茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

社長と従業員のコミュニケーション

2011年09月05日 | インポート

 社長と従業員がコミュニケーションを取るのは難しいです。表面上のコミュニケーションであれば簡単な部分もありますが、社長の本当の思いを従業員が理解し、また、従業員の本当の思いを社長が理解するのは、その立場がものすごく違うので、ものすごく難しいです。

 会社で起きている様々な問題、実は、その真因が、このコミュニケーションの断絶によるところが大きいと思われます。

 社長と従業員が同じ方向性を向いていないこと、これが、会社の多くの問題の真因です。

 このことを双方が理解し、まずは、会社の向かうべき方向性をきちんと確認し、お互いの思いをしっかりと一致させること、これが、すべての問題解決のスタートです。