社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

GSOMIA破棄の要因一つが身内議員を庇う為?韓国国が終わったな!

2019-08-25 00:00:15 | 外交と防衛
当初条件をつけ延長すると見られていたGSOMIAを急遽破棄した韓国。
ここに来て韓国のネット上が荒れている事は容易に想像出来るが、まさかの裏事情が暴露されていた。韓国発の情報なので真贋の判断は難しいが、これが本当ならば韓国と言う国家は終わっている。
青瓦台は自己の保身の為に韓国の安全保障を売ったと言う事だ。
GSOMIAは在韓米軍の為に結ばれた協定だ。
考えても見て頂きたい、先日の北朝鮮のミサイルの軌道をロストしている韓国軍。
当vlog2019.07.30で記載した様に、北朝鮮のミサイルを韓国軍はロストしていた。日本からの情報で着弾地点を修正していたではないか。これがGSOMIAによる韓国側のメリットだ。偵察衛星を有していない韓国にミサイルの発射情報の入手は困難。

チョ・グクスキャンダルとは
現在(厳密にはジーソミア破棄まで)、韓国で日韓葛藤よりもホットな話題。法務部長官候補のチョ・グク(元青瓦台民情首席秘書官、現ソウル大教授)に、金(財産隠し・不動産偽装売買)や家族(国籍・学歴・兵役)をめぐる様々なスキャンダルが浮上し話題になっている。一部では、今回のジーソミア破棄は、チョ・グクスキャンダルを覆い隠すために文在寅政府が打った大博打ではないかという疑惑が浮上している。実際、朝鮮日報などの大手メディアもこの疑惑について指摘している。この記事は次の記事で書きます。



このニュースが本当だとしたら、文韓国大統領は国家の責任者の資格はない。
韓国株価、GSOMIA衝撃に揺れる…「日本が対抗すれば1850まで下落も」
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=256873
あの中央日報さえ韓国経済の下落を心配している。
それより子飼いの青瓦台の仲間を守って国家崩壊に導く大統領と言う事の様だ。

在韓米軍が撤退したら、北朝鮮に中国、ロシアの草刈り場になると予想される南朝鮮。
国が潰れようがどうしようが、チョ・グクを延命させ、政権延長だけ狙う寄生虫政権との韓国人の書き込みに座布団1枚、しかしその大統領を選挙で選んだのは韓国国民である。
国民が選挙で選んだ政治家の責任を負うのが民主主義の原則。
半世紀前の韓国ならばクーデターが起きている。韓国軍にも日本軍経験者はもういない。

しかしこれで文韓国大統領の親北の半島統一の理念はまた一歩前進したと言う事だ。

基本的な事だが、軍事情報を他国に漏らす事など利敵行為以外の何物でもない。
同盟国だから軍事情報をある程度共有する、しかし日韓は同盟国ではない。軍事同盟を締結していない国と軍事情報を共有する為の協定がGSOMIAである。
しかも韓国は軍事衛星を有していない。どうやってミサイル発射の情報を入手するのか?発射後数分で着弾するのだぞ!
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« GSOMIAは北朝鮮の第一撃目の... | トップ | 米国が韓国政府ではなく文在... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自己保身に走る売国奴 (kashin)
2019-08-25 08:14:59
・自分が信じたいことを補強してくれる事実だけを見る。
・他人の能力を信じない。理解する姿勢が無い。
・身分階級の上下を超えて、他者の視点を活用する気が無い。
・自己の権威や自尊心(プライド)を守るために、目の前の事実や採用すべき新アイデア新技術や、優れた意見を無視する。
これが行きつく所まで行き着けば、下や外には「コイツには何を言っても無駄だ」と思わせてしまう。
優れた人物とは、最善の結果成果を出せる人。自分以外を無能と断ずる人では無い。
結果を出せない・不道徳な現場の人間は即座に更迭・降格・追放するべし。
結果よりもプロセスを評価していては、やる気と意欲だけが一流の無謀無能で大言壮語し無責任な失敗者が続出する。
これの原因は、上層部の固定化・教条主義・権威主義。最前線の現場が判らない。よって最前線の隠れた優秀者の抜擢も出来ない。
韓国のtopどもがこれに当て嵌まるようですが、日本の高学歴なトップエリートども(上念司氏の言う高学歴社員たち・安富歩氏の言う東大話法を操る学歴エリートたち・片田珠美氏の言う高学歴モンスターたち・保坂正康氏の言う日本型悪人ども)も五十歩百歩です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事