茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

事業承継の本質

2018年06月07日 | ブログ
事業承継支援において、税制の特例が大きな話題になっていますが、「ちょっと違うな…」と思うことがあります。
1.「事業」の承継であるべきにも関わらず、単なる税金対策・相続対策のみになっており、
  「事業の本質」に触れられていない。
2.現経営者・後継者ともに、5年後、10年後、どのような会社(事業)にしたいのか、
  この点が明確になっていない。(承継後、会社がおかしくなる。)
3.自社の価値を正しく把握していない。または、過小評価をしている。
4.現経営者と後継者の対話が不十分である。(対話を避けている。)
5.金庫番(経理責任者)やベテラン社員の承継準備がされていない。

一番の問題は、「会社を継いで何をするか」という根本的なことが見えないことです。
だから、具体的な承継作業に入る前に、「プレ承継」として、「知恵の経営」に取り組むことが大事なのです。
◆「プレ承継」は、会社のいいところ、強みを見える形にしよう、みんなで、そこを確認しようという 取り組み。
◆ついつい、どこが問題かと、周りから突いてしまうが、それでは後を継ごうとする人は出てこない。
◆強みを本当に活かすには何が必要なのか、どんな経営戦略が必要で、例えば、どのようにブランディングをしていくのか、あるいはどういう販路を探してきたらいいのか、これらを問うことが大事。
◆事業承継というのは、会社を引き継ぐことではなく、引き継いだ舞台の上にどんな新しいものを作っていくのか、自己変革、イノベーションの担い手になるというのが、実は事業承継の正体。
◆潜在能力を花開かせるという、そのおもしろさを引き継ぐ側が感じ取ってくれれば、まだまだ引き継ごうという人も出てくるし、引き継がせる勇気も出てくる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新年度が始まりました。 | トップ | 金融機関における事業承継支援 »

ブログ」カテゴリの最新記事