社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

まだやっていたのか?印パの紛争

2019-04-14 00:00:38 | 外交と防衛
《 インドは7つのパキスタン前哨基地を破壊したと発表、最近のパキスタンによる国境を超えた砲撃への報復

 India claims 7 Pakistani military posts destroyed in latest Kashmir flare-up  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。


https://www.rt.com/news/455346-kashmir-pakistan-india-attack/


野砲で破壊したのか?それとも航空攻撃か?印パの紛争はまだまだ続きそうだ。この両国核保有国であり、IAEA体制に加盟した事がない。北朝鮮とは異なり独自に核開発に成功した国である。
以前も印パに国力差はあるにはあったけど、今はもう完全に次元が違う
パキスタンはインドが本気にならない範疇見定めて格好付ける以上のことは出来んだろうさ
との書き込みに座布団1枚。パキスタンとインドとの国力差は日増しに開いて行くのが現状。
パキスタンは中国の後ろ盾があってようやく形だけは張り合ってるように見せることができたって程度だからなぁ
印パ全面衝突なんて藪を突くだけのリスキーなこと今の中国には容認できんでしょ
ないわ
との書き込みに座布団3枚、カシミール地方は中国もチョッカイを出している。
アメリカが仲裁に入ったが、まだ燻ってるな。というかアメリカが一枚噛んでるんじゃね?
この問題に関しては、中露共に慌ててる様子だし。
なんせパキスタン支援してる国は中国だが。インド支援してる国はロシアだ。
全面戦争になろうものなら中国とロシアも巻き込まれるから必死に説得するわな。
との書き込みが秀逸。米国にとっては中露が印パに力を注いだ方が現在の中露の脅威に対しての圧力になる。

露はバルト三国への触手が見え隠れしている。飛び地のカニングラードがある為か?

その間のウクライナとは険悪な露。
ベラルーシは極親露政権であり、独裁国家で国が上手く回っている。日本並に治安も良く街の路地裏も綺麗である。
政治体制の違いより、国民が幸福かどうかでみればベラルーシは独裁国家で成功している事例である。

中国は印パ戦争に巻き込まれては現在の米国の圧力に対抗できるのか?二正面作戦を展開する国力は現在あるのか?

中露への楔になっている様な印パの紛争、国力差から拡大はしないであろうがここも第三次世界大戦の発火地点でもある。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日の丸に忠誠が誓えない在日... | トップ | 発言や行動には責任が伴う、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事