社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

在韓米軍がソウルを見捨てた

2019-05-21 00:00:01 | 外交と防衛
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%95%E3%A1%E3%A4%E3%AB:South_Korea-Seoul.svg
ソウル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%95%E3%A1%E3%A4%E3%AB:Pyeongtaek_Gyeonggi_South_Korea.svg
平沢

米国が韓米連合司令部をソウル龍山(ヨンサン)の国防部内でなく京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーズ米軍基地内に移すという立場を韓国国防部に明らかにした。連合司令部は現在、龍山の米軍基地メインポストにある。キャンプ・ハンフリーズには在韓米軍司令部、国連軍司令部、第8軍司令部が位置する。

複数の政府筋は15日、「最近ロバート・エイブラムス韓米連合司令官兼在韓米軍司令官が鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官に会ってこのように伝えた」とし「国防部がこれについて検討中」と伝えた。エイブラムス司令官は連合司令部を平沢米軍基地に移す案と戦時作戦統制権(戦作権)転換まで龍山米軍基地に残す案をめぐり最近まで悩んだという。

韓米は当初、連合司令部を国防部領内に置くことに合意した。ブルックス元連合司令官は昨年1月4日、外部での講演で「連合司令部はソウルに残留する」とし「韓国国防部と合同参謀本部がある国防部領内に共に位置し、韓米同盟の軍事的力量を一カ所に集中させることになった」と述べた。匿名を求めた政府筋は「2017年10月の第49回韓米定例安保協議(SCM)で当時の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官とマティス米国防長官が連合司令部の国防部移転に口頭で合意した後、ブルックス司令官がその年末に関連了解覚書(MOU)に署名した」と述べた。

しかし昨年11月にエイブラムス司令官が赴任してから事情が変わった。エイブラムス司令官は国防部領内に入る計画を全面的に見直すよう指示した。200人以上が勤務できる独立した建物が必要だという条件も付けた。そして今回、平沢米軍基地に移すという立場を伝えてきた。

別の情報筋は「エイブラムス司令官は鄭長官に『連合司令部が国防部にあれば、連合司令部の米軍参謀が平沢の家族と離れて暮らすことになる。こうした勤務条件で優秀な参謀を米国から連れてくることはできない』と説明した」と伝えた。エイブラムス司令官は主要司令部と参謀が平沢米軍基地に位置するため、1週間に2日間だけソウルに留まって連合司令官の任務を遂行する。米軍は平沢米軍基地に新しい連合司令部の建物ができれば韓国軍のための宿舎も用意すると提案した。

連合司令部を韓国国防部内に置くか平沢米軍基地内に置くかは単なる位置以上の意味がある。韓国国防部は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期が終わる2022年5月までに戦作権の転換を終えた後、合同参謀議長が連合司令官を引き受けるという計画を立てていた。しかし連合司令部が平沢米軍基地に入れば、合同参謀本部議長がソウルと平沢を行き来して指揮しなければならず、事実上「合同参謀本部議長兼連合司令官」を作るのが難しくなる。米軍管轄地域内に連合司令部があるため、戦作権転換以降も米軍の主導権がかなり維持される可能性もある。

連合司令部は韓米が2004年7月に龍山基地移転協定(YRP)を結ぶ際、平沢米軍基地への移転対象だった。しかし2006年8月に廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権が戦作権転換を推進し、連合司令部は解体の対象になった。朴槿恵(パク・クネ)政権当時の2014年10月の第46回SCMで条件が合うまで戦作権転換を無期延期することにし、連合司令部は龍山米軍基地に残留することにした。しかし龍山米軍基地を公園にする際、連合司令部建物が障害になるという指摘があり、国防部は2017年に連合司令部を移してほしいと米軍に要請した。したがって米軍が当初の約束とは違い連合司令部を平沢米軍基地に移すとしても、移転自体は韓国が要請したという点で拒否するのも難しい状況だ。峨山政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「今後、韓米が戦作権転換過程で大小の懸案が浮上するかもしれない」と述べた。

https://japanese.joins.com/article/412/253412.html


始まった様だね!
これでソウルは捨石になった。李承晩も捨てたソウル、その時は民間人諸共橋を破壊し時間を稼いだ。国民を犠牲にして真っ先に逃げる韓国軍、さすが敵前逃亡の民族。

キャンプ・ハンフリーズ所在地

米軍の資料だが、日本海になってるニダ、謝罪と賠償をとの書き込みに座布団1枚。またまた騒ぐのかな?

