邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休みの自由研究=布ぞうり

2016-08-31 | 日々の泡
お題「夏休みの自由研究は何した?」に参加中!

昨日の記事で

既製服(ブラウス)のカスタマイズのことを書いた。

 

友人に言ったらびっくりされてしまったが、

躊躇なくお直しをやってしまうのは、

趣味で着物を縫うので、それが当たり前になっているからかもしれない。

 

もともと着物は、するすると糸を解いてしまえば

反物に戻ってしまう、フレキシブルこのうえない衣服。

 

母や親戚からもらった着物の裄や、袖丈などを

自分用にカスタマイズ=寸法直ししたりするのは

日常茶飯事だ。

丈が足りない場合、

帯で隠れる部分に継ぎ布を足すという大工事を施したこともあるし、

単衣なのに、見えるところだけ裏布をつけた(胴抜き)”なんちゃって袷”

も、冷暖房完備の昨今便利なものである。

 

昔は普段着くらいは自分で縫うものだったのだから、

時代は変わったものである。

 

小紋の反物があるとして、、まずは裏をつけて袷の着物に仕立てます。

で、さんざん着て飽きて来たら 裏地をはずして

単衣にしてみます。

柄が派手に感じられたら羽織か道中着にして・・

(しかし布は切らずに折り込んで、また着物に戻すことも可能にしておく=経済的)

その後 帯にしてみたり・・・と、

着物は変幻自在に形を変えられるのであります。

 

で、さんざん繰り回し 着古し、

衣服としてのお勤めを果たした着物(この場合は浴衣)は

このように。。。。

 

履き心地満点の

室内履き=布ぞうり(今年の夏休みの自由研究)となって

私の足を守ってくれるのだった。

 

 着物よありがとう。

着物ブラボ~~~!!と夏の終わりに叫ぶ(;^_^A

 

 

コメント

自分仕様にする

2016-08-30 | 日々の泡

雨が多いので

家に籠っているうちに欝々と・・・・

 

これではいかん!

と、

箪笥の中で眠っていたブラウス類を

自分仕様にカスタマイズすることを思いついた。

 

その1:北欧風の大胆なプリントが気に入って買った

チュニック丈のブラウスは

半端に長くて、

着るとどうしても

パジャマにしか見えない!(;^_^A

シルクが入っている生地も、

ブルー系の模様も気に入っているのに、惜しい~~

そこで

思い切って裾から約20センチのところをバッサリと切って

カーブをつけ、前後ろにゆるい段差をつけた。

丈を短くすることで、個性的なプリントが

違う印象に生まれ変わった。

 

 

その2 柔らかな生地の長袖小花模様ブラウス。

ふわっとしていて

なんか、ヘアバンド巻いたロングヘアーの

60年代のフラワーチルドレン=ヒッピーが着そうな・・・シルエット。

 

袖についていたフリルを切って

ブラウジング用にひらひらした裾も切ってしまってまっすぐにしたら

あら不思議?パンツに合いそうなシンプルTブラウスに生まれ変わった。

これだけでもいいし、

カーディガンの下に着てもアクセントになりそう。

 

その3 ミントグリーンのシフォンのブラウスは、ラグランスリーブ。

Aラインが子供っぽくて嫌だった。

脇をミシンでだ~~っとまっすぐに縫って、スリットを入れたった!

ジャケットの下に着よう。

 

(まだあるんかい的な・・)その4

夏物セールで買った、ユニクロのコットンレース・ブラウス(ネイビー)

これもAラインがなんとも若者っぽくて気恥ずかしい。

その3同様に脇からまっすぐに縫ってスリット投入。

これでひざ丈スカートにも、デニムにも合うライン!!

 

計4枚の作業終了。

すっきりした~~~!

それに着るの、楽しみ~~

 

自分で買ったものだから責任もあるしね。

着なかった

ブラウスたちも浮かばれるかな。

これで贖罪?(時の言葉?爆)になったであろうか。

 

断捨離という前に

ちょっと工夫してみると

また新しい世界が見えそうな気もしますが、いかがでしょう???(^^♪

 

 

 

 

 

コメント

左利きの日

2016-08-13 | 日々の泡

知らなかったが、

今日8月13日は「左利きの日」なのだそうだ。

筆者の母親がまさに左利きである。

母は裁縫編み物なんでもこなす器用な人です。

が 右利きが圧倒的に多い世の中、

おそらく色々不便な思いをしたことだろうなと

今になってみるとそう思う。

 

