信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/12 年末恒例 ちょっくら百名山(その2)

2016年12月05日 | 筑波山

こんにちは、信です。
間もなく大雪を迎える、師走の週末が明けました。

この週末に登った、筑波山登山を綴っています。

筑波山神社の本殿前の狛犬の前を通って




神社を出ると文字通りの橘始黄。



AM11:55 女體山 始めの一歩。



昨年の登山の時のコース案内がありました。
こんな感じで白雲橋コースを行きます。



ここからは神域。
雰囲気ががらっと変わります。







こんな石段がしばらく続きます。




ここは土浦RCの植樹林。




風が入らないので暑いです。
この日は暖かかった、この辺で13~14℃くらい? 汗が出ました。




これは何の木だろう?
枝ぶりが見事でした。




登山道はどうしてもタテが多くなりますね。



木漏れ日で輝く緑。




877mの低山だと舐めてかかると、大変なしっぺ返しを食らいます。
ここからは石と根っこ地獄に。




やはり百名山。
そうは簡単には登らせてくれません。まだ登り出し12分程度。




木漏れ日が優しい森でした。







約20分で白蛇弁天が見えてきます。




私は白蛇には逢えませんでした。
これじゃお金も貯まらない訳だ。




ここから一気に険しくなります。





でも青空も近くなってきます。




時々出てくる大木。



そのパワーをもらいます。



ここは植生輪廻はうまく回っているんでしょうか。



さらに険しく急坂になってきます。
若者たちに簡単に抜かれました。彼らは装備はしっかりしてました。
そんなことが分かるようになった信です。




あっという間に見えなくなります。
登り出しは2100mでした。
  



ここでひと息入れましょう。



祠があります。



稲荷神社のようです。





ありゃりゃまだ半分も来ていません。




道の真ん中に大きな木が




こりゃ何の木だろう。
ペースを上げましょう。




あと1.0km



しばらくトラバース道を行きます。





こんな感じ。でもまだ樹林帯からは出ていません。



さらに険しい道を行く。
でもしっかり整備されています。地元の方々に感謝。




間もなく稜線に近いですね。




PM13:04 弁慶茶屋跡に出ました。
つつじヶ丘コースと合流します。
ここで沢山の人が休憩していました。なのでこの一枚だけ。




さて長くなりましたので一旦、切りましょう。



間もなく弁慶七戻りを経て
この展望台に上がります。




その絶景はまた明日。
それでは皆さま、ご機嫌よう。



『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016/12 年末恒例 ちょっくら... | トップ | 2016/12 年末恒例 ちょっくら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

筑波山」カテゴリの最新記事