茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

知的資産の連鎖

2015年05月22日 | ブログ
 中小企業が抱える多くの問題は、「人」にまつわる問題で、かつ、「良好なコミュニケーションを取ることができる」と、そのほとんどが解決できるような気がします。
 これを知的資産経営の視点で見ると、知的資産の連鎖、価値創造ストーリー、ということになると思います。
 各自がそれぞれの強みを認識し、会社のすべてが絡み合っている、ということを本当に理解したなら、スタンドプレーは無くなるし、「自分ひとりさぼっても…」という発想もなくなるのでは?と思います。
 ヒト・モノ・カネが限られた中小企業だからこそ、保有する知的資産の連鎖を意識していかなければ、総力戦には持ち込むことができません。
 今こそ、知的資産経営を実践して、全社一丸となって、最高のパフォーマンスを出していきましょう!

知的資産経営の効果

2015年05月07日 | ブログ
 先月末、小規模事業者持続化補助金の第1回目の採択結果発表がありました。
 昨年度に続いての補助金だったため、競争倍率がアップしたのでは?と思います。
 しかしながら、補助金の申請書で問われていることは、自社の強みを活かした事業計画、このことに尽きるわけで、とても難しいことを問うているわけではありません。
 知的資産経営に取り組んでいただいている企業であれば、当たり前ののように申請書が記載できてしまい、当たり前のように採択されております。
 そうです、奇をてらうことをするのではなく、自社の経営資源を問い続け、当たり前のように事業を行っている方が、補助金もいただくことができるのです。
 補助金はテクニックでも、奇をてらう戦略でもありません。
 仮に、そのようにして補助金を獲得したとしても、かえって、その企業をダメにしてしまいます。
 補助金があろうとなかろうと、普段から、当たり前のことをやり続ける。
 まさに、知的資産経営をやり続ける、これにより、補助金をはじめとした、公的支援を受けることができる効果もでてきます。