社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

外務省gj

2018-04-17 00:00:25 | 外交と防衛
日本、「韓国は最も重要な隣国」表現を削除

 日本外務省が最近、ホームページに掲載した韓国についての記述で、「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という表現を削除したことが15日、確認された

 外務省は最近、ホームページに掲載した「二国間関係」で、韓国について特に修飾なく「日韓間には困難な問題があるが、これらを適切にマネージし、様々な分野で協力を進め、日韓関係を未来志向で前に進めていくことが重要」とだけ記述した。外務省北東アジア課が作成したこの記述は2ヵ月ごとに修正されるが、日本政府の公式見解を対内外に知らせる公式的な意味がある。

 外務省が韓国の修飾表現(「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」)を削除したのは、今年1月の安倍晋三首相の施政演説と軌道が一致する。安倍首相は2016年と2017年の施政演説で、「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と述べたが、今年は特に修飾なく「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と今までの両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上に未来志向的に新たな時代の協力関係を深めていく」とだけ述べた。これに対して、文大統領が15年の韓日の慰安婦合意の過程を検証し、「誤った合意」と規定したことに対する不快感が反映されたという分析が出ている。

 安倍首相は就任後の13年と14年には、韓国を「基本的な価値や利益を共有する最も重要な隣国」と述べた。当時、外務省のホームページの記述にも、「基本的な価値や利益を共有する」という表現が含まれていた。しかし、韓日関係が悪化し、加藤達也・前産経新聞ソウル支局長が韓国検察によって起訴されると、安倍首相は15年の施政演説で、韓国を「最も重要な隣国」とだけ表現した。外務省もこれに従って記述した。

 15年末に慰安婦合意がなされ、加藤氏が無罪判決を受けた後、16年から外務省のホームページは「戦略的利益を共有する」という修飾を使い始めた。しかし今度は「最も重要な隣国」という表現まですべて削除された。

 日本は最近、北朝鮮問題などと関連して韓米日3国協力を強調してきた。そのような状況で韓日関係を格下げる措置を取ったことで、少なからぬ外交的論議が予想される。

http://japanese.donga.com/List/3/03/27/1286946/1




「潜在的敵国」でどうかな?
「国交断絶」を日本から申し込むと200兆円もの日韓基本条約のインフラ費用など、完全なる放棄となる。
先方から言わせる必要があるのだそうだ。どうせ戻って来ない金だ、体裁を取り繕うより実を取れ。
ぜひ、この日本の外務省の立場を屑チョンどもに周知させたいものです。
日韓関係の悪化、イコール、我々日本人の平和なんですから!!
との書き込みに座布団1枚、今年の訪日韓国人も多数いるしね!嫌いな国なのだから来ないでくれ!犯罪に来ないでくれ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の厚顔無恥な要請、日本... | トップ | 流石麻生財務大臣、煽りが上... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪まつり)
2018-04-17 19:45:47
いつも記事の更新ありがとうございます。
さすがに非韓三原則は書けませんが、お察しくださいということでしょうね…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事