信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/09 千畳敷カールを往く(その2) ~八丁坂~

2016年09月27日 | 中央アルプス

こんにちは、信です。
この週末に中央アルプス 千畳敷カールに行ってきました。
当然、観光ではなく木曽駒ヶ岳に登った訳ですが、なにやらモヤモヤ感が・・
やっぱりロープウェイでスイッと上がった故でしょうか、達成感がありません。

それでも写真は一杯撮ってきたので見て下さい。

駒ヶ岳神社に参拝してカールの中へ突入。
勿論、登山届は出しました。




ここに駒ヶ岳神社の謂れが書いてあります。



こちらは反対側の極楽平方面。
島田娘への登山道です。

因みに島田娘とはれっきとした標高 2,856mの山です。
駒ヶ根側に、有名な雪形「島田娘」(島田髷をゆった着物姿の娘)があることから、ここの小ピークは島田娘と
呼ばれるようになったようです。("ヤマレコ"より)
他にも雪形は「盆踊り娘」というのがあります。




剣ヶ池です。
これでは分かり難いですが






どうでしょう。
なかなか良い色になってると思いますが






カールの紅葉のピークは来週だそうです。




島田娘の右側




宝剣岳まで

かなりギザギザですね。
ここを歩くのは大変そうです。




八丁坂。
これからこれを登ります。標高差は240mくらい。





剣ヶ池が近くなってきました。





雲の向こう、あれは甲斐駒ですね。





ナナカマド。風で傷んでるんでしょうか。





ナナカマドに宝剣岳・・ちと暗いですね。




伊那前岳の山襞は良い色に染まってます。
ハイマツの緑と、ダケカンバの黄色、ナナカマドのオレンジ。





これで青空があれば云うこと無し・・ですが




それは贅沢かな。
ナナカマドの赤い実。




ロープウェイ駅と、ホテル千畳敷。
標高2,612mのホテル。

早朝の雲海を見ながら、朝風呂は最高でしょうね。





良い感じの千畳敷カール。
明日の朝、帰りにゆっくり歩いてみましょう。





ナナカマドと島田娘。





宝剣岳、草紅葉が綺麗です。





登山客の長い列が連なっています。





剣ヶ池へ降りていく人たち。






雲海に浮かぶ剣ヶ池。










天狗岩を正面にして、気持ちを入れ直します。









いよいよ遊歩道と、登山道の分岐です。




それでなくても事故が多い登山道。
今日は色んな人が歩いてます。

気を引き締めて歩きましょう。




そうなのです。ここからは「登山道」なのです。

でも・・皆無視。
スニーカーやら運動靴で平気で登ってきます。





それでも土曜日は登山客が多かったでしょうか。
日曜日はもっと凄いことになってました。





AM12:00 八丁坂に取り付きます。





山からもうもうと水蒸気が上がってます。
今日は南からの風のようです。





水蒸気を多く含んでいるのでしょうか





迫り来る宝剣岳。





良く整備された道ですが





濡れればスリップします。
特に今日のような湿った風では、下りは要注意。





でも皆さん軽装で登っていきます。





10分足らずでこの斜度。





島田娘 山がぐんぐん迫ってきます。





綺麗だ





晴れていれば抜群の眺望なのでしょうが





大迫力にせり出す天狗岩。
白馬大雪渓とは逆の配置。





宝剣直下の様子。
下りの渋滞です。





さすがに午後を迎えるので、もう登山客は下りが多いです。





緊張してあまり声は掛けられませんでしたが





皆さん楽しまれたのでしょうか。





残念ながら空木岳は雲の中。





錫杖さんが登り上げた山を見たかったのですが





真横に宝剣。





これも真横に天狗岩。こっちが右手。





間もなく稜線、乗越浄土です。





天狗岩越しに南アルプス、あれは塩見岳あたりかな。




こちらは伊奈前岳の稜線。





うーん、迫力満点。









宝剣岳が間近です。





AM12:34 登り上げました。乗越浄土。
改めて見ると登山口から30分ですね、1時間はかかったような気がしましたが。





さて今回はここまで。
次回はまず伊那前岳に登ります。
登ると云っても、ほとんど稜線を歩くだけですが・・

それでは皆さま、ご機嫌よう。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2016/09 千畳敷カールを往く | トップ | 2016/09 伊那前岳を往く »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2016-09-27 08:40:18
乗越で終わりだなんて
明日が楽しみ

高曇りの中、木曽の王を拝むことは叶ったでしょうか。鋭峰三ノ沢岳も楽しみなところです。
今年の紅葉は、霜焼けがキツいのでしょうか
青空でないからでしょうか
いくつかの秋山レポを見ていても鮮やかな紅葉の便りが少ないですね
 6枚目の構図 これから向かう登山道と宝剣の奥行きとのバランス。いいなと感じました。
わたしは明日の夕方 フライト
北海道の秋を楽しんできます。
木曽の王 ()
2016-09-27 19:04:28
錫杖さん>
おっと明日フライトですか。
どこで降りられるのかは別にして、札幌は仰るとおり晴れがズラーーーと並んでますね。
多分、熊の巣へ行かれるんでしょうから、充分ご注意下さい。
今日山好きの役員と話をしました。
先週、羅臼、斜里と廻ったようです。
熊は「会わなかった」と豪語してました。やはり紅葉はイマイチだったようです。
でも今週、大雪を見ると良いですね。
楽しみにしてます。
錫杖流「北の大地 -秋の空-」

コメントを投稿