Haruの庭の花日記 Haru's Garden Diary

日々咲く花達に庭で出会い、その優しさに心癒される日々です
花を眺めながらおしゃべりしています

台風の後で・・・

2019-10-14 | 


台風19号は日本の各地広範囲に被害をもたらし
その惨状がテレビで流れるのを見ると心が痛みます

今回も大きな災害で亡くなられた方々にはお悔やみを申し上げ
また被災された方々には心からお見舞い申し上げます




室内に取り込んでいたスエーデンアイビーの鉢も外に出て
ホッとしているようです


台風一過の青空とは昔からよく言われたことですが
昨日も雲1つ無い青空が広がりお日様が気持ち良かったです!

でも被災された方々はこういうお天気が片づけには良いのでしょうが
その前の日とは打って変わった好天に複雑な気持ちもあるのではないかなと・・・
私は昔から台風の翌日の晴天にはなんだか悲しいような恨めしいような
そんな気持にいつもなっていたんですよね~~




これらも庭にまた出したスーパートレニア カタリーナ・ブルーとピンクの鉢
以前よりもかなり育って花もいっぱい咲いています~♪


この辺りは夜の10時過ぎごろに台風が真上を通ったようで
その際の風の強さには怖い思いをしましたが
なんの被害もなく過ぎたことをありがたく思います

それにしても何十年に一度の豪雨とか、でもこの頃はそれが多くなって
これからは台風というとこんなことになって行くのかなと心配ですね
海水温が上がってくると豪雨になるとか
これも地球温暖化の影響なんでしょうね~~
どんな対策が必要なのか、この便利になってしまった地球上で
温暖化を阻止することはできるのでしょうか・・・




ブルーの方はますます元気で花がいっぱい~♪
日当たりの良い場所に置いた今年は大成功のこの鉢です


庭はひどい風雨に荒れ放題になって
昨日は午前も午後も片づけました
バラは括っていても風の強く当たった場所はかなり枝が折れて
アンブリッジローズの蕾の付いた枝がかなりなくなりました

せっかくの秋バラを楽しみにしていたのにな、って一瞬思ったのですが
庭の木々や草花は必ず再生します!
きっとまた花が咲いて来春にはまたいつも通りの庭になるでしょう




でも、でも、台風で亡くなった命、壊れて住めなくなった家
また水害で水につかったり流された家々
それらは再生できない・・・
ついこの間まで他の方のことを大変だね、ってニュース見ていたのにそれが自分に起きる・・・
悲しい現実です
映像が3.11のと重なって心痛みます

庭で片付けしながらいろいろと思いました
災害っていつ自分のことになるかホントにわからないなって・・・
他人ごとではないですよね~


今日は寒くなって冷たい雨が降っています
冬に向かう前に被災された方々が無事に暮らせる場所ができてほしいと願います
復興を心から願っています!


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« バラが少しづつ戻って来て ... | トップ | 安達太良山、そして裏磐梯への旅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真っ青な秋の空… (折節)
2019-10-14 21:29:16
Haruさん、こんばんは。

台風19号の進路がそちらを直撃するコースでしたので案じておりました。
そちらは被害が最小限に収まったようで、不幸中の幸いだったと思います。
ただ、被害の状況をテレビなどで目の当たりにする度に、まさかという思いとともに何とも心が傷みます。
私も50年程前、故郷の長崎県で中学生の頃でしたが、集中豪雨による川が氾濫して、床上浸水で相当怖い思いをしました。
だから他人事ではないのですよね。
こちらは一時強風が吹き荒れましたが、庭のウッドフェンスの板がいくつか外れたり、アーチがゆがんだりしました。
そのくらいで影響は、微々たるものでした。
でもそれは今回はたまたまで、これからいつでもこういうことが起こりうると心に刻んで備えておかねばなりませんね。

今日は空気もすっかり涼しくなって、真っ青な秋の空が広がっていました。
それでも被災された方々の気持ちを思うと、何ともうらめしい青空にも思えるのでした。

♪折節さんへ (Haru)
2019-10-14 23:44:36
こんばんは~!
この辺りに2度も秋になって、それもそう間をおかずに台風が来るなんてと思いました。
前回の15号で被災された方々がまた同じように被害にあって
テレビでは給水、充電…いろんな情報が流れています。
きっとやっと気持ちを収めて片づけをされているところへの今回の台風、ほんとに厳しい現実ですね~

青空はたいていは気持ち良くてうれしいのですが台風一過の青空はいつも複雑ですね。
大阪直撃にの第2室戸台風をしっかり覚えているのでその時の恐怖が蘇りました。
向の学校の窓が風が吹く度にその風圧で端からバリバリと割れて行った様子が頭にこびりついています。
折節さんも床上浸水を経験されたんですね、小さい頃は台風というと親が窓に板を打ったりとか・・・
大阪は台風がよく来ていたんですよ。

関東は台風があまり来ないとはいえ、こんなに続くと来年からも怖いですね~
他人ごとではなくいろいろと災害には対応しないといけないですね~
庭の木々や花への被害には文句を言えなくなりました・・・
そう思ったらついつい気持ちを書きたくなってこんな記事になってしまいました~(^^ゞ

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事