変わります


27






次の沼へと歩きます


28




明日は赤沼から


 撮影日: 11月5日
 撮影場所:福島北塩原村 五色沼 毘沙門沼


それでは皆様、ご機嫌よう。





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« みちのく温泉旅 6.会津鶴ヶ城 | トップ | 五色沼を歩く 2.赤沼から弁天沼 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2019-11-13 13:44:55
こんにちは。
沼の色が変化しているのが分かります。
この日は、日が出たり陰ったりとありますが
どちらの方が綺麗に見えるのでしょうか。
少し風もあるようでさざ波が立っていますね。
五色沼の撮影は色々と条件も難しそうです。
わたりの湯の温泉も気持ち良さそうですね。
錫杖さんも温泉の絵がありましたが
そろそろ温泉が恋しい季節になりました。
温泉 ()
2019-11-13 18:27:08
はりさん>

>どちらの方が綺麗に見えるのでしょうか
これは難しい質問ですね。
見る角度、日の差し方、陰り方で見え方が違いますから、一概にどっちが良いと云えません。
私はやはり日が差した方が明るくて好きですが、うちのクマさんは陰った時に
「こっちの方が良い」と云って譲りませんでした。
まあどちらも良い色になるのは間違いありません。

私は飯縄大権現様のように一日、七湯とはいきませんが
東山温泉はさらりとしたお湯で、いつまでもポカポカしていました。
久しぶりのまったり温泉に嵌りそうです。
コメント有難うございます。

コメントを投稿

紅葉狩り」カテゴリの最新記事