茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

ものづくり補助金

2015年06月25日 | ブログ
 先般、ものづくり補助金の1次公募の合格発表がありましたが、本日、2次公募が開始されました。
 今回は、「革新的サービス」の分野が本格的に設けられ、昨年度までとは若干違った様相をみせています。
 しかしながら、「知恵の経営」(=知的資産経営)に取り組んでいる企業は、私が知る限り、ほぼ100%の採択率になっています。これは、製造業・サービス業、ともにです。
 すなわち、「知恵の経営」は、自社の強みの源泉を明らかにし、その活用方法を考えていくことですので、各種補助金の採択率が上がるのも当然です。
 「知恵の経営」に取り組んでいる社長からみれば、ものづくり補助金の申請書など、あまり苦労せずに書けてしまう内容です。
 今まで、「知恵の経営」の有効性を訴えてきましたが、今回のものづくり補助金の採択状況を見て、それをますます確信しました。
 今からでも遅くありません、ぜひ、「知恵の経営」を始めてください!

小規模事業者の事業承継

2015年06月17日 | ブログ
 最近、事業承継を控えた小規模事業者に立ち会うことが多いです。
 いずれの場合も、若くてやる気のある後継者がいる場合です。
 でも、現経営者は、自社の強みを明確に語ることができないことが多いです。
 もっと正確に言うと、なぜその強みを生み出すことができたのか?という、強みの源泉について、自社のことながら分かっていない場合が多いです。
 それは、社長が、生き抜くために、当たり前のようにしてきてしまった努力・工夫だからです。
 この努力・工夫こそが、若手経営者へ引き継ぐべき、大事な見えざる資産=知的資産です。
 社長にとっての当たり前の努力・工夫、これをあらためて棚卸をし、後継者へ伝えていく作業、これが事業承継でもあります。

6月になりました

2015年06月03日 | ブログ
 6月がスタートしました。
 早いもので、平成27年も折り返し地点に来てしまいました。
 今月は、つくば市の「知恵の経営報告書」作成支援事業のモデル企業が決まり、本格的に知恵の経営支援がスタートします。
 また、長野県や群馬県でも、知恵の経営へのしかけが動き出します。
 (未知の世界ですが、ワクワク・ドキドキしています!)
 知恵の経営に取り組んでもらうまでには、啓発セミナーにはじまり、経営者が実際に着手するまでに、長い時間がかかります。
 知恵の経営都は何か?ということに関し、もっと簡単に理解してもらえるようにできればと思ってはいるのですが、当方の力不足で、まだまだ、地域によっては認知度がありません。
 平成27年の残り半分、1社でも多くの中小企業に知恵の経営に取り組んでもらえるよう、尽力していきたいです。