信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

冬の赤城山を往く(その3)稜線へ

2020年01月17日 | 群馬百名山





お早うございます、信です。
昨日 NIKONサービスセンターからメールがあり、1/27に修理完了予定とのこと。
取り敢えず直ることが分かり、ホッと胸を撫でおろしています。

一時はD850買い替えも検討しましたが、現状では財務省の認可が降りる可能性は低く(皆無?)どうしたものかと
落ち込んでいたので、まずは一安心です。
でも修理費用もそれなりにかかり、信州温泉旅行 1回分はパーになりました。
いずれにしても帰ってきたら、愛着は増すことでしょう。


さて1月11日の赤城山登山紀行です。
黒檜山登山口からの急坂を登って猫岩の上部です


1







まだ冬の華は咲いています


2








3







そこらじゅうからポタポタと 霧氷が落ちる音がしています


4







地蔵岳の雲も落ち着いてきたようです


5







ここでは珍しい針葉樹です


6







大分溶けてしまいました


7









8







小沼も見えてきました


9









10







この辺りはまだ大丈夫か


11








かろうじてまだ残っています


12







儚い冬の華


13








風が出ると飛ばされてしまいます


14








なんと美しい造形だろう 来て良かった


15








今日は富士山は望めないようです


16







さあ稜線へと


17







歩を進めます


18







AM12:55 ようやく


19







稜線に辿り着きました


20






でも足が動かない


21








大沼までの5kmが効いてしまいました


22







ようやく稜線に上がりました


23






今年は本当に雪が少ない
いつもならば雪で埋まっている筈の案内板


24







展望台へ急ぎましょう


25




明日は黒檜山展望台から


 撮影日: 1月11日
 撮影場所:上州赤城山 黒檜山稜線


それでは皆様、ご機嫌よう。






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冬の赤城山を往く(その2)猫岩 | トップ | 冬の赤城山を往く(その4)黒... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2020-01-17 22:17:51
こんばんは。
D810の修理が可能と言うことで一安心、本当によかったです。
赤城山の冬の華の風景は、素晴らし良いですね。
青空に霧氷が映えますね。
例年の冬ならもっときれいな風景が見られるのでしょうね。
今日は全てがお気に入り、楽しませてもらっています。
明日の黒檜山展望台が楽しみです。

今日は総代長の初仕事、朝8時頃から夕方まで、
家内と共に今年最初の法要のお手伝いでした。
もうくたくたになりました。
最低一月に1回はあり、これが3年間続くと思うとしんどいです。
D810 ()
2020-01-18 05:25:56
takayan師匠>

お早うございます。
>修理が可能と言うことで一安心、本当によかった
有難うございます。本当にホッとしました。
D7200の定期メンテをお願いした時に、帰って来た愛機の映りが良くなって
NIKONサービスセンターのプロフェッショナルな技術屋さんたちの
腕にかかることがとても楽しみです。
D810もどのように変わって帰って来るか、ワクワクしながら待っています。

総代長の初仕事、大変お疲れ様でした。
気をつかうわ、体力を使うわで色々大変なんでしょうね。
でも慣れてきて檀家の人と交流が進むと、また楽しみになったりもするのでしょうね。
いずれにしてもメリハリのある日々を送ることは、とても良いことだと思います。
無理せず頑張って下さい。
>全てがお気に入り、楽しませてもらって
有難うございます。私も励みになります。

コメントを投稿

群馬百名山」カテゴリの最新記事