写真ブログ・ずバッと「今日の1枚」。

ありのままの自然との出逢いそして触れ合い感動の世界を見て、絵にしてきた、とっておきな旬な画像を今日もアップしました。

京都は洛東の歴史ある坂のある街の賑わい。

2013-02-09 05:21:13 | 風景写真
      「坂の道沿いに見られた京町家の独特の佇まい風情と歴史があった二年坂」



    

    お早うございます、今日の1枚は。
   京都は東山の参寧坂(さんねんざか)へと続く約200mはある石段の、大同二(807)年にできたことから二年坂の名が付いたという、この間のその「二年坂」のこれもまたありのままの表情を
   今日もアップいたしました。どうしても絵にならない。景観をいちじるしく損なっているモノといえば電柱と電線で、この二年坂にもつい最近までは電柱とおびただしいほどの電線があったのですが、
   取り除いてくれて実にスッキリいたしました。ねねの道から産寧坂を上がった(約450m)ところまでを無くしてくれましたから、どんなに見違える様な光景となってくれたかは言うまでもありませんでした。   


















◇この画像のみ「一年坂」で、真っ直ぐ奥に進んだところの右が二年坂です。


コメント (14)