社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

議論さえ否定しているのに何寝言言っているのか?朝日新聞

2019-05-23 00:00:06 | マスコミ批判
3日の憲法記念日を前に、朝日新聞社は憲法に関する全国世論調査を実施した。憲法を変える機運がどの程度高まっているか尋ねたところ、「あまり」と「まったく」を合わせた「高まっていない」は72%に上った。安倍晋三首相は2020年の改正憲法施行を目指すが、有権者の意識は高まっていない。

 調査は3月上旬から4月中旬にかけて、郵送で行った。

 改憲への機運については、自民支持層でも「高まっていない」は61%、無党派層では77%に上った。

 9条を変えるほうがよいと思うかを尋ねると、「変えないほうがよい」は64%(昨年調査は63%)で、「変えるほうがよい」28%(同32%)を上回った。

 9条については、安倍首相が提案している自衛隊の存在を明記する改正案についても尋ねた。「反対」48%、「賛成」42%だった。昨年調査(反対53%、賛成39%)と同じく反対が多かったが、賛否の差が縮まった。自民、公明の支持層はいずれも賛成が6割だったが、無党派層では反対56%(昨年は60%)、賛成31%(同31%)だった。

 9条に自衛隊を明記する理由について、安倍首相は自衛隊の違憲論争を終わらせ、隊員が誇りを持って任務をまっとうできる環境を整えるため、と説明している。こうした改憲理由について「納得できる」は40%、「納得できない」は49%だった。

https://www.asahi.com/articles/ASM4R7RMYM4RUZPS002.html


9条を変えなければならない状況を作っているのは特亜三国の近年の動き。外的要因による。
議論すら拒否しているのに何を言ってるんだよとの書き込みが秀逸。憲法には改正条項が96条に明記されている。「護憲」を謳う左翼の方々がこれを無視するのは自己矛盾ではないのか?
朝日が自分のところの読者にアンケートしたら
それはこういう結果になるだろう。
との書き込みに座布団3枚。
こいつらはいつまで自分を上級国民と思ってんだろとの書き込みに座布団1枚。
尖閣諸島問題やガス田開発など中国の大陸棚論理は国際法に反している。

日本を攻撃する意思が明確な中国・韓国や北朝鮮に対しその支援をしている様にしか見えない朝日新聞。
韓国の兵器体系や軍の公式文書を見ても日本侵攻を明白。その危険性にさえ気づかないフリをして情報操作に躍起になっている朝日新聞。
北朝鮮が実践配備している中距離弾道弾ノドンは射程距離から日本以外は中露しかない。ミニマムレンジ(最短射程距離)から韓国ではない。韓国にはスカッドである。

それとも「拉致事件は無かった」とか騒いでいる左翼の片棒を担ぐのかな?

9条以外にも改正すべき条項はある。例えば21条「・・・表現の自由」に「責任」を明記するだけでも良い。でき得れば「報道の責任」を明記して頂きたい。
7条9項の各国大使・領事の任命を「天皇による任命でなく内閣による任命」にするだけでも外務省の暴走を止める事が出来る。
素人が考えても9条以外にも改正すべき条項がいくつもある。

憲法前文を憲法解釈の前提とすべき。左翼の寝言を前提とすべきではない。

因みに自民党の綱領は「自主憲法制定」である。

そもそも共産党は「天皇を認めない」と喚いているが、天皇の地位は1条に明記されているぞ。これこそ矛盾の最たるモノだ。共産党に「護憲」を口にする資格があるのか?

そもそも限られて思考の朝日新聞の読者対象のアンケートで何がわかるのか?



コメント   この記事についてブログを書く
« 「是々非々で報じる」のでは... | トップ | ヤッパリNHKと共産党は仲良し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ批判」カテゴリの最新記事