信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/10 どんより信州 in Autumn №2 ~8.ジャンダルム~

2017年10月11日 | 北アルプス(南部)

お早うございます、信です。
巷が総選挙ムードで騒がしい毎日になってきました。

錫杖さんは既に昨日で岳沢パノラマを仕舞われました。相変わらず外連味のない綴り方です。
前の記事にコメントしてやろうと思ってましたが、脆くもその目論見は外されました。
意外とよく出来たブログシステムです。

私はマイペースで、まだ先週月曜日(10/2)の穂高岳山行を綴っています。

予報通り天気は崩れ、ガスガスの奥穂高岳頂上です。
時間は間もなくAM 6:50


山座同定盤から降りて、案内板を確認しました。


1



やはりこちらが吊り尾根、前穂高への道です。
先日、はりさんはこちらへ向かわれたのでした。


2


今回は諦めましょう。
この厳しい山塊で、このガスに巻かれて、初めての道は危険すぎます。


3



スゴスゴと来た道を戻る途中


4



突然、目の前のガスが飛びました


5


振り向いてみると
目の前にジャンダルムが姿を現しました。
「ウヒョー!」アタックザックから、イチガンを大急ぎで出してパシャパシャ


6



後から登ってきた人は、私の奇声に驚いてました。


7



「ウヒャー!キャー!」


8




9




10



奥穂の衛兵と云われるその山容


11



まさかこのガスの中で会えるとは思いませんでした。
レンズフードが傾いてます。


12



今日は流石に登っている人はいません


13



笠ヶ岳は雲の中


14



名残惜しいですが


15



涸沢岳を見ながら帰ることにします


16



そのダイナミックな眺望


17



ほんの少しだけ楽しむことが出来ました。


18





19



下りは慎重に行かねばなりません。


20



一昨日、昨日と滑落事故は起きています。


21






22




AM 7:30 無事降りてきました。


23



喧騒が去った穂高山荘


24



残ったテントも一張だけ


25



テラスをピョンピョン跳ぶのはイワヒバリくん


26



「信さん、マタオイデヨ」
そう云ってくれてるように思えました。


27


AM 7:40 小屋のスタッフに感謝の声を掛けて


28



「あばよ、また来るよ」


29





30




31




32




降りて行きます。


33


題名を見たら登ったのかと思う人もいたでしょうね。

期待を裏切ってゴメンなさい。


もう間もなく、この涸沢穂高編も終わってしまいますね。

次のネタは南か北か

それでは皆様、ご機嫌よう。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2017/10 どんより信州 in Aut... | トップ | 2017/10 どんより信州 in Aut... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-10-11 05:51:55
おはようございます。
一つ間違えば滑落事故、危険と隣合わせですね。
6、13、17番が迫力が有り、引き込まれます。
12番のフードにケラれたショットも味がありますね。
26番のイワヒバリのジャンプは、タイミングバッチリです。
30、31番の風景は何度見ても雄大です。
今朝も素晴らしい風景を、ありがとうございます。
危険区域 ()
2017-10-11 06:12:23
takayan師匠>

お早うございます。
不遜な私でも山の神は不憫に思ったか、ガスを一瞬だけ巻き上げてくれました。
一旦、頂上に戻ることも考えましたが、この時点で戻っていたら間違いなくザイテンは雨の中です。
結果的には良い判断となりました。
山は逃げませんから、またチャンスはあるでしょう。
それだけに12番のフードのケラレはショックでした。
もう少し時間があれば10mmもと思いますが、この時は持参していませんでした。
次回のリベンジのテーマとしましょう。

今朝の関東はあいにくの曇り空になっています。
でも静岡は晴れているようですから、錫杖さんもルンルン気分かな
でも今日から明日にかけて前線が通過しますから、厳しい稜線歩きになるかも知れません。
釈迦に説法ですが、勇気ある撤退も視野に雨の中、いくら錫杖さんでも撮影は出来ないでしょうから。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

北アルプス(南部)」カテゴリの最新記事