母の父、

私の祖父は昔の人にしては進歩的というか

変わった人だったので

母の左利きを

無理に矯正することはしないで

自然に育てたのだと思う。

 

どういうわけだか、欧米人には左利きの人が多いと聞く。

 

私は右利きではあるが、

泳ぐ時の呼吸は左だ。

 

左だって右だって

得意な方、使える方を使えばいいじゃん。

と、

苦手な右側呼吸の練習で、溺れそうになり、

ゲフゲフ!と

苦しむたびにそう思う(;^_^A

 

 

 

 

 

コメント

競泳ジェイ・リザーランドくん

2016-08-09 | 日々の泡

萩野くんと瀬戸くんが出場して

ダブルメダルを取った

男子400m個人メドレーに

もうひとり日本人の血をひいた選手がいた。

お父さんが外国人でお母さんが日本人。

米国籍を取得しているジェイ・リザーランドくんだ。

 

米国で育ったとはいえ

生まれて三歳まで尼崎にいたそうで、

家では日本語、それも

コッテコテの関西弁を話す。

しかも三つ子の三番目で

兄弟全員スイマー~~~~だという。

筋肉隆々の

三人がそろうと、マーベル・コミックから抜け出したよう。

 

関西弁をはなす筋肉ムキムキ男性といえば!!

 

あのスティーブン・セガールを思い出したのは

私だけではないでしょう。

 

けどジェイくんはもっともっと爽やかで、イケメンです!!

5位という好成績を残した彼からこれからも目が離せません。

兄弟くんたちは兵庫県に里帰りして

親戚と一緒に応援していたとか。

東京オリンピックではぜひ三人そろって出場していただきたい!(^^♪

 

 

 

 

 

コメント

リオ・オリンピックが始まった

2016-08-08 | 日々の泡

リオ・オリンピックが

始まって、朝からテンションが上がっております。

 

筆者が大好きな競泳の試合が、

ちょうどいい頃合いから始まるので

何もかもほったらかして

かぶりつきになってしまうのであります。

 

萩野公介くんと瀬戸大也くんが

金と銅。最高にめでたい~~!!

 

今日は

男子100×4フリー・リレーが、48年ぶりに決勝進出を果たしたので

興奮しました。

 

うっかりお昼のおそばを茹でていたら

始まってしまって、

ままよ!と

ほったらかしました((+_+))

 

メダルは逃したものの、

準決勝では 中村克くんが日本記録を突破して

なんと47秒台で泳ぐという快挙だった。

ずっと応援していた古賀淳也君も

渾身の泳ぎを見せてくれたし。

 

選手が

スタート前に集中して気合を入れる場面が好きだ。

こちらまで

ドキドキしてくるじゃありませんか。リレーだと4人分なので、ドキドキも×4である。

 

スポーツって

生命の躍動だよね。

たった一度の短い人生。

我々もあやかって

躍動しよう~~~!

 

※写真は本文と関係ありません。

 

 

 

コメント

夏の風物詩その2:かき氷

2016-08-06 | 日々の泡

夏の風物詩に

「かき氷」がありますね。

昔ながらのもの、

台湾式のフルーツがてんこ盛りになったもの、

形態も様々なら

フラッペ:フラペチーノなど呼び方も

バラエティ豊か。

 

うだるような暑さの昼下がり、

筆者も前々から試したかった

飲むかき氷(勝手に命名)、

遅まきながら初挑戦してみました。

なんかこの手のものをオーダーするのが

気恥ずかしかったんですよね。

恥ずかしいといえば

某アイスクリーム店の

目の前で歌うパフォーマンス。

いきなりの高いテンションのノリに

ついていけない人多いですよね💦

 

オーダーしたものの正式名称は

「ストロベリーミルクフラッペ」です。  

  

あっこれ、食べるんじゃなくて

飲むのね。

 

店員さんに言われた太いストローで

恐る恐る

吸い込んでみたけど、入ってこないじゃないの。

 

もう一度思いっきり

ずず~~っと吸い込んだ瞬間、

しまった!と思う間もなく

大量の氷水があっという間に

喉を通り過ぎ、

ぎ~ん

ぎゃ~~~

脳天直撃。

さらに恐ろしいことには

その冷気が

ぎゅ~~~ん!

