院長室の窓

院長からのメッセージ

院長談話 『治に居て乱を忘れず』 2018年10月

2018年10月03日 | メッセージ
院長談話   2018年10月

    「治に居て乱を忘れず」 

                          院長 村田 宣夫


江戸時代の俳諧師松尾芭蕉に「暑き日を 海にいれたり 最上川」という句がある。
夏の日中は極めて暑い。
奥の細道を旅した芭蕉は最上川の河口で日本海に沈む太陽を見て、同時に涼しい風を感じこの句を作ったのであろう。
陽が沈むと日中に比べて気温が下がり、暑さを凌ぎやすくなったのである。
翻って近年のわが国では夏は昼も夜も気温の高い日々が多い。
特に今年は夜間でも気温25℃以上のいわゆる熱帯夜が非常に多かった。
暑さに弱い私は毎夜エアコンをつけっぱなしであった。

時代が変わったのである。

よく言われるように地球温暖化だけが原因なのどうか分からないが異常気象の時代になった。
この夏には日本列島のあちこちで豪雨、猛烈な台風、高波が襲い、大阪や北海道では大きな地震が発生した。
自然災害により山崩れ、土石流、家屋倒壊などが多発している。
亡くなった方々は多く、お気の毒なことである。
更に自宅が災害に会い、避難所生活を余儀なくされた方々も千人を超えている。
大阪、北海道の地震では停電が生じて自宅に居た人々も辛い日々を過ごしたと聞いている。
幸い長期には亘らなかったようであるが、夏の暑い時期に停電が起こるとエアコンも、扇風機も、冷蔵庫も使用できず、難儀したことであろう。

秋になり、涼しい風(冷たい風?)が吹き始めている。
喉元過ぎれば熱さを忘れる、というが、今年の日本列島の夏の災害を誰もが忘れてはならないだろう。
来年も同じような夏が来て台風、豪雨、地震が起こり、山崩れ、土石流、家屋の倒壊が発生するに違いない。
先日下野新聞で斎藤美奈子さんが「国や地方自治体は時代遅れの避難所の環境改善を考えることが必要だ。
世界的な避難所基準であるスフィア基準を満たしてほしい」と提言している。

佐野は災害の少ない地域だと言われているが油断してはならない。
我々は自治体にすべてお任せするのではなく、佐野市民として一人一人が自然災害に備えておくことが大事である。
特に停電対策だと思う。
停電になると暗くなるだけでなく、テレビは見られず、エアコンが使用できず、情報伝達・通信に欠かせないスマホの充電もできなくなる。
その他、地震対策、食料の備蓄など佐野市民一人一人が災害対策を立てておく必要がある。

佐野市民病院では地域の拠点病院の一つとして災害時の負傷者受け入れだけでなく、避難民の受け入れなどどの程度の貢献ができるか、さまざまなリスクマネジメントを考えておくのは大切なことではないかと考えている。



                                   以上
 

院長談話 2018年7月

2018年07月11日 | メッセージ

平成30年7月11日
 
                   院長  村田宣夫


先日当院を受診された患者さんから「声のひろば」に以下のようなご意見をいただきました。


  時間があまりにもかかりすぎ、3時間50分待った。


随分昔のことですが、「3時間待ち、3分診療」と病院の外来診療についていろんな新聞、テレビなどで揶揄されたことがあります。
しかし、この佐野市民病院ではそれを上回る3時間50分も患者さんを待たせてしまい、開いた口が塞がりません。

お待ちいただいた患者さんには誠に申し訳なく思っています。
また大変貴重なご意見を書いていただき御礼申し上げます。

当院では再来の患者さんには待ち時間が少なくなるように、再来患者さんには予約制をとっています。
しかし、初めて受診される患者さん(新患)の場合、あるいは予約のない再来患者さんの場合には、予約患者さんの間に入っていただくことになります。

この方法では初診の方の診察までにある程度の時間がかかる可能性があることをご理解いただきたいと思います。
しかしながら、今回は4時間近くお待たせしてしまい、陳謝いたしますとともに、深く反省しております。

混雑する外来ではそれぞれの先生が患者さんをお待たせしないようにさまざまな取り組み・工夫をしています。
まず、外来の再来患者さんにはできる限り、ご紹介頂いたクリニックに戻っていただくようにしています。

新患の患者さんには、簡単な問診から検査を先に受けてもらい、その後検査所見と共に患者さんの綿密な診察を行ったり、あるいは、予約に予め隙間を作成したりして新患の患者さんを診られるようにする、などです。

