sptakaのブツブツDiary

sptakaさんは、毎日ブツブツ発言しています。

伊豆大島のヘリも騒音だけど、防災無線も騒音なんですが。

2013-10-22 11:47:26 | ブツブツ日記
東京都大島町は21日、報道機関に対し、報道ヘリコプターの飛行自粛を書面で要請した。
 同町によると、台風26号の被害が発生して以降、複数の報道ヘリが上空を飛行する際に出る音で、住民向けの防災無線や、屋外で捜索活動に携わる関係者の間で使われている無線連絡が聞こえにくい状況になっているという。


 ヘリがうるさいとは、山岳遭難の救助にしても、お間抜けな遭難者の救助に、静かにハイキングしたい大勢の中に、ドカドカと騒音出しているのは、ヘリのことで。
 いや遭難なくても、警戒だと、県警ヘリがホバリングで山に留まっているときには、竹槍で撃ち落としてやりたいと錯覚にかられるね。春の富士山でそんなことあったよ。それに積雪期には、ヘリが来ると雪崩が発生する場合もあって、それは人災なんだと。ほとんど県警と自衛隊のヘリだ。殺人ヘリ。
 大島ではメディアのヘリがうるさいらしいが、しかし有名キャスターなどは、芝浦の倉庫の屋上から、片道30分で現地に行くから、自宅から大島出勤で毎日被災報道やっているよ。知事の猪瀬だって、ヘリできたからね。
 相模原や沖縄辺りの米軍戦闘機の方がずっとうるさいね。菜々子の実家の相模原に遊びにいって、米軍がグオーンと空飛んで、いちいち見上げるのは「ど素人の、よそ者」だとすぐに笑われる。沖縄でも。現地人はいちいち戦闘機が低空で飛んだくらいじゃ、屁とも思わない。墜落したら別だけど。
 実は一番の騒音そは、その防災無線というやつだ。15分に一回くらい何か放送する。「今日は船が出ない」「元町港は被災中だから、岡田港から出る」「おれおれ詐欺がある」「インフルエンザだ」。要するに、住民は住んでいるだけで役所の家畜なのだ。納税するための家畜。前は年貢を納めろだったけど。一日中騒音だ。こんなもの静かな基本的人権の生活すら成り立っていないわけだ。大島に限らない。日本中の田舎がそうだ。空襲警報の時代と同じだ。
 ちょっと前に、一流と言われるタワーマンションに遊びにいったけど、室内にも聞こえるインタホン警報で「どこのクルマが駐車違反で移動しろ」とは、彼女と楽しい時間過ごしていて、そこに無理やりこの程度の防災無線。馬鹿ですね。エクスタシーが飛ぶよ。人間の感覚がバカなんです。
 静かにしてくれと、それだけなんですよ。雨の日でも汐入の噴水は一日中今でも水出して、電力の無駄遣いも、都は平気ですから同じこと。
 無線、拡声器の類は、一切使うなと、決めて下さい。まずは、区議会選挙のあのバカ拡声器、乞食、票が欲しいが一番悪い。いつまでたっても家畜しか住めない国家。

コメント   この記事についてブログを書く
« 不況ぼったくりの伊豆大島に... | トップ | いつまでたっても子なき爺の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブツブツ日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事