弁慶の野鳥日記

主に野鳥撮影ですが、時々風景や花も。画像エリア超過のため野鳥日記から弁慶の野鳥日記に引越ました。引き続きご支援下さい。

我が家にも冬鳥がやって来た。

2018-11-18 11:09:54 | 日記

 今どき珍しくも無いが、我が家にも冬鳥のジョウビタキのオスが来訪した。
 昨日2回目だったが、いずれもカメラは間に合わず今季初撮りはかなわなかった。
 写真は過去のものですが、スッキリとしたあさの空気の中で紋付を着た正装のジョウビタキは新鮮だった。


 ジョウビタキ(オス)。

 

 

  

 

 

  物干し竿に止まったジョウビタキ。








 ちょっと季節感が違うが我が家の白蓮に。


 

 

 

 このほか最近になってシジュウカラのペアとメジロのペアも来るようになったが、いずれもカメラが間に合わなかった。

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 

 

コメント (4)

今日もアワノビタキ。

2018-10-18 21:23:10 | 日記

 10月18日(木) 晴れ

 今日も出掛けて、同じメンバーで同じような写真を撮って来た。
 今日は前回よりも多少近い所に来てくれたが、やはり人が多くなるとあまり近くまでは来てくれない。



 セイタカは今日も満開だ。







 可愛い表情はメスらしい。






 ススキの穂が似合う。






 セイタカアワダチソウは煩いくらいに咲いている。






 正面から見ると強面に見える。






 アワダチソウの海の中に。






 やっぱり背中が綺麗だ。







 本日最も近い所に来た瞬間。














 再び海の中に。













 これはお腹の白いメスのようだ。






 比較的近い所に。







 緑と黄色の配色がいい。






 お腹が真っ白いメス。






 3羽のグループが毎日来ているようだ。
 明日また寒くなったらどうなるか。



                                                            撮影機材   カメラ: キャノン EOS 7DマークⅡ
                                                  レンズ:タムロン SP150-600mmf5-6.3

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 

コメント (2)

セイタカアワダチソウとノビタキ。

2018-10-17 21:04:04 | 日記

 10月17日(水) 曇り時々晴れ時々雨
               (撮影日 10月16日)

 ノビタキの第2弾はセイタカアワダチソウに来るノビタキ。
 外来種で繁殖力の強いセイタカアワダチソウは畑や田んぼにはびこって嫌われ者だが時には役に立つこともある。
 今日のポイントはアワダチソウとススキのコラボだ。


 いたいた、ノビタキだ。







 ススキに止まった。






 とてもいい雰囲気だ。




 2羽いた、3羽のグループ。







 バックの黄色が引き立つ。














 可愛い表情はメスだろう。






 背中が綺麗だ。






 みどりと黄色が程よい。












 ちょっと遠くは行ってしまった。







 



 やや遠いのできれいに撮れなかったが、シチュエーションが良かった。



                                                            撮影機材   カメラ: キャノン EOS 7DマークⅡ
                                                  レンズ:タムロン SP150-600mmf5-6.3

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 

コメント

ノビタキとセキレイのバトル。

2018-10-11 10:07:42 | 日記

 10月11日(木) 曇り

 生憎の天気で、いまにも雨が降りそうだ。
 先日の撮影で思わぬシーンが撮れた。
 いつもはセキレイたちが縄張りにしているフィールドにノビタキが侵入してきたので威嚇しに来たセキレイ。しかしあまりにもノビタキが強そうなのでセキレイは舌を巻いて逃げて行った。
 その様子を動画風に。



 威嚇しに来たセキレイだったが。






 ノビタキは動じない。




















 ノビタキは下から回った。






 鋭い威嚇。






 接触することは無く。






 どうやら威嚇合戦で決着はついたようだ。











 なおも諦めないセキレイを追いやるノビタキ。






 しかし「ここは俺のもんだい」とノビタキ。





 お互いに接触することなく威嚇合戦のみで決着がついてセキレイは逃げて行った。
 ノビタキって強いんだなー。



                                                            撮影機材   カメラ: キャノン EOS 7DマークⅡ
                                                  レンズ:タムロン SP150-600mmf5-6.3

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 



コメント (2)

