いろはに踊る

 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみたい。

第37回・永新会

2015年01月08日 10時22分26秒 | おやじ日記
 1月7日、37回目の新年会が上野で行われた。会員21名中出席者は13名、最年長者は92歳だが現役で社会との交流を続けている。特に、政界とのつながりには驚くべきものがありそのパワーには頭が下がる思いである。昨年はお孫さん達の希望でトルコ・イスタンブールの観光地へ出かけたとのことである。
 今朝の新聞にイスタンブールで自爆テロが起きたとの報道がある。トルコは世界で最も親日的国家である。先輩が出国するときに氏のパスポートを見て止められ6人もの係員が集まってきて、英語を話せるかと聞かれ話せるということで、止められた事由は生年月日1932年にあったとのことである。まずは長寿に驚きそして1932年がトルコ共和国立国の年に当たることから係員から祝福を受けトルコとの絆を強められたとたとの話をされた。
 その旅行費用は、ドル建て80円のころにドルによる生命保険契約が満期となり今回の費用に充てられたとグローバルな話などに花が咲き盛り上がった。
 祝宴の後、3人で御徒町の屋台でコップ酒による歓談が続きそれぞれの生き方を互いに披露しあって来年の再会を期し家路についた。
 永新会の初代会長は昨年90歳で逝去され、会の存続についてはこの名称のまま継続することになった。当会には永久幹事が実に細かく運営してくれるのでおんぶにだっこの感じでお任せスタイルで会員は大船に乗ってゆらゆらといい気分でこの日を会員は楽しみにして待っている。
コメント