信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

上長瀞 月の石もみじ公園から

2021年11月16日 | 紅葉狩り




お早うございます、信です。
最近、とみに日の入りの時間が早くなって、昨日は16:30頃には日が沈んでしまい、テレワーク後のウォーキングは真っ暗でスタートと云うのが日課です。

いよいよ怖くなって、昨夜100円ショップで黄色の反射板を買いました。
何が怖いって、勿論、車が一番怖いですが、後ろから飛ばしてくる自転車も、かなり怖いです。

昨日、上高地閉山祭が行われ、お昼のニュースで紹介されていました。
今年のグリーンアルプスのシーズンも、とりあえずは終わりました。

既にグリーンアルプスどころか、山の上は白銀の世界で、下手をすると吹雪になりますから、若し行くなら天気だけは見極めて行きたいですね。
あっと云う間に遭難して、沢山の人たちに迷惑をかけることになります。


さて11月13日の秩父散策に戻りますが、上長瀞の荒川河川敷に降りてきました。
既に日は傾き、影も長く伸びています


1






それでも沢山の人が岩畳に上がっていました


2







まだライン下りも営業中


3







石灰石を積んだ貨車が、橋梁を渡って行きます


4







ぼんやりと月も見えてきました


5






もう良いかなと思って
久しぶりに月の石もみじ公園へ


6


「ここに我句を留むべき月の石」高浜虚子の句碑です





まだやっぱり早いか


7







まだ空が青いです


8










9







竹のオブジェ


10







狭い公園に、かなり「密」です


11







暗くなり始めて人が増えてきました


12










13







これから群青の空を迎えそうですが


14







まだコロナは無くなった訳ではないので


15







年寄りはこの辺でお別れとしましょう


16








5年ぶりの上長瀞 月の石もみじ公園でした


17



明日は西上州の山道を歩きます。


 撮影日: 10月13日
 撮影場所:上長瀞 月の石もみじ公園


それでは皆様、ご機嫌よう。










コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秩父・羊山より | トップ | 上州横川 アプトの道を往く »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