いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

時間を強奪・浪費した最悪のリーダー菅直人!

2012年01月23日 09時02分27秒 | 兎に角書きたいの!
 昨日、日本テレビで、「復興せよ!後藤新平と大震災日の戦い、若きプロ集結涙の誓い、今わかる奇跡の偉業激劇」と題して一時間30分放映された。濃密な内容に加えて後藤新平以下震災復興に携わった人たちの意気込みと復興への構想力、先見性、実行力、そして後藤新平をはじめ担当局長の責任感とリーダーとしての実行力に感嘆仕切りであった。

 震災後の復旧・復興は時間との戦いである。後藤新平のその指導力には哲学があった。それに引き換え、あの「菅直人」は自己保身に始終し復旧・復興を大幅に遅らせその実行が難しい状態に至らしめた。

 何事もリーダーの資質によって大きな力になったり国民を閉塞感の中に引きずり込むことがこの放映で鮮明に印象づけられた。この瞬間に、自己保身に走るリーダーが存在したことは被災者、被災地、日本にとって最大の損失となった。

 時間の浪費が以後の復旧作業にどれだけの障害をもたらしたか。国民のためを思って実行されたならどれだけ被災者の方々は救われただろうか。

 総理を退任したら手を振り振り「四国お遍路」に出かけた。何と無責任で自己中の指導者だったことだろう。この無責任な在任中の時間を取り戻すためにどれだけのエネルギーを必要とすることだろう。

 1923年9月、関東大震災の翌日に内務大臣に就任した後藤新平氏は、即座に帝都復興院を設置。様々な分野から優秀な人材を集め壊滅状態に陥いった首都・東京の復興に心血を注いだ。当時の遺産、隅田川に架かる多くの橋、小学校校舎、公園、道路、区画整理の後などなどが残っている。

 最悪のリーダー「菅直人」が、後藤新平のようなリーダーだったらこれほど国民を閉塞感の中に閉じ込めることはなかっただろう!
ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
« 孫の数え歌! | トップ | 2月・如月・「春よ来い} »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

兎に角書きたいの!」カテゴリの最新記事