社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

仏でルペン女史復活か?

2018-12-06 00:00:02 | 外交と防衛
【フランス】大統領選でマクロンと戦ったル・ペン「エリートの飼い犬で、社会悪のボス、ゴーンが日本で逮捕。エリートの世界は終わった」


>「エリートの飼い犬で、社会悪のボス、ゴーンが日本で逮捕。
エリートの世界は終わった」

なんかカッコいい言い回し。
サンジュストみたい。
ゴーンこそ罪の本体である。
人は罪なくして100億の報酬など得られない。
ゴーンの存在は共和国にとって危険である。
革命の敵であるゴーンはギロチンに掛けられなければならない。
って感じ?
しっくりくるな。
との書き込みに座布団3枚、良く行間を読み取られている。
Marine Le Pen@MLP_officiel
Le chouchou des elites, patron violemment antisocial, Carlos Ghosn arrete au Japon pour fraude fiscale !
Leur monde se meurt. MLP


のルペン女史のツィートがソースだそうだ。
建前主義者のリベラリストが本音を語るル・ペンのような人達を
極右のレッテル貼って弾圧してんだよね
との書き込みに座布団1枚。
この惨事に未だお花畑の記事を書いていたら、その新聞社やテレビ局は次の攻撃の標的になるぞ!
親父ルペンは親日家だぞ。
日本をかなり評価している。
日本は、美しい国で、靖国みたいに国のために死んだ人間を
祭るのは当然ということで靖国神社を絶賛している。
との書き込みにも座布団3枚、ルペン女史の移民に対する姿勢は、「先ずは仏国家と仏の法律に忠誠を誓え!その下での人種の違いや宗教の違いは良い」と言うモノである。前回の大統領選挙時の主張だ。
真っ当な事と感じるのだがね!左翼の方々は異なるのであろう。
「移民政策は日本を見習え」と叫んでいルペン女史、日本も在日韓国人に可なり侵食されている。今回の入管法改正も在日韓国人と在日外国人とを同じに扱う事が目的の様だ。現状では他の在日外国人に対する「差別」だからね!
・マクロンの戦略
EUの覇権国となり海洋国家連合と対峙。
(大陸国家思想)
・ルペンの戦略
海洋国家連合(日米英)との協調。
対海洋国家連合の窓口となる。
エネルギー効率の面でルペンの戦略が正しい。
フランスがルペンの戦略を採用すると、
支那とドイツが粉々に砕け散る。
実はこの一件、
第三次世界大戦前哨戦の天王山。
との分析が見事な書き込みが秀逸。
EUが崩壊すれば独銀(民間)の専横も潰える。独銀の筆頭株主は中国という皮肉。
中国共産党は共産党なのに資本主義の象徴とも言える銀行の筆頭株主?矛盾している。
故に英国なきEUから仏が抜けると独だけではEUを支えきれず、EUが崩壊→独銀崩壊→膨大な金額を投資している中国大打撃→外国のニュースなので隠蔽できない中国→中国崩壊、へと繋がって行く。
確かに第三次世界大戦の導火線となり得る。
しかしマクロン大統領のままでは今回の件でハードランディングしか仏には残されていない。如何にソフトランディングさせるか?まだルペン女史の方に可能性が残っている。

米国のマスゴミが行ったアンケートで理想の指導者1位のマクロン仏大統領。
当vlog2018.11.14記載、今回の件でトランプ大統領が言う様に既存メディアなどフェークニュースの巣と思われても仕方がない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« NZ訪問の文韓国大統領、お迎... | トップ | 精日?なる若者が中国で流行る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事