軍事的な勢力範囲としては韓国の土地は押さえておくだろうけど、その上の都市や人や国についてはどうでも良い扱いだろうね。
ソウルあたりは主戦場になってもおかしくない。
との書き込みに座布団1枚。
ソウル防衛はあきらめてくださいってことかとの書き込みに座布団3枚。
ムンたんの望みは米軍撤退だろ?どこでもいいじゃん別にとの書き込みに座布団1枚。取り敢えず大砲の射程外に避難したと言う事か?
第一撃を許すという事だよ
戦闘そのものを防ぐことはあきらめて
一発撃たせてから反撃するんだわ
ソウルは往復ビンタされる
との書き込みが秀逸。
米国大使館が追従するかな?それとも最後までソウルにいるのかな?ハリス駐韓大使は元太平洋軍司令官だからね、この為オーストラリア大使が内定していたのに格下の韓国大使に急遽異動したのだから。その前は暗殺されかけたリッパード元大使で2年近く空席の在韓米国大使、もう忘れているのか?
米国の韓国に対する基本方針は昨年3月より以前に決定していたと言う事だ。
マスタープランを粛々とこなしている日米、枝葉末節を騒ぎ立て全体が見えない、木を見て森を見ずの左翼やマスゴミ。

まあ、北のスパイだらけの所で仕事は出来んわなとの書き込みが秀逸。
アソコの防衛は元々以前から無理ゲー判定だったから。
もう無理ゲー攻略法に頭悩ませなくても良くなって在韓米軍も肩の荷降ろして身軽になり、気分スッキリ!
との書き込みに座布団1枚。
米国もソウルの被害に考慮しないと宣言した様なモノだ。


北朝鮮への攻撃が近いのかな?
新月は6月3日.7月3日.8月1日だぞ!クサイのはその辺りかな?

6月4日が天安門だから中国も話題が逸れて好ましいのかも?当vlog2016.06.04 にも記載した様に年18万件もデモが起きている。
話題回避とのるのか?火に油を注ぐ結果となるのか?は正に博打。
中国の介入がなければ案外短期間で片付く話だ。1950年の朝鮮戦争も中国の介入が無ければ米軍の仁川上陸で片がついていた。

実戦部隊の約半分
機甲旅団約4600人は撤退済み
常駐せずに数ヶ月毎に米本土からの
巡回配備になった(2016年)
残る実戦部隊は陸軍(海兵隊)のみ
との書き込みが秀逸。
米空軍もU-2偵察機など沖縄に避難済みだしね!当vlog2019.03.23にて記載。
将兵の家族の為のソウルのアメリカンスクールも閉鎖されている。

朝韓の平壌宣言がDMZの監視に支障になってるし
これで最前線がDMZからソウルへ後退
司令部も最前線から後退
米軍はソウルを放棄
との書き込みが秀逸、良く分析されている。
最前線捨てて、防衛線を一段階下げるわけだから、完全に戦時の対応だよねえとの書き込みに座布団3枚、常識だあるが軍事の常識など日本のマスゴミや左翼、頭がお花畑の方々には通じない。異世界の事だからね!

在韓米軍司令部(国連軍)
38度線から
30km→70kmへ
2018年から移動開始
ソウル近辺の部隊も移動
移動完了

左翼の方々にも解り易く説明されて書き込みが秀逸。



コメント   この記事についてブログを書く
« 米国の対イラン制裁で韓国の... | トップ | 内田樹氏に心配される朝日新聞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事