茨城の中小企業診断士による「知恵の経営」

茨城県での知的資産経営(=知恵の経営)支援なら、NO.1の実績です!

茨城空港へ

2010年08月05日 | インポート

 今日は、仕事の合間に茨城空港に立ち寄ってみました。学校が夏休み期間中で、平日の午後3時頃という時間帯でしたが、空港を訪れている方は、予想以上に少ない印象でした。この時間帯に離着陸する便がないということもありますが、開港当初のにぎわいは見られないようです。平日の午後という時間帯なので、休日の様子は分かりません。しかしながら、休日のにぎわいだけでは、出店している企業の収益がどれだけ確保できるのか・・・。

 空港に限りませんが、行政が作った「箱モノ」は、継続して顧客を確保するという点が弱いような気がします。今後の空港運営を考えていくなら、創意工夫をし続け、継続的に顧客を確保していくということが強く求められます。

 もっとも、民間企業であれば、当然のこととして行っていますが・・・・。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 事業承継 | トップ | Webの有効活用 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みんなが引きあげた後の午後3時過ぎにいってもこ... (Toshio)
2010-08-06 00:26:01
みんなが引きあげた後の午後3時過ぎにいってもここの良さわわかりません、
1日いると流れがわかりますよ
私は4日正午ごろに春秋航空目当てで行きましたが、... (もも)
2010-08-08 08:46:35
私は4日正午ごろに春秋航空目当てで行きましたが、かなり賑わっていましたよ。フードコートは行列ができていましたし、土産物店も混雑していました。飛行機が飛び立つと見学客はさっといなくなります。午後3時は便が全くない時間ですので、人がいなくて当然だと思いますが。局所的な部分だけから全体を判断するのはいかがかと思います。

インポート」カテゴリの最新記事