担当の看護師も患者さんの問診用紙を見て、急ぎの場合には医師にその旨告げるようにしています。
それでも診療科や曜日によってはお待たせすることは多いと存じます。
新患の患者さんが間に入った結果、予約患者さんも予約時間に診察できずに、かなりお待たせすることもあります。

そこで、一般的に午後の外来の方が空いている場合がありますので、予約外の場合には、午前ではなく、午後受診していただくことが可能でしたら、そのようにしていただくのが良いと思います。

様々な工夫をしていても外来の混雑は生じています。
新患患者さんに関する解決策として、総合診療科を創設し、そちらで初診を受けていただき、その後、専門外来を受診していただけるようにすることを現在考えています。
総合診療科の開設で新患患者さんの診療がスムースに行われると期待しています。

ただし、その医師の確保が難しく、そのシステム開始までしばらく時間がかかります。
更に根本的な解決策は混雑する診療科の医師を倍増することです。
しかし、これは総合診療科の医師を一人雇用する以上に難しいことです。

つまり、ここ佐野市民病院に限らないことですが、我が国では医師不足が深刻なのです。
ご存知かもしれませんが、例えばヨーロッパでは人口1,000人当たりに医師は4―5人いますが、日本は2.4人です。
栃木県では2.1人です。・・・・外来混雑の原因の一つがここにあります。
しかし、私たちにはどうにもならないことはこれ以上申し上げません。

上記以外の改善策を考え、さらに総合診療医の確保まで、誠に心苦しいのですが、待ち時間が長いと感じられた段階で受付にその旨お伝えくださるようにお願いします。何とか早く診察できるようにいたします。
待ち時間が長いことを弁解する訳ではありませんが、私たち佐野市民病院の医師を始めとする医療従事者、職員は一丸となって、佐野市民の皆様の健康と生命を守るという使命を果たすために精一杯努力していることをご理解していただきたいと存じます。

この度はご迷惑をおかけしました。
辛抱強くお待ちいただき、また、ご意見も出していただき本当に有難うございました。   



                         以上

ご挨拶

2018年04月16日 | メッセージ
「みなさまに愛される病院として」

        佐野市民病院 院長 村田宣夫





この4月より佐野市民病院は民設民営化され、一般財団法人佐野メディカルセンター 佐野市民病院として再出発することとなりました。

私はこれまで当院では週1日だけの非常勤医でしたが、病院の再出発に合わせて4月1日付けで院長を拝命いたしました。

当院は循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、神経内科、心療内科、内分泌・代謝内科、消化器内科、消化器外科、血管外科、乳腺外科、内分泌外科、整形外科、脳外科、泌尿器科、眼科、皮膚科、小児科、婦人科、耳鼻咽喉科などの診療を行う総合病院であるとともにリハビリテーション部門、予防医療センター、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、介護老人施設などを併設しており、この地域の住民の方々の健康と生命を守る医療機関としてこれまで活動してまいりました。

佐野市民病院の理念は「市民の安心・安全・満足を旨とした医療・介護・健康増進を実践して地域社会に貢献する」というものです。
この理念を今後も継続し、地域に密着した医療をさらに推進していく所存でございます。

運営方針としましては、時代の変遷に応じた新しい医療の提供を常に考え、設備、診療内容の更新を行い、この病院を利用される住民の方々や医療関係者、地域の医師の方々のご意見、ご要望を基に十分な改善を図り、地域医療に貢献していきたいと思っています。

もし民営化によりご不便な点や不具合が生じていましたら、何でもお知らせいただくようお願いいたします。

中規模病院として実行できる領域・仕事に限界はございますが、今後も佐野市民病院が市民の方々に広く親しまれ、愛され、信頼される病院であり続けますよう最高、最新の医療をご提供するよう努力したいと思っております。

ご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


           

院長談話 2018年1月

2018年01月11日 | メッセージ

  レーザー側方照射法の開発

                院長 橋本大定

LASERとは“ Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation ”の頭文字をつないで命名された特殊な光を指します。
世界初のLASER発信に成功したのは、カリフォルニア ヒューズ研究所の技師セオドア・メイマンです(1960年5月16日)。
ネイマンは、レーザーを発信させる媒質として、固体のルビーを使用しましたが、その後、レーザー媒質を、様々な固体、液体、気体、半導体などに変えることで、今日まで次々と千種を超える波長のLASERが発信されています。

