社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

日韓首脳会談など必要無い

2019-05-22 00:00:15 | 外交と防衛
日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟をめぐり、日本政府は20日、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置要請に踏み切った。1月に2国間協議を求めてから4カ月間、韓国側から何の動きもなく業を煮やした格好だ。政府は国際司法裁判所(ICJ)への提訴をちらつかせて韓国を揺さぶるが、仲裁に応じるかは不透明だ。

「協定に基づく協議によって本件の解決はできなかったと判断した」。菅義偉官房長官は20日の記者会見で、韓国の李洛淵首相が「政府の対応には限界がある」と述べたことも挙げた上で、新たな手続きに進む理由を説明した。
 
仲裁委は第三国の委員も含まれ、政府関係者は「100点の結論が出ないかもしれない」と語る。それでも仲裁手続きへの移行を決めた背景には、韓国側の対応が一向に進まないことがある。
 
請求権協定に基づく1月の協議要請以来、日本政府は韓国側に応じるよう再三促してきた。今月1日には訴訟の原告側が、差し押さえた日本製鉄(旧新日鉄住金)資産の売却命令を申し立てる事態に発展。日本企業の実害が現実味を帯びても韓国側は事態打開に動かず、「李首相はさじを投げた」(日本政府関係者)と見て、協定が定める次の段階に進んだ。
 
ただ、仲裁委への移行が解決につながるかは未知数。仲裁委設置には韓国側も委員を任命する必要があるが、応じる保証はないからだ。
 
日本政府内には、「日本が歴史問題を国内政治に利用している」などと発言し、指導力を発揮しない文在寅大統領に対する不満が高まっている。政府高官は6月の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日韓首脳会談について「必要ない」と断言。資産の現金化が進んだ場合、関税引き上げなどの対抗措置も不可避で、関係改善の糸口は見えていない。


2019年05月21日11時49分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000925&g=pol


約束事を守らない国となぜ話し合うのか、時間の無駄である。
立ち話もするなよ。あることない事既成事実みたいに記事にするからな。
写真も撮られないようにしろよ。
との書き込みに座布団3枚。
ハナからムンムンと首脳会談なんかする気はなかっただろうがw
対外的に”手順を踏んでる”って姿勢を示しておくのが大事なんだぜ
そういう部分で終始一貫してるわな >現政府
との書き込みに座布団1枚、国民にはこれがもどかしく見える。広報が意外に下手な安倍政権。最もTVをはじめとしたマスゴミは安倍政権批判で統一されている。TV局の方針か?番組制作会社のベクトルか?
関係改善は見えないけど、国交破断の道筋はようやく見えてきたかなぁとの書き込みが秀逸。


コメント   この記事についてブログを書く
« 台湾もスパイ防止法制定 | トップ | 「是々非々で報じる」のでは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事