社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

英国が暴く天安門事件

2018-02-13 00:00:43 | 外交と防衛
さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、韓国と共にあちこちの国々に慰安婦像を建てるべく、裏で反日工作を続けるあの国のお話でございます。今回も、こうした自国が犯した非人間的残虐行為や重大な戦争犯罪に対しては謝罪どころかそれ以前に事実すら認めないくせに、日本に対しては謝罪を要求する連中の欺瞞(ぎまん)を暴(あば)く一件について、詳しくご説明いたします。

■人民を戦車で踏み潰す…中国政府「死者は学生36人など民間218人」発表、実際は「万」

みなさんも恐らくご存じだと思います。1989(平成元)年6月4日、民主化を求め、首都・北京の天安門広場に集まった学生を中心とする一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が発砲したり、装甲車でひき殺すといった武力弾圧を強行し、多数の死傷者を出した「天安門の大虐殺」です。「え、天安門事件のことでっしゃろ。大虐殺?。そんな大袈裟(おおげさ)なもんちゃいまっせ」と思ったあなた。間違ってますよ~。

なぜか。中国政府は当時、発生から15日後の6月19日、死者数は学生36人を含む民間人218人と人民解放軍(PLA)の兵士10人、武装警察官13人の計241人。負傷者は7000人と発表していたのですが、先ごろ英国で公開された外交機密文書によると、実際は何と、少なくとも1万人の一般市民が殺害されていたことが判明したのです。政府の公式発表の約41・5倍ですね。

昨年の12月23日付で英BBC放送や英紙インディペンデント、フランス通信(AFP)など、欧米の主要メディアが一斉に報じているのですが、この数字、どこから出てきたかと言いますと、当時の駐中国英国大使、アラン・ドナルド卿(きょう)が、この大虐殺の発生翌日の1989年6月5日付で打電した英政府への極秘公電の中に出てきたのです。

■英国大使「中国の内閣から聞いた虐殺数は…」

この極秘公電、ロンドンの英国立公文書館が保管しているのですが、昨年の10月に機密指定が解除され、それを受けて香港のニュースサイト「HK01(香港01)」がこれを閲覧。最初に内容を報じたのでした。前述した各メディアの報道によると、アラン卿の情報源は「中国の国務院の“良き友人”から聞いた情報を伝えてきた」人物で、6月3日の夜から4日の夜の大虐殺についての状況が説明されています。

ちなみに中国の国務院とは、実質的に中国を支配する内閣で、議長を務めるのは首相です。
なので極めて信用できる内容なのは間違いありません。事実、アラン卿はこの情報源について、この大虐殺が起きる以前から信頼できる人物で「事実と憶測と噂を慎重に区別」する人物だったと説明しています。

では肝心の内容はどうだったのか?。アラン卿の打電内容について、前述の英紙インディペンデントなどはこう記しています。

 <天安門広場の周辺に集結した大勢の人々に“残虐行為”を行ったのは、(中国北部の)山西省の人民解放軍の陸軍「第27集団軍」で、彼らの60%は読み書きができず、primitive(原始的な人々、幼稚な人々)と呼ばれていた>

 <(当時の中国の最高実力者である)●(=登におおざと)小平(とう・しょうへい)率いる共産主義政府が“最も信頼でき、従順である”との理由で「第27集団軍」を選んだとみられる>

 <「第27集団軍」の装甲兵員輸送車(APC)は群衆を銃撃した後、彼ら(の遺体の)上を走っていった。APCは時速64キロの速度で軍隊や一般市民を轢(ひ)いていった>

 <(集結した)学生たちは、天安門広場から退去するまでの時間として、1時間の猶予を与えられたと考えていた。しかし5分後、APCが攻撃を開始した>

1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で戦車の前に立ちはだかる男性
http://www.sankei.com/images/news/180201/wst1802010004-p1.jpg

http://www.sankei.com/west/news/180201/wst1802010004-n1.html


当時から言われていた事である、中国共産党としては認めたくない真実であろう。
中国共産党に不都合な真実は無い事になる、こらが共産党国家の実態である。
日本でも日中記者交換協定を結んでいるマスゴミ、左翼系マスゴミは一切報じていない。




NHKは0人って言ってたのに!?との書き込みに対して、ンhkは中国と朝鮮の放送局だからしかたないねとかクローズアップヒュンダイだったっけとかの書き込みが秀逸、受信料制度を見直せ、スクランブラーかければ良いだろ!それか国営放送にして職員を公務員として給与を人事院の下におけよ!人件費が1/3以下になるぞ!
加害者のとき、1/100に過小発表.
被害者のとき、100倍に過大発表
アル。
との書き込みが秀逸、これ中国の歴史が証明している。数字に客観性が無いのが特亜の特長。
当日死んだのは1万人でも
直後から逮捕拘束されたのは数万人
その他EU圏に数万人が脱出した  
父親が日本軍と実際に戦った英雄である台湾人のテレサテンがパリで支援してたよね
(中共は日本軍と実際には戦って無い)
何で日本では報道しないのかわからんww
との書き込みも秀逸、だからテレサテンは暗殺されたのか?
中国人が見てきたように南京事件を語ることが出来るのはまさに自らの加害経験を語ってるからなんだよなとの書き込みも秀逸、通州事件が元ね!
場所が天安門だけとか思ってる?
天安門以外の都市でも賛同者が強制失踪されて正しい数字は謎のままだよ
との書き込みも秀逸。
ウイグルやチベットでもその後万単体で殺害してるから。との書き込みも秀逸。
これが中国共産党の正体である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノロウィルス、パンデミックか? | トップ | 若者は既存メディアを信用し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事