社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

最後の今上陛下の天皇誕生日に因んで

2018-12-06 00:00:48 | 社会常識と教育
今上陛下の最後の天皇誕生日を今月23日に迎える。
この誕生日の日付、実は欧州では意味深いモノでもあった。
キリストの誕生日はいつか?バチカンの正式な回答は「不明」である。
それどころか、16世紀までクリスマスを祝うと異端諮問会にかけられた。死刑だったのだ。


シリウスが一段と輝く季節、クリスマス・ツリーのてっぺんに星を飾るのはシリウスに似たている。
旧約聖書前の文明であるシュメール文明やウガリット神話の時代に於いて、いずれも旧約聖書の千年近くも前の時代の話。
女神イシュタルの復活を祝う儀式が地中海沿岸では盛んだった、これもイシュタルの復活という説、イシュタルの伴侶たるバール・ゼブルの復活という説、エジプトのオシリスの復活と言う説など諸説ある。
一神教のバチカンはこれが許せなかった。故に禁止したが守られなかった。

因みに女神イシュタルはアシュタルになりギリシア神話ではアフロディテ、ローマ神話ではビーナスとなる。しかしユダヤ教やキリスト教では、イシュタル→アシュタル→アスタロッテ→アスタロットと悪魔の大公爵しかも男になってしまった。
同様にバール・ゼブルもギリシャ神話ではゼブル→ゼウスとなりローマ神話ではジュピターとなる。いずれも雄牛に変身する。
モーゼが十戒受領後罰した黄金の雄牛の像はこのバール・ゼブルの象徴とされている。
ユダヤ教やキリスト教ではバール・ゼブル→ベール・ゼブル→ベールゼ・ブル→ベルーゼ・ブブと蝿の王になってしまった。聖書で一番多く出てくる悪魔はこのベールゼ・ブブである。時代によりバール・ゼブルやベールゼ・ブブなどと記述は変わるが。ソロモン72の悪魔の一番目にこのベルーゼ・ブブは「魔王」として鎮座する。語彙の句点を変えて相手を貶めるやり方はユダヤ教やキリスト教の常套手段。
しかし地中海の庶民はそれに抵抗して来た、小さな鐘の事を「ベル」と呼ぶのもベール・ゼブルの名残だそうだ。

神話の変遷はこれぐらいにして話しを戻すと、「復活」と言うのがキーワードのようだ。冬至を超えて日が長くなるので冬至直後の日に当時の地中海の人々はこの時期に復活祭をもってきたと言うのが現在の通説。その頃にシリウスが良く輝く季節だったそうだ、今もかな?
その復活祭をバチカンは千年以上禁止しても守られなかった。死刑で臨んでも禁止できなかった。マルチン・ルターが跋扈してプロテスタントが生まれたバチカンにとって、権威が揺らぐ大事でもあった。
そこで17世紀中盤で、どうせ守られないならばと、この冬至の直後をキリストの誕生日と後付けしてしまった。
この様に死刑でも禁止できなかった冬至の直後の復活祭。
12月23日の今上陛下の誕生日とは、これある意味キリスト教文化圏の知識層にはただ事とは思えなかったようだ。勿論有象無象の多くの方々には関係ない話だ。
しかし階級制度が今も残る欧州のエリート階級では、只ならぬ出来事だった。
科学万能主義の様な米国さえ、意外とスピリチュアルなのだ。この今上陛下の誕生日が冬至の直後と言う事実は認めたくない事実でもあった。


日本人が信仰するキリスト教はどの様な宗派でも、日本教キリスト教派となる様だ。
思想の根本が異なる、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は何も旧約聖書を聖典とする、「予言」に中心におく思想である。
日本人は「因果律」を思想の根本におく。故に仏教やヒンズー教の影響も大きい。「間違った事を行えば悪い結果が返ってくる、良い行いを行えば良い結果が返ってくる」と言う考え方である。そうならなければ「来世」で結果が引き継がれるとその矛盾を「来世」に逃げた。
しかしユダヤ教、キリスト教、イスラエル教は神が書いたシナリオ通りに運命は動くとした考え方だ。神の声が聞こえた方はその行いが神のシナリオ通りと言う事のようだ。
ルターの宗教革命後、東洋と同様の因果律を持ち込んだイエズス会がバチカンの主流派になる。当時イエズス会は異端ギリギリであった。
異端かどうかは神・救世主・預言者の三位一体を維持する事、イスラム教は三位一体が崩れている。
プロテスタントは今でも頑なに予言説を信仰する傾向が強い。

そしてその輪廻から逃れる事を日本を始め東洋思想は「解脱」と呼び、更なる上位へと魂が進むとした。
しかしユダヤ教、キリスト教、イスラエル教はその輪廻から逸脱する事を「永遠の死」としている。

これだけ思想的に違いある欧米人と日本人をはじめとした東洋人とを同じ様に捉えては大きな誤りを産む。


今上陛下の誕生日が如何に欧米人のそれも敬虔なクリスチャンの方々に脅威で迎えられていたか想像できるだろうか?
これは日本人が想像出来ない程重要な事であった。

来年からは2月23日が天皇誕生日となる。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 精日?なる若者が中国で流行る | トップ | 自民党和田議員、韓国に対し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会常識と教育」カテゴリの最新記事