社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

羨ましい法律だぞ、台湾!日本にも必要だ。その前にスパイ防止法制定を

2020-01-15 00:00:00 | 外交と防衛

台湾の立法院(国会に相当)は31日の本会議で、中国を念頭に域外からの選挙運動などへの介入を禁止する「反浸透法案」を採決し、法案を提出した与党・民主進歩党の賛成多数で可決した。10日以内に蔡英文(さい・えいぶん)総統の署名を経て成立する。野党・中国国民党は、来月11日の総統選直前の立法は「100%選挙目的だ」と反発している。

同法案は、中国を想定した「域外敵対勢力」の指示や資金援助を受け、政治献金やロビー活動、選挙運動を行った者を処罰する。既存の法律で禁止されながら罰則がなかったなどの不備を補い、台湾人の「仲介者」も処罰の対象とした。民進党は11月末、中国の工作員を自称する男性が、2018年の台湾の地方選で国民党に資金援助をしたなどとするオーストラリアでの報道を受け、議員立法で法案を提出した。

立法院は総統選と同日に立法委員(国会議員)選があるため12月18~30日に休会していたが、民進党は委員会審査を経ずに改選前の成立を図った。
蔡英文総統も、同法案に反対することは、「北京を安心させても国際社会は理解不能だ」として可決を促した。

これに対し、国民党は同法案が想定する「域外敵対勢力」の定義が曖昧なため、中国で企業活動を行う台湾人やその家族、留学生が中国人と接触しただけで処罰対象になる可能性があるとし、「戒厳令時代に逆戻りする」と主張。
同党の総統候補、韓国瑜(かん・こくゆ)高雄市長は29日、「台湾人民を脅して票を得ようとしている」と批判した。

https://www.sankei.com/world/news/191231/wor1912310013-n1.html


これは日本にこそ必要な法律ではないのか。
困るのは野党とマスゴミであろうが。
そもそも共産党の結党資金は北朝鮮から出ているしね。神戸騒乱(GHQが唯一軍で抑え込んだ事件)で解体された在日本朝鮮人青年同盟から出ていたよね。現在の朝鮮総連の事だが、名前を替えるのは得意な朝鮮民族。
「コレは日本にも必要な立法!
国会で法案出そうぜっ」との書き込みが秀逸。
「日本でも野党が同じ行動しそう」との書き込みに座布団1枚。
日本でも外国人からの献金は禁止されている。
「日本もスパイ防止法案を出すのが一番分かりやすいだろうな。
反対するのはスパイだけ。
憲法改正だと平和主義とかで誤魔化されるからな。」との書き込みが秀逸。
自民党にも困る議員が多数いるのではないか?
「野党の仕事
座り込み
プラカード
これは、世界共通か(白目)」との書き込みに座布団3枚。
「日本は改憲よりも先に、スパイ防止法が必要」との書き込みが秀逸。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「規制では無い」と最初から... | トップ | 博報堂、提灯記事書かせてもT... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事