SQUIRREL note

スクワールと眠れる森からのお知らせ

君影草 と 装画

2009-03-27 | Books
はずかしそうに下を向いた姿が
だいすきなお花スノードロップ。
ふとしたことから、ネットで調べていた。

スノードロップ snow drop
雪の雫。なんて英名もすてきだけれど
和名では雪待草
ユキマチソウ・・とてもかわいい響き。

なんだか和名が気になって、あれこれ調べてみた。

スズラン Lily of the Valley
控えめに咲く、谷間のゆり。
和名、君影草
キミカゲソウ・・これもかわいい。
葉の影に隠れるように可憐な花をつける様子が
すきなひとに寄り添う姿みたいだからとか。

もうひとつ、だいすきなお花。
ワスレナグサ forget-me-not
和名、勿忘草
どうしてこんな名前なのかなぁって調べてみたら
むかしむかし、ドイツで、若者が恋人のために
この花をつもうとしたとき、川へ落ちてしまい
急流にのまれながら、「ぼくを忘れないで」と
この花に想いを託して投げたとか・・
悲しいお話ですよね・・

どれも三文字の和名がとても詩的で美しいなぁ。
また時間みつけて和名について調べてみよっと。


*


「眠れる森 第一夜」の展覧会を開いたAmuletがあるのは
日本一の古書の街で有名な神保町。
大の古本好きなわたしは、展覧会の合間に古本屋さんめぐりしようと
楽しみにしていたのだけど、そんな時間はなく・・・

でも帰る前に30分だけ駆け抜けるように行きました。
いっしょにいってくれた友よ、ありがとう。

お目当ては、すこしずつ集めている「日本児童文庫」



これはアンデルセン童話集。
いままでで一番すきな装画かも。

「日本児童文庫」は1927年から1930年にアルス社が出版した全76巻で
わたしがみたことあるのはたぶんそのうちの30巻ぐらいかなぁ。
当時は予約会員だけに1冊1円で販売されていたそうで
1冊売りはされてなかったみたい。

なんといってもすばらしいのは、恩地孝四郎さんの装画。
一冊ずつ夢のような絵が描かれています。



花と果実・昆虫の生活



グリム童話集



イソップ物語



西洋歴史物語



山の科学



日用寶典



世界の不思議


わたしがもっているのはこの8巻だけど
ココに全部紹介されてました。
水墨画みたいなのもあっておもしろいです。

世界童話集とか、まだまだほしいのがあるなぁ・・
また出逢えますように。


*

春なので、ちいさな種をまいた。

夢の種をみっつ。

ちゃんと水をあげて、世界一かわいいお花を咲かせるんだ。

がんばるぞ



こゆびの あかい いと

2009-03-18 | 眠れる森

 

こゆびに むすばれた あかいいと

 

 

あなたとわたし

わたしとあなた


遠い昔にかくれんぼした

つかんだと想ったら消えてゆく

繰り返す日常に褪せてゆく


眠れる森は

そんなもうひとりのわたしを

呼び醒ましてくれる

不思議な

ひみつの森



*


おとといの夜から具合が悪くて
だんだんしんどくなってきて
体温をはかったら、35.2

あぁ・・また低体温・・・

体中だるくて動けないし
吐き気はするし
まる2日間寝ていました。

ようやく平熱になり
冬眠から覚めました。



眠れる森の作品の記録を残しておきます。


 

 

「眠れる森 第一夜」の展覧会では
もうひとりのわたし、に焦点をあてて
シルエット、シンメトリ、鏡をモチーフに
いろいろな作品をつくりました。

眠れる森のツリーは
高さ150センチと大きくて
眠れる森のシンボルになっていました。

 

 

森へと続く小径には、鹿のシルエット。


それからいろんな森のランプシェードをつくりました。
その一部をご紹介。

 

小鳥たちがさえずるモスのランプ

 


夢へ誘う青いモルフォ蝶のランプ

 

夜に咲く薔薇のランプ




森を彩るものの他に
オンナノコが身につけるいろいろなものをつくりました。
その一部をご紹介。


 

 

うさぎのブローチ
身長13センチの大きなうさぎさんがポイント。
ひとつずつ手作りしたので顔もひとつずつちがって
時計、鍵、ロザリオ、クローバー・・など
持っているものもちがいます。

その下にうつってるのも
ちょうちょのコラージュブローチ。
蝶の標本風に額に入れました。

 

my charmさんのフェーブのうさぎをつかった
森のブローチ

 

フェーブをつかったちいさなフレームもつくりました。

my charmさんとは5月にフェーヴ展で
またコラボのアクセサリーを作らせてもらうことになっていて
それも楽しみです。



楽しみといえば、
4月10日発売の『サンリオいちご新聞5月号』に眠れる森が紹介されます。
眠れる森のパーティに遊びに来てくださった
青山みるく先生がシルエットの世界をご紹介くださるのだそう。
楽しみだなぁ
今発売中の4月号には眠れる森でかわいいお菓子を作ってくれた
milky popちゃんが紹介されているので、ぜひみてみてください!



眠れる森のブログもまたのぞいてみてくださいね
angyちゃんがとってもすてきな詩を紡いでくれてます。



あ、お知らせついでに・・
3月下旬発売のくりくり9号に
mica TAKEOのアクセサリーが紹介されます。
よかったらみてみてくださいね。



そして今回の日記の写真は(うさぎブローチ以外)
またまたmy charmのYoshieちゃんに拝借したものです。
いろいろ撮影してくれてほんとにありがとう!


いつか眠りからさめるまで

2009-03-03 | 眠れる森


2月21日からはじまった「眠れる森 第一夜」がきょう幕をとじました。

たくさんの方が足を運んでくださって
とてもとてもしあわせに想います。
ほんとうにありがとうございました。

今回わたしは主に空間づくりをしました。
アーチ、シルエット、ランプ、カーテン・・などなど
森をイメージしたものをいろいろつくりました。



入り口のアーチをくぐって森に入ると
森の奥にはオンナノコのひみつの部屋があって
窓からオンナノコの部屋をこっそりのぞいて





オンナノコの部屋には宝物がたくさん







窓辺のカーテンやランプ
昼と夜は別の顔







オンナノコの宝物のお人形はどんな夢をみてる?



オンナノコは毎晩この窓から森へぬけだして



妖精と唄をうたったり



一晩中甘い夢をみるのです



こゆびとこゆびの赤い糸



森の奥のそのまた奥には、
ちいさなちいさな森があって



どうぶつやこびとたちがしずかにくらしています



夢のキオクはお菓子にとじこめて
いつまでもきえないように





いつまでも甘い夢をみる



いつか眠りからさめるまで



また眠れる森であいましょう



Special thanks to
PoPoyans, mio*a.k.a*stephanie,
Bed., Jammes et Francis, Kaoru Sasaki,
milky pop, tea cozy,
bao et bao, cheri.e moi, fleur,
my charm, narantum, YAKA, Megumi Yamaguchi,
alice, angy*B, hayami