一般に、安定状態(基底状態)で存在する原子は、外部からエネルギー(光等)が与えられると、電子がいったん外側の軌道に飛び(励起状態)、一定時間後に光を放出して再び基底状態に戻ります(Stimulated Emission)。
ここで、強力なエネルギー供給を、あるレーザー媒質に与えると、励起状態の原子数が増え(ポンピング)、基底状態の原子数を上回った状態となります(反転分布状態)。
この状態で、外部から同じ周波数の光信号(種)を送りこむと、励起状態の原子が連鎖反応的に同一方向に向けて光を放出し、より強い光信号が得られます(光増幅)。
その際、レーザー媒質を2枚のミラーで挟み込み、その間で光を往復させると、光は増幅を続けます(光共振;Light Amplification)。
増幅された光を片側の部分反射ミラーから取り出したものがレーザー光(LASER)で、レーザー媒質に含まれる原子の種類により、それぞれに異なる波長(色)の平行光が発信されるのです。

レーザーの特徴として、単色性(スペクトル幅が非常に狭い)、指向性(光が拡散せず広がらない)、可干渉性(波長と位相が重なった光の集まり)、制御性(出力光に容易に変調がかけられる)などがあげられます。
発信されたレーザービームは、自然光に比べて非常に高い直進性を有する光エネルギーで、レンズを用いて集光することで回折限界まで絞ることもでき、エネルギー密度を著しく高くすること(高輝度)もでき、軍用として飛行機を破壊することもできるのです。

私が浜松医大の助手を務めていた昭和50年代の後半のことです。
私は表層に発生した早期胃がんを、内視鏡下でレーザー蒸散凝固をしていました。
処置用の鉗子孔を通じて挿入した導光ファイバーから出射されるレーザービームは直進するので、存在部位によっては病変に対し斜めにしか照射できません。
病変を正面視した状態で照射する一法を案じ、普段は用いている胃壁筋収縮抑制剤を使用しないで、収縮輪が口側から幽門側に移動する間、瞬間的にレーザーに対し正面に来る時を狙い、間歇的レーザー正面照射を続け、がんの治療に苦労させられた症例を経験しました。

1982年、第1回欧州レーザー医学会 (Cannes) に参加した直後、内視鏡企業F社を訪れ、導光ファイバーの先端でレーザービームを真横に曲げる法「レーザー側方照射法」開発の重要性を力説しました。
技術者達が口々に「あれだけ高輝度の光を、直径僅か1mmのファイバー先端で曲げることは不可能」と言い募る中で、突然、経済畑出身の社長が立ち上がり、「お前達何を言うか!臨床の先生がそれが価値があると言っているんだ。
それを乗り越えるのがお前達の務めだろう!」と一喝したのです。 
まずは、レーザー導光ファイバーを斜めに切り、先端に金箔を貼り付けた側射ファイバーを試作しました。
しかし、レーザー照射が始まると、すぐに接着剤が高熱で溶けてしまいとても使い物にはなりません。次に、導光カテーテルの先端にマイクロプリズム(直径1mm)を装着させてみました。
YAGレーザー(波長;1064nmの近赤外線)が目には見えないので、皆でタバコをふかし、ビームが直角に曲がったのを確認して喜んだのも束の間、動物実験で先端部に体液が付着するとプリズムが全く機能せず、さらには、マイクロプリズムが先端からずれ落ちようものなら、眼を皿のようにしても見つけだせない始末でした。
その後、電線専門のH社も加わって、知恵を絞ったものの然したる成果もなく、いたずらに6年もの月日が経過してしまいました。

「レーザーの平行光は、導光ファイバーの端面(約1mm)に、6度前後に絞られて入射され、コア(中心部分)とクラッド(コアを覆う部分)の屈折率の違いで、全反射を繰り返し、何mもの先の端面から、エネルギーロスなく射出されます。
ならば、射出される先端で、コアと空気の屈折率との違いで、全反射する臨界角が存在するのではないでしょうか?」と言いだしたのはF社の若い研究者K君です。
「光学理論計算で側方70度前後なら全反射するはずですが、直角には曲げられません。」それを聞いて私は、「内視鏡の視野角は120度前後なので、直角に曲げる必要はなく、70度前後に側方照射できれば十分です。」と答えました。
先端部が尖っているため、石英のマイクロキャップを被せ、ヒトで臨床使用をおこなったところ、さらに、もうひとつの問題が明らかとなりました。
内視鏡の紺子孔は視野の辺縁部に位置しています。
そのため、視野の中心方向に側方照射する場合はよいのですが、その反対側に射出すると、前方照射ファイバーより悪く、全く見えなくなってしまいます。
実際には、レーザーファイバーを紺子孔の外でひねり、照射方向を視野の中心方向に曲げようと試みるのですが、なぜか、中心方向には治まらず、くるりと一回転して、また外側に向いてしまうのです。
結局、この現象は、丸く巻かれてファイバーが移送される間に曲がり癖がついてしまっているためと判明、この問題の解決にさらに2年を要しました。
レーザーファイバーにマイクロコイルスプリングを装着し、コイルの回転性を活用した「回転自在型レーザー側射ファイバー」として完成、3者の世界の特許が入手されました。

