信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2018/07 さわやか信州 乗鞍高原 ~1.プロローグ~

2018年07月17日 | 乗鞍岳


今晩は、信です。
季節は文月 小暑の次候、第三十二候 蓮始開(はす はじめて ひらく)です。

夕方、乗鞍から帰ってきました。
松本駅前の温度計は37℃でした。
日本列島が大雨から一転して、灼熱地獄と化したかのようです。
3日間、20℃前後の涼しい高地にいた身には、登山の疲れより平地の暑さが堪えました。

今日からこの3日間の乗鞍シリーズを綴っていきます。
お楽しみ頂ければ幸いです。

今回のオープニングはこの絵から


1




JRが日本三大車窓と誇る姨捨駅から


2




暑くて霞んでしまっています


3



冬から春先、特に夜景がオススメです。

7月15日、松本電鉄で新島々、そこからバスを乗り継いで
お昼前に乗鞍観光センターに着きました。


4



家を出たのがAM 6:20頃ですから、公共交通機関で約5時間半の移動です。
乗鞍岳はすっきり晴れていました


5




観光センターで軽く食事をして早速、高原散策開始です


6





一ノ瀬園地までサイクリングロードを歩きます


7




木の種類は分かりませんが、岩を割って生きています
もの凄い生命力を感じます


8





暑いせいか誰も歩いていません


9




でも夏から次の季節を感じることも


10





これはガマズミでしょうか・・ノリウツギでした。
早速、takayan師匠からご指導頂きました。有難うございます。


11




鮮やかな野アザミ


12




これは何の実だろう?


13





ほどなく一ノ瀬園地に着きました


14




ここからの乗鞍剣ヶ峰のロケーションは最高


15




再びノリウツギ、綺麗でした。


16




・・ショウマ


17




大好きなカラマツソウ


18





これも一杯咲いていました ウツボグサ


19





アザミにヒョウモン蝶


20





青空が似合う乗鞍高原でした


21



私の夏休みは始まったばかりです


 撮影日: 7月15日
 撮影場所:松本市安曇 乗鞍高原


明日は牛留池から善五郎ノ滝を歩きます。

それでは皆様、ご機嫌よう。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 富山地鉄ダブルデッカー・エ... | トップ | 2018/07 さわやか信州 乗鞍高... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2018-07-18 00:16:22
こんばんは。
爽やか信州の旅が始まりましたね。
一の瀬園地からの乗鞍岳が懐かしいです。
色々な花を撮りながらのウオーキング、楽しそうですね。
takayanならそれだけでバテてしまいそうです(笑)
本当に信さんが出掛けられている間、
こちらでも厳しい暑さでした。
今月いっぱいはこの暑さが続くようですね。
高地の涼しさが羨ましくなります。
11番はノリウツギかな?赤い実は何でしょうね?
ウツボグサもカラマツソウも、可愛くて好きな花です。
明日からの写真が今から楽しみです。
一ノ瀬園地 ()
2018-07-18 02:55:45
takayan師匠>

今晩は。
公共の足しか持たない私にとっては、自分の足だけが移動手段です。
この日は乗鞍高原もとっても暑かったです。
そうは云っても30℃以下でしょうが
でも腰につけた飲み物が、あっと云う間に空になりました。
11番、ノリウツギですか。有難うございます。
早速、本文も訂正しておきましょう。
花はアンダーに拘り過ぎて、手ブレでボツが多かったです。
まだまだ修行が足りません。
明日は牛留池です。
コメント、ご指導有難うございます。
Unknown (はりさん)
2018-07-18 09:00:59
おはようございます。
さわやか信州乗鞍編のスタートですね。
姨捨駅から始まる憎い演出ですね。
一の瀬園地からの乗鞍岳の美しいこと。
青空に白い雲、これぞ夏山の景色です。
そして、花々も信さんを歓迎してくれていますね。
乗鞍紀行、楽しみに拝見します。
乗鞍紀行 ()
2018-07-18 10:34:22
はりさん>

こんにちは。
毎日暑いですねぇ
涼しい山から帰ってきた身には、また一段と堪えます。
長野から松本へは鈍行で移動しました。
久しぶりに姨捨の景色を見れましたが、4分停車でゆっくり撮れました。
やはり夏は霞みだらけですね。
善五郎の滝では思わず、はりさんを思い出しました。
怒らないで下さい。
明日は滝、そして3000mの頂へと移動です。
コメント有難うございます。

コメントを投稿