社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

薬物に対して甘いTV業界

2019-03-14 00:00:56 | 社会常識と教育
俳優やミュージシャンとして活動しているピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして逮捕された事件で、自宅からコカインを吸引するのに使ったとみられる丸めた韓国の紙幣が見つかったことが捜査関係者への取材で分かりました。厚生労働省の麻薬取締部はコカインを使用していた詳しい状況を調べています。

ピエール瀧、本名 瀧正則容疑者(51)はコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで12日、厚生労働省の関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されました。違法薬物を使用しているという情報を基に自宅などを捜索し、尿検査を行ったところ陽性反応が出たということで、調べに対して容疑を認めているということです。

これまでのところ自宅からコカインは見つかっていませんが、部屋の中から丸められた韓国のウォン紙幣が見つかったことが捜査関係者への取材で分かりました。コカインを使用する場合、粉末状のものを鼻から吸引するケースが多く、紙幣などを細く丸めてストロー状にして吸い込む方法が知られています。

麻薬取締部はコカインの吸引にこの紙幣を使っていたとみて、付着物を鑑定するなど捜査を進めています。

2019年3月13日 11時58分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190313/k10011846511000.html


NHK朝ドラどうするのかな?民放だったらスポンサーへの損害賠償など大変な事になっていただろう。流石に隠せないと諦めて大々的に報じNHKも被害者だと言う顔をするのか?
韓国人の売人か韓国人のコカイン仲間がいる?との書き込みに座布団3枚。
やっぱり在日絡みwwwwとの書き込みが秀逸、これ日本国民のマジョリティ。

TV業界は薬物汚染を何と考えているのか?毎度毎度繰り返される芸能人の薬物による逮捕。
麻薬Gメンが内定していたそうだが、内定操作という事はかなり前から薬物に手を染めていたと言う事だ。
NHKの身体検査はザルだったと言う事が証明されたわけだ。
国連が麻薬撲滅に動いている中でのこの逮捕劇。

これだけ続くとTV業界の再発防止策など信用出来ない。
それにタレント以外に現場スタッフにも薬やっている奴がいるのではないか?そいつが売人との連絡係ではないのか?
TV業界がエリを正すのであれば、スタッフを含めた出演者は最寄りの警察署での尿検査を月1で行い、薬物に手を染めていない事の証明書をTV局に提出させるぐらいの事をしなければ最早TV業界の信用は取り戻せない。
2週間は体内に残るからね薬物は、そして検査と検査の間の2週間は禁断症状で我慢できるかな?
何度も言う、薬物は国連決議違反だぞ!TV業界はもっとエリを正せ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中国の軍艦造船ラッシュ | トップ | これこそ知る権利、足立議員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会常識と教育」カテゴリの最新記事