社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

朝鮮民族は1999年の不審船撃沈事件を忘れたのか?

2019-10-09 00:00:48 | 外交と防衛
朝鮮民族と仲良くなど馬鹿のか?
数千年も宗主国だった中国人の扱いを見習って頂きたい。占領もせず、属国扱い。

日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)にある「大和堆(やまとたい)」周辺で先月、海上保安庁の巡視船が北朝鮮公船とみられる船舶に小銃で威嚇される直前、北朝鮮側が日本側に無線で「領海から即退去せよ」と要求していたことが26日、政府関係者への取材で分かった。

 こうした発信は極めて異例で、政府は日本海の海洋権益をめぐり、北朝鮮側が先鋭化した恐れもあるとみて警戒を強めている。
8月23日午前9時半ごろ、石川県の能登半島沖約378キロの日本のEEZで違法操業を監視していた水産庁の漁業取締船が、北朝鮮海軍のような旗を掲げた小型高速ボートに接近された。海保によると取締船の通報で巡視船が駆けつけた後の同日午後1時ごろ、北朝鮮側が英語で「領海」を意味する「territorial water(テリトリアル・ウォーター)」という用語を使い「即時退去」を要求してきた。

 付近には北朝鮮国旗を塗装した大型貨物船も航行し、いずれかが無線発信したとみられるが、国籍や所属などは名乗らなかった。翌24日朝には同じボートが巡視船の約30メートルまで接近し、乗組員が小銃で威嚇してきた。現場は日本のEEZで、本土から12カイリ(約22キロ)内の北朝鮮領海からも遠く離れている。

 政府関係者によると、日本のEEZでは、北朝鮮当局が自国船の操業状況を監視する形で日本の主権を侵害している疑いも指摘されている。北朝鮮は、海洋水産業を「戦闘」として国策で推進。今回の日本政府の厳重抗議に対し「専属経済水域への不法侵犯を自衛的措置で追い払った」などと反論している。8月23、24両日はボートや貨物船周辺で北朝鮮漁船は操業しておらず、北朝鮮側が軍旗や国旗を明示した上で、日本側の主権行使に対抗する姿勢を明確にした可能性がある。
2019年9月26日 20時25分


これは日本が手を出さないと舐めきっている。1999年の不審船撃沈を忘れたのか?北朝鮮。
海保だけでもこれ程の命中精度に世界の海軍が驚愕した事も、日本国内のマスゴミや議員で活躍する輩は理解出来ない様だ。
そこでA10ですよ。
頑丈でヘリより早く、何よりも安い。
アヴェンジャー降ろしてバルカン砲に乗せ変えたら尚更リーズナブルw
との書き込みに座布団1枚、海保で装備してはいかがか?通常は哨戒任務で使用すれば良い。

A-10攻撃機
30mm機関砲より大きな機関砲を既に海保の巡視船は搭載しているしね、
コレ
世界では侵犯ですら撃ってOKで
更に撃ってきてるから
むしろ日本なんで甘過ぎと思われる
との書き込みに座布団3枚、アルゼンチンのコースガード(海保)は中国漁船を次々と撃沈しているぞ!
ロシアを見習えとの書き込みに座布団3枚。
こいつらまだ瀬ドリやってんよな。との書き込みに座布団1枚。
向こうが領有を主張するなら海上保安庁の取り締まりに公然と
無視するつもりだから、こちらには自衛隊の派遣しか対抗手段は
なくなる。いっそ、該当海域で自衛隊の訓練でもやってみたらどう
であろう。
との書き込みが秀逸。
それでミサイル発射の兆候が現れたら、空自の新型対地ミサイルで発射直前のミサイルを破壊すれば良い。
国民の生命の方が憲法9条より重いとは、国民の命が大切と考えない輩か敵対国のエージェントかいずれかの勢力が、日本のマスゴミを使い大声で反対運動を展開するだろう。しかし日本国籍を有している方々なのか?
あのさ、正当な権利だし護らなきゃいけないから撃つじゃん?
そしたら凄い勢いで食って掛かる日本人が沢山居るんだけど
そいつら処分してからで無いと背中撃たれるんだよ?
との書き込みに座布団1枚、左翼やマスゴミの事か。日本国籍のない方で反日の方は、早々に日本から出ていって頂きたい。
そもそもなぜ国交ない北朝鮮の出先機関である朝鮮総連が存在するのか?

1954年の朝日新聞の記事だぞ!強制徴用は245人しかいない。現在在日韓国人は50万人強、自然増加は生物学的にあり得ない。不法入国者だらけではないか?

これ宣戦布告じゃね?との書き込みが秀逸。
巡視艇も護衛艦も常にその辺で警戒活動させとけよ
戦闘機もいつでも援護できるように
との書き込みに座布団1枚、戦闘機常に待機しているぞ!
コメント   この記事についてブログを書く
« れいわ新撰組の山本代表、無... | トップ | 在日韓国人、祖国が金欲しい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事