ノビタキの秋の渡りのシーズン到来。

2018-10-09 22:20:30 | 日記

 10月9日(火) 晴れ

 本格的なオリンピック日和のシーズンを迎えてノビタキの渡りが見れた。(昔は10月10日がオリンピックの日で体育の日と名付けられた、意味も無く記念日を変更するのは止めて欲しい)。
 久しぶりのフィールドでノビタキに会えて感激だ。
 もう、十数年も昔の話になるが、友人に誘われて初めて渡りのノビタキを見た。
 その時こんな小さな鳥が渡り鳥として南の島に渡って行くと言う話を聞いてえらく感激したものだ。渡り鳥と言えば大きな白鳥なんかしか想像しないが、この小さなノビタキが渡って行くと言う事にロマンを感じる。
 この受け売りの話を得意になって通りがかりの人たちに聞かせた記憶があるが、今日もまたやってしまった。



 いたいたノビタキだ!






 このごまの先が好きだ。







 ススキ(葦)の穂も好きだ。











 こちらは3羽のグループ。






 3羽そろい踏み。






 緑のススキが引き立つ。






 綺麗な羽だ。






 仲良しペア。











 強そうなオスだ。






 セイタカアワダチソウの上に乗った。






 毎日通る道なので気になっていたがやっと会えて良かった。
 しばらくフィールドに出なかったが、現地で昔の仲間が暖かく迎えてくれて嬉しかった。


                                                            撮影機材   カメラ: キャノン EOS 7DマークⅡ
                                                  レンズ:タムロン SP150-600mmf5-6.3

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 

 



 

コメント (2)

天空の楽校・天空のちまき。

2018-09-22 20:36:55 | 日記

 9月22日(土) 晴れ

 朝のうち雨が残っていてどうかな、と言う天気だったが次第に晴れ間が出ていい天気になった。
 2~3日前にテレビで放映された「天空のカフェ」、
 同居人が行って見たいと言うので重い腰を上げた。
 秩父の皆野町にあるこの場所、まだナビの設定になれていないので探すのに苦労した。
 元地東京でアーティストをやっていた人がオーナーとなって料理番組での経験を生かして山里でカフェを開いたのだそうだ。もともとは山の分校があった所を改装して地元のパートさんを集めてちまきづくりを始めたのだそうだ。
 名物の角煮入りのちまき(トウモロコシのエサで育ったアンデスの高原豚の角煮、秩父産原木しいたけ、竹の子の入った具だくさんのちまき)は格別の味だった。



 天空のカフェの玄関。





 建物の中には昭和のレトロな展示物が並べられていた(散乱?)。個人的にはもう少し展示方法を工夫した方がいいと思った(勝手ですが)。






 標高550m天空で見晴らしが良い。






 テーブルは自由に選べる。






 名物のちまきを味わう。






 屋内のレストランはここから。






 帰りの道(行きも帰りも同じ道だが)にはこんな変わった看板もあった。






 もう少し下った所に「秩父華厳の滝」という滝があった。日本の滝ベスト10に入っているらしい。本物の華厳の滝が入っていないのはなぜ?







 静かな山の中にとうとうと流れ落ちる滝。







 結構水量も多く、綺麗な水だ。






 本来はまだ見どころのある皆野町、我々は行くときに下調べをしていなかった事と、ナビの設定がうまく行かなかったので他の名所は省略して帰路に着いた。
 しかし秩父は意外に近く行きやすい場所だ。チャンスがあれば紅葉の時期にまた行って見たい。

 

 

                                            撮影機材   Panasonic DMC-FZ150                             



  


  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 






  



コメント (2)

地元の山歩き。

2018-09-21 08:00:00 | 日記

 9月21日(金) 曇り

 猛暑の8月に涼を求めて付近の山歩きをした。
 林の中でそれほど汗をかかずに済んだので、体のために何回か歩いた。
 静かな環境でいい所だ。これで鳥がいてくれたらいいのに、全く鳴き声も聞こえない。
 そのころは蝉の鳴き声ばかりだったが、今では蝉も鳴かない。



 ハイキングコースが整備されている森。











 







 

 


 山の中に小さな花たちも。











 誰かが集めたのか? 自然に集まったのかマツボックリ。






 あっ、鳥だ! スズメかな?