背中にまわり、

稲妻のように

脊髄を激走したではありませんか。

 

言葉も出ず

衝撃が過ぎ去るのをただ待ちました。

写真は嵐が過ぎ去り、ようやく飲み方をマスターしたころのもの。

 

ひとりで良かった(-_-;)

日常に潜むホラーを自らクリエイトしちゃいました。

美味しかったことは美味しかったですよ。念のため。

 

「飲むかき氷」

お子様、高齢者は吸い込み過ぎにくれぐれもお気をつけください・・

 

コメント

夏の風物詩:怪談

2016-08-05 | 日々の泡

もうすぐ旧盆 

お盆といえば

卒塔婆 灯篭 お墓 古井戸 化け猫

~~~

怪談ものの季節。

欧米の亡霊とは違うのは、

荒々しく攻撃してくるのではなく

 

「ただ出る」

 

「うらめしや、伊右衛門どの・・・」の

お岩さんしかり、

お皿を数えるだけの

「番町皿屋敷」のお菊、

灯篭を持って訪ねてくる「牡丹灯篭」 

 「茶碗の中」の侍、

「蜘蛛巣城」の千秋実、

ただそこにいるだけなのに

みんな不気味~。

 

「生きてゐる小平治」では

死んだはずの男が

どこまでもついてくることが

超怖かった。

殺めた男の良心の呵責が見せた

幻なのでしょうか?

 

恐れを持つことは大事なことだ。

だから怪談ものは

絶対すたれて欲しくないし、語り継がれるべきだと思う。

今年は放送が少なくて欲求不満。

 

「化けて出てやる」

「祟ってやる」

って、最強の脅し文句だと思いますがどうでしょう💦

 

 ●「生きてゐる小平治」感想

●「蜘蛛巣城」感想

●「怪談」より「茶碗の中」感想

 

 

 

 

コメント

こんな夢をみた

2016-08-04 | 日々の泡

こんな夢を見た

私が

片岡仁左衛門の「後妻」に入ったのである。

現奥様には申し訳ないが

ファンの妄想夢なので勘弁していただきたい。

 

場面は

広大な別宅を開放してのパーティ会場。

石坂浩二、浅丘ルリ子、

すれ違うゲストはおろか、にこやかにほほ笑む給仕たちも

みな有名人である・・・

(構成的には故マイケルジャクソンの昔のPV・・題名失念・・のパクリと思われます)

 

このような場所に慣れない私を

細やかに気遣う仁左衛門丈!やさしさマックス。

そして華やかなパーティがひけたあとは

日本の歌舞伎界を代表する

稀代の名優は私だけのものになるのであった 爆発

 

ハイハイ妄想妄想・・・・

 

場面は変わって日常生活に・・

朝ごはんにお仕度・・・

甘かった・・甘すぎた・・

歌舞伎俳優ん十年のキャリアを持つ彼には

ストイックな決まり事、

ゆるぎないルーティンが生活のあらゆる場面に

細かく散りばめられているのだった。

 

もちろんお付きの人もたくさんいますが

妻として(爆)これらを全部把握習得してサポートするには

30年はかかりそうだ~~!

(時間が無い=死んでいる) と、

滝のような汗が出たところで目が覚めた。

 

ちょっと酸っぱい

真夏の夜の夢💦💦 図々しくてスミマセン

 

 

 

コメント (2)

怪獣映画の音楽

2016-08-03 | 日々の泡

久しぶりの投稿になります。

更新を怠っておりまして、すみませんでした。

暑中お見舞い申し上げます。

 

生きております・・・爆

 

「シン・ゴジラ」の公開に伴って

地上波テレビでもCSでも昔の怪獣ものを放送したりしていますね。

怪獣映画で育った世代としては

なんか嬉しい(^^♪

 

怪獣映画に絶対かかせないのは

ダイナミックな伊福部昭先生の音楽!

「シン・ゴジラ」にもアレンジされた音楽が使われているとか。

これ以上のものはこれからもないだろう

と思っていたら、

ギレルモ・デル・トロが監督した

「パシフィック・リム」の音楽もなかなか良いではありませんか。

 

繰り返されるメインテーマが頭に残ります。

 

Amazonのサントラ盤レビューを見ても

「除雪作業の時に聞いています」とか

「大掃除の時に役立っています」

とか

「ダイエット・ウォーキング時に聞くと、ガシガシ歩けます」、

ネガティブ気分を吹き飛ばしてくれるとか

絶賛のコメントが目立ちます。

 

ROCK的で偉大な伊福部先生の世界とはまたひと味違う”ノリ”では

ありますが、

あまりに暑くて

やる気が出ない時に聞いてみると、

屈強のイェガー気分が憑依して

ナチュラル・ハイになれるかもしれません。

が、暴走注意。あくまでも自己責任でお願いします。

●追記:youtube にサントラ+いいとこ映像ミックスありました

(音注意!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント