社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

ラオスのダム決壊の被害範囲はシンガポールと同じ広さ

2018-08-14 00:00:05 | 外交と防衛
2018.8.7

ラオス南部で建設中のダムが決壊した事故を受け、ラオス国内で建設に携わった韓国企業への怒りが鬱積しているという。現地の日本企業関係者が、夕刊フジの取材に明かした。ラオス政府も、事故について「人災」との見方を強めており、韓国側への風当たりはさらに強まりそうだ。

「現地では『ダムの建設のクオリティーが悪すぎて、こういう事態に対応できなかった』とみられている。ラオス政府が『設計の失敗』などの情報を集めているようだ」

ラオス国内に事務所を置く日本企業関係者は6日、夕刊フジの電話取材に、7月23日の決壊事故について、こう語った。

国民の間にも、ダムの建設に携わった韓国企業への怒りは「当然あるが、社会主義国家などであまり強く言えないようだ」とも明かした。

事故発生から2週間以上が過ぎたが、被害は今も広がっている。

ラオス国営のビェンチャン・タイムズは7日、重傷者3人が死亡し、5日現在で死者が34人となったと報じた。行方不明者もまだ100人に上っている。

農業への影響も深刻だ。6日の同紙の記事では、被害の大きかったカムムアン県では3万5000ヘクタール以上の水田に被害がおよび、サワンナケート県では2万7560ヘクタール以上の農地が水没したという。3万5000ヘクタールといえば、東京ドーム約7485個分にあたる。

(以下略)



https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180807/soc1808070015-n1.html


これ琵琶と同じぐらいの面積ではないか?
ラオスは隣国のカンボジアからも被害の賠償を迫らている。
韓国は逃げの一手か?
うむ。シンガポールの半分が被災したわけか…。との書き込みに座布団1枚。
カンボジア分まで入れたら、シンガポール丸ごと被災。との書き込みに座布団3枚。

更にラオスの米は中国のある意味生命線でもある。その水田が壊滅的打撃を受けている。
中国も黙っていれなくなるぞ!韓国。
またまた更に、ベトナムにも被害が及んでいる様だ。水田が水に浸かってダメになる。
これインドシナ半島の食料不足を招く事になる可能性が大きい。
韓国はどの様な責任を取るのか?一企業の責任では済まなくなって来ているぞ!

8/3(金) 16:56配信 夕刊フジ
ラオス南部アタプー県で建設中だった水力発電用のダムで7月23日に起きた決壊事故で、建設に携わった韓国企業が窮地に立たされている。SK建設などが設立した合弁企業の責任について、ラオス政府が徹底追及する方針を示しているのだ。専門家からも「欠陥工事」との見方が浮上し、韓企業は一定の責任を逃れられそうにない。

韓国・聯合ニュースによると、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は1日、シンガポールで、ラオスのサルムサイ・コンマシット外相と会談した。康氏はお見舞いの言葉を繰り返し、ダム建設に韓国企業が関連しているため、できる限りの支援を行い、復旧にも協力する意向を明らかにした。
ダム建設は、韓国のSK建設や韓国西部発電などが設立した合弁企業によって行われていた。韓国政府としては、当然の対応といえる。
だが、支援をするだけで、責任を果たしたとはいえない。
ラオスのトンルン・シースリット首相が「ダムが決壊した原因を徹底的に調査する」として、合弁会社の責任を追及する姿勢をみせているのだ。
合弁会社側は原因について「予想を上回る大雨が原因」と主張しているが、メディアの論調は厳しい。
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「欠陥工事か、大雨にかかわらず水をためすぎた判断が原因だろう」との専門家の見方を伝えている。英紙ガーディアンも「人災であることに疑いの余地はない」と報じた。
・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000015-ykf-int

欧米メディアまで韓国の責任を追及し始めたぞ!
これでは逃げられない、韓国。
日本のせいする事は失敗したしね、ラオス政府が韓国の責任としているしどう責任を取るのかな?
たださえ経済政策が出来ない文政権、そこへ多額の賠償金、これでは韓国崩壊するね。日本を見るな!「教えない」「貸さない」「関わらない」が安倍政権の対韓外交の基本。外務省hpでもだだの「隣国」との表記になったしね!
マスゴミに安倍政権打倒の指示が来ているわけだ!と、多くの日本国民にはバレているのだがね!モリ・カケ問題で1年以上国会運営を停滞させて何か得たのか?左翼野党は。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都ダムの中の集落、在日村か? | トップ | 自称平和主義ほど暴力的にな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事