1989年の米国レーザー医学会(Detroit)でのレーザー側射法開発の発表は、三十人程度の小さな部屋でしたが、直後、全員のスタンディングオベーションを受け、そのうちの数名は「nice paper」と駆け寄り、握手を求められ、自分が編集する雑誌に投稿するようにと求められました。
ところで、YAGレーザーは水の消散長が約8cmと長く、水中照射や生体組織の凝固に適したレーザーですが、消化器の分野での臨床応用は難しく、販売普及も広がらないまま、さらに約2年が経過してしまいました。
ある日曜日の朝のことです。
前立腺がんの多い米国で、“YAGレーザーの水中側方射法”がトピックスとなっているので君の特許を買いたいと、アメリカの大手レーザー会社の社長が、突然、面会を求めて自宅を訪ねてきたのです。
T社が求める専用実施権(exclusive license)を、3者協議して断ったところ、内外のレーザーメーカーが次々と買いにきてくれたのです。
我々が開発したレーザー側射法は、“ファイバーをある角度で斜めに切るだけ”という極めて単純な原理なので、どうにも、他の方法では回避できなかったのでしょう。
当時、欧州から来日していた友人の医師が、 “Einfach ist schön”(単純こそ美しい)というゲーテの言葉を教えてくれました。


[A lateral radiation probe in YAG laser therapy. Gastrointestinal Endoscopy ;32(2):124-125,1986]
【Development and early clinical applications of a lateral aiming laser probe. Lasers in Medical Science ;2:25-28,1987】


院長談話 2017年10月

2017年10月12日 | メッセージ
 市民講座 『 特別講演会 』 を開催します!

 病院崩壊の危機を乗り越え、10年に及ぶ指定管理のもと、へき地医療拠点病院として、順調に経緯した病院再生を記念して、佐野市葛生あくとプラザ大ホールにおいて、佐野市民病院 市民講座 特別講演会を開催いたします。
 
 今回は、スペシャルゲストとして、近代肝臓外科学を確立され、世界的にご活躍されている幕内雅敏先生(日本赤十字社医療センター名誉病院長、東京大学名誉教授、医療法人社団大坪会 東和病院病院長)をお迎えいたしました。
 


 当初、平成29年10月29日(日)の開催予定でございましたが、諸事情により、平成30年3月24日(土)開催と変更になりましたのでお知らせいたします。
 
 楽しみにしてくださっていた皆さまには大変申し訳なくご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 先のこととなりますが、千載一遇の機会ですので、多数のご参集をお待ちしております。


佐野市民病院 市民講座
【病院再生記念 特別講演会】

会場 佐野市葛生あくとプラザ 大ホール
日時 平成30年3月24日(土)13:00 ~ 16:30
    受付開始12:30~


【特別講演】   
 「肝切除と生体肝移植の進歩」
           幕内雅敏 先生
           東京大学 名誉教授
           日本赤十字社医療センター 名誉院長
           医療法人社団大坪会 東和病院 病院長
 
【地域医療再生】
  ~これからの佐野市民病院~     
講演 1 「眼科が斬る!」
~ ゼロから始まる佐野市民病院 ~
眼科統括医 今井康久    

講演 2 「がん 対策マニュアル」 
~ がん予防とがん検診 ~
予防医療センター長 大川智彦

講演 3 「 Non Nocere(危害を加える勿れ)Hippocrates」
~ 安心・安全な腹腔鏡手術の構築 ~
院長 橋本大定


【お問い合わせ・お申し込み】
  
   地域医療連携室 

   電話番号 0283-62-9024(直通)

   MAIL sanoshiminrenkei@sanoshimin-hp.net