ナローモデラーの部屋の隣の部屋

2フィートと30インチを結ぶデュアルゲージ。走るモデラー,走らないOLCOのナローゲージORZ

Dunkirk class B

2012-08-15 15:27:20 | Weblog

杉山模型の新製品はDunkirkです。
ギアードロコと言ってもシリンダーは見えないし、おとなしいスタイルなので
どこまでファンに受け入れられるか?
Dunkirkは海外ではNWSLが日本のメーカーを使って製品化しています。
昨今の円高で日本へ里帰りしているカマもあるようです。またBrick Price
Nゲージの動力を使ったエッチング板を販売していました。
今回の製品はゲージは9mm、プロポーションはNWSLのモデルに近いと
思いますがいくつかの特徴があります。



1.ボイラー、キャブは真鍮の挽き物、ロスト、真鍮板のプレスの
組み合わせになっています。



2.コールバンカーは今まで定番だった真鍮パーツの組立から
ロスト製となり、リベットの表現も彫りの深いものになっています。


動力はクライマックス、ハイスラーと同じ構造で安定したものです。
集電は片側の台車に絶縁車輪に集電ブラシをかけています。



台車のギアを一つ抜いて急カーブの走行に対応しています。
100Rはドライブシャフトが内側台枠にあたり苦しいですが
それは厳しい要求かもしれません。



どうしてもと言う人は


試しに内側台枠の一部を欠き取りました。台枠の強度が弱くなるので
どうしても急カーブを走らせたいという人以外にはお勧めしません



ギア比はモーターからドライブシャフトへの平ギアと台車の
ウオーム・ヘリカルの組み合わせで70対1程度となっています。



ウエイトモ十分で試走では低速からスムースな走りです。

台車のロスト部品も新調されています。原型は3D/CADで作られた
ということで杉山さんの職人芸とハイテクのコラボレーションと
言ったところでしょうか

製品は未塗装、黒、エンジの3種類
実際の写真と比べても付け加えるものは少ないように見えます。



アドラーズネストの極小ボルトを台車に埋め込んでみました


人形を乗せてガンガン走らせる、そんな楽しみ方のモデルと言えましょう。
走らせ過ぎて車輪や集電ブラシがすり減ることがありますが
そういう時はご主人に相談すれば修理してくれます。そこまで走って
くれた機関車を直すもの楽しみの一つだそうです。

















 

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
購入しまーす (ム)
2012-08-16 10:18:19
さっそく、購入の連絡しました。
それにしても、ダンカークはかなりマニアな整備ですね、
ハイスラーの前身で、キャブ内にシリンダがある(模型では省略)など、特徴的なものですね。
Unknown (オノデラ)
2012-08-16 22:17:43
ムさん
シリンダーは省略されていますがドライブシャフトを見ているだけで萌えますよ!何気なく作られていますが一般モデラーにはとても出来ない技です

コメントを投稿