 猿の腰掛? ではない。木のコブらしい。






 何位も記事が無いので道路標識でまとめてみました。




                                            撮影機材   Panasonic DMC-FZ150                             



  


  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 


 

コメント (2)

セイタカシギ。

2018-09-20 20:15:03 | 日記

 9月20日(木) 曇り

 お彼岸に入って曇り空の今日はなんとなく寒い感じもする。
 近くにコスモス畑があると地方新聞(広告)に乗っていたので行って見たがそれらしいところは見当たらなかった。
 仕方なしに近くを歩いて、埼玉で一番大きいと言われる沼で水鳥の撮影をした。
 珍しくも何とも無いシギチ類だが、コンデジを持っていたので撮って見た。



 曇天でSSが上がらないセイタカシギの写真。


 



 足の長いスマートな鳥だ。

 



 水が少ない沼でエサは獲れるのだろうか。





 みんなで集まっている風景も。







 カイツブリもいた。







 コサギも。







 別の場所にいたセイタカシギ、ちょっと遠すぎた。






 水鳥たちが歩いているらしく干潟には鳥の足跡がいくつかついていた、きっとエサが見つからなかったのだろう。
 コンデジで目いっぱい望遠にして撮ったがこんなものだった。



                                            撮影機材   Panasonic DMC-FZ150                             



  


  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 


コメント (2)

ピースコンサート弦楽四重奏。

2018-09-11 15:51:39 | 日記

 9月11日(火)

一昨日埼玉ピースミュウジアム(平和記念公園)にて弦楽四重奏の生演奏が行われた。
開館25周年を記念して行われたものだが若い音楽家たちの熱演で感動して会場は拍手が鳴りやまなかった。
弁慶も久しぶりで生演奏を聴いて感激した。(生きていて良かった、あの時死んでいれば聞けなかった)
会場は無料だから、中高年の人たちでいっぱいになっていた。




 カメラは持っていかなかったのでパンフレットのこぴーで。











 いつも通りにスキャナーで撮れると思っていたら、今度のプリンターはスキャナーの機能が無いらしく(?)それではと古いスキャナーを引っ張り出してやって見たがどうもうまく行かない。
 あの入院生活以来頭のどこかが狂っているようだ。
 この間にプリンタが変わったり、PCが変わったりしているのでソフトもどうなっているのか判らない。
 結局原始的な写真に撮ってコピーする方法を取った。

 もう終わってしまったイベントですが、興味のある方は虫眼鏡で見て下さい。
 それにしても東松山市、やるなー! やっぱり大きな町は小さい我が町とは違う。

 

コメント (2)

八千穂自然園

2018-08-18 18:58:57 | 日記

 8月18日(土) 晴れ
     (撮影日 8月4日)

 お盆過ぎになったら急に涼しくなって来た。
 これはまだ猛暑だった頃の記録です。
 中部縦貫自動車道と言うのが佐久南から八千穂高原まで今春開通した。最終目的の山梨県身延方面への計画は発表されていないが、取り敢えず八千穂高原までは行かれる。そしてありがたい事にこの佐久北から八千穂までは無料区間である。
 無料と聞いたら行かない訳には行かない。
 この区間(佐久南ー八千穂高原)には途中インターも一つしかなく、勿論SAなども何もない。
 ただの道をただ走っただけではしょうが無いので以前に行った事がある「八千穂高原自然園」に行って見た。
 高原なのにこの日はここでも暑かった。でも滝のそばだけは涼しかった。
 以前オオルリやキビタキ、コマドリさえもいると信じて友人と行った事があったが、この日もやっぱり何もいなく、花の時期も終わっていた。



 

 妙に蜂が集まる花だったが。






 僅かに涼を味わえる滝がある。













 クマがいると言われる穴、今年あたりは危ないかも。







 花の時期が終わってしまったヤナギランの群生地。







 ユリも時期が終わっている。







 フシグロセンノウも時期遅れ。







 「恋人の聖地」があった。







 恋人の聖地で喧嘩別れしそうなジジとババがベンチで一休みした。






 勿論鳥はいないし、めぼしい蝶々も飛んで来なかった。
 公園前の売店でソフトクリームを食べて、山を下りてからソバ屋に入って天ぷらそばを食べて帰った。


 

コメント (2)