社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

学術会改革元年記念

2020-10-10 00:00:00 | 社会常識と教育

音喜多 駿 ブログ 
菅総理による日本学術会議メンバーの任命拒否問題、その論点はどこか?切り分けて整理してみる 

私も今回、初めて調べて知りましたが、日本学術会議には年間約10億円、その兄弟組織である日本学士院には年間約6億円が支出されています。 

ものすごくざっくり言うと学術会議は現役第一線の学者さんたちの組織、学士院は一線を退いた大御所たちの相互扶助組織といったイメージです。 

予算の内訳を見ると、日本学士院は約6億円のうち、3分の2にあたる約4億円が会員の「終身年金」への支出と経費に充てられています。いくら学術的に功績のあった人を優遇するとはいえ、この時代に終身年金…もっと若手研究者に投資をした方が良いのでは。。 

功績のあった方々には日本版ノーベル賞みたいにハッキリと日本国民に公示できる形でその功績に報いるべき。せめて担当大臣(文科大臣とそれ以外の大臣)の推薦が必要とし総理大臣名で表彰。その副賞しての年金ならば理解できる。
文科省が学術発展の為に基金を積んでその運用益で年金などに当てる。まさにノーベル賞と同じ形態。
1千億円も積めば年5%の利息収入としても50億円。充分過ぎるだろ。5%なんて運用がヘタな場合の事例だがね。
そして文科省と財務省の両省とに監視させる。腐敗を是正したらその省の得点となる様にする。一つの省だけだと腐敗が早いからね。相互牽制が基本。

「もう、廃止だろ。 腐ったリンゴとかじゃなく 腐臭がするわ。」との書き込みに座布団1枚。多くの納税者がそう思っているぞ!
「年寄りってホント年金のことになると常軌を逸する」との書き込みに座布団1枚。
腐った日本のタブーにドンドン切り込みが入って行く。
「馬鹿が騒いだおかげでどんどん延焼していくなw」との書き込みに座布団3枚。
「騒いだせいで闇に光が当たってきたな」との書き込みに座布団1枚。

「選挙で選ばれてもいないのに議員以上の高待遇 しかも身内推薦」との書き込みが秀逸。そして共産党の親派だからね!
ギャーギャー騒いだせいで、あまり知られたくない事がボロボロ出てきて自爆w 」との書き込みが秀逸。「雉も鳴かずば撃たれまい」と言うコトワザ(教訓)さえ知らない学術委員会。

「既得権益が暴かれてきたな 
無駄に騒いだせいでやぶ蛇になるのはパヨクにありがちな事」との書き込みに座布団1枚。蓮舫議員などの野党議員が騒げばネット民がそれの裏付けを探す。そして公表される。
「闇組織の実態がまたひとつ明らかになってしまったな」との書き込みが秀逸。

敬老会じゃねーか 
第1分科(文学・史学・哲学)30名 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E5%A3%AB%E9%A2 

久保正彰 89歳 西洋古典学 
中根千枝 93歳 文化人類学 
原實 90歳 インド古典学 
田仲一成 87歳 中国文学  
荒井献 90歳 新約聖書学 
伊藤貞夫 86歳 西洋史学(古典古代史) 
武田恒夫 94歳 日本絵画史  
斯波義信 89歳 中国史 
久保田淳 87歳 日本文学 
吉川忠夫 83歳 中国史 
御牧克己 73歳 インド・チベット仏教学  
難波精一郎 88歳 
玉泉八州男 84歳  
青柳正規 75歳 美術史学・古典考古学 
川本皓嗣 80歳 比較文学・比較文化 
佐藤彰一 75歳 西洋中世史  
塩川徹也 74歳 フランス文学  
東野治之 73歳 日本史 
苧阪直行 73歳 認知心理学・認知科学 
間野英二 81歳 西南アジア史 
田代和生 74歳 日本史  
興膳宏 83歳 中国文学  
揖斐高 74歳 日本文学 
深沢克己 71歳 西洋近世史 
松浦純 71歳 ドイツ文学  
伊藤邦武 70歳 哲学

長年研究されている方々だから高齢になるのは仕方がない。
文学などなかなか社会的に評価され難い、それでも長年研究されて来られた方々に敬意を払う意味でも前述した日本版ノーベル賞を設立してはどうか?対象はあくまで日本国籍保有の方のみ。

流れ弾が半端ないな。(赤旗の)記事も鳴かずば撃たれまいになっていて本当に草。」との書き込みに座布団3枚。

<関連>
大学の研究支援のファンド、政府が創設へ 10兆円規模 

大学の研究や若手の育成を支援する最大10兆円規模のファンド(基金)を政府が来年度にも創設する。将来的に年数千億円の運用益を目指し、研究費や若手の待遇改善に充てる方針。文部科学省が来年度予算案の概算要求に盛り込んだ。 

発表では、基金は国が資金を拠出し、運用機関に委託して国内外の債券や株式などに投資する。運用額を段階的に増やし、10兆円規模を目指すという。ただ、運用益が出て配分できるまで数年かかりそうだ。 

支援対象は、東京大や京都大といった国際的に高い研究力がある大学。実験機器の購入やデータの管理といった研究インフラの整備、 若手研究者の育成、スタートアップ拠点の整備などに使うことを想定する。 

米国では、大学が寄付などで集めた資金を運用する基金があり、ハーバード大が4・5兆円、エール大が3・3兆円の規模で運用しているという。(石倉徹也) 
https://www.asahi.com/articles/ASNB132VBN9YULBJ00M.html


しかもファーウェーの顧問までいたらもう終わりだな学術会議。







日本学術会議 
http://www.scj.go.jp/ 
第25期連携会員名簿はこちら 
http://www.scj.go.jp/ja/scj/member/pdf/25renkei_meibo.pdf 

日米同盟の観点からも米国が許すわけはない。日本としても米国との信義を守る上で処断すべき人材。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅総理お見事!元産経新聞ソ... | トップ | マスゴミの記者は特権意識が... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一つの省だけだと腐敗が早い (kashin)
2020-10-10 09:07:33
警察・検察なども腐敗防止のために、江戸時代の町奉行所のように北町検察庁・南町検察庁という具合に二つの検察・警察組織を別個に作り相互牽制させる、仕事を獲り合わせるようにすれば、かなり良くなると思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会常識と教育」カテゴリの最新記事