邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小説吉田学校」

2006-08-23 | ★人生色々な映画
『小説吉田学校』 8月25日発売 
5,040円
発売元:東宝
(C)1983 TOHO CO., LTD.

ちょうど麻生太郎氏の著書「祖父 吉田茂の流儀」を読み終えていたので
その内容と合致するところも多く、大いに楽しんで見た。
麻生さんも総裁選出馬するそうですが
作品中には犬と散歩する少年太郎君もフューチャーされている。

監督・脚本は(長坂秀佳と共同脚本)
日本沈没」(旧)、「八甲田山」の森谷司郎。
カメラは木村大作
壮麗な美術は、黒沢映画でもおなじみ村木与四郎である。

まず何より驚いたのは
吉田茂その人であるかのような森繁久彌の迫真の演技であった!

トレードマークの白足袋、
羽織袴はもちろん、葉巻をくわえたポーズ、
ダンディな洋服の着こなしがぴたりと決まっていて、
まるでドキュメンタリーを見るように自然に入っていけた。
さすがの千両役者である!

映画の前半は、
敗戦直後GHQによる占領下にある中
吉田の類まれなるリーダーシップによって
サンフランシスコ講和条約、
安保締結を成し遂げるまでの奮闘を描いている。

確固たる信念の元でアメリカをかわし
ぐいぐいと日本を引っ張っていったエネルギーが
画面から満ちあふれている。
外国と堂々とネゴシエイトする姿勢には思わず
「今こんな人こそ日本にいて欲しい!」と
誰もが思うだろう。

後半は
吉田と政敵、鳩山一郎(芦田伸介)の政界復帰と
その一派、である三木武吉(若山富三郎)との壮絶な抗争を中心に、
吉田の歴史に残る「バカヤロー解散」も含め、
ドラマよりドラマチックな人間模様を描いて
132分もあっという間。

主義主張は異なろうとも、
命を張って戦後日本を築いていこうとする
政界人のすさまじい戦いが胸を熱くさせる。
そして現代に脈々と通じている
保守本流の大きな流れが見えてくるしくみである。

個性派そろいの実在政治家を
役者がどう演じるかも大きな見所のひとつだ。

日ごろの映画耽溺のせいで、
三木(若山富三郎)と河野一郎(梅宮辰夫)が
ツーショットで出てくると、すわ「出入りか?」
盛り上がってしまうのが情けないところであるが。

吉田学校の門下、若き田中角栄に西郷輝彦
「ま、ソノォ~」は言わないまでも
極端にデフォルメした「ダミ声」の論客ぶりは必見だ。

吉田の娘和子を夏目雅子が演じ、その凛とした存在で
家庭人としての吉田の在りようを映し出している。
深い教養に裏打ちされたユーモアと、
ちょいと頑固ジジイなところも
森繁本人にダブる。

私邸がある大磯の浜辺を吉田が歩くショットが
何度かはさまれ
大波と大風を受けながら、
すこしも揺るがず立ちはだかる姿が網膜に焼きつく。
頼むぞ!と吉田は言い残す。

自民党総裁選を9月に控え、
満を持して発売されるこの作品で
今一度我々にとって戦争とはなんだったのか、
戦後の政治の歩みを振り返ってみるのもよいのではないだろうか。

若い人は
少なくともニュース、新聞がより一層興味深く見られること、請け合いです。

*映画の中のイイおんな*
夏目雅子:楚々としたたたずまいで
吉田茂のお嬢さんを演じています。きらきらした大きな瞳で見つめられると
森繁さんもタジタジ・・だったかも。
こういうきちんとした役もよくお似合いですね~

1983年 監督 .森谷司郎

脚本 長坂秀佳 森谷司郎
原作戸川猪佐武
撮影 木村大作
音楽 川村栄二
美術 村木与四郎 育野重一
照明 熊谷秀夫

ブログランキングへ





ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 「小説吉田学校」ブロガー試写会 | トップ | 「世界大戦争」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
森谷・木村のタッグなら (オタクイーン)
2006-08-23 17:00:11
記事拝見しました。お恥ずかしい話、この作品はタイトルのみ知っていまして、いまだに未見です(泣)。

ただ、脚本、監督、カメラが73年版「日本沈没」のお二人という事で、俄然興味が。

ぜひ見てみたいと思います。



失礼とは思いますが、「日本沈没」への思いを綴った拙文をTBさせて頂きます。

またお邪魔しますね。
そうなんですよ (ブラボー)
2006-08-23 18:23:18
森谷木村コンビなんです。



私も「日本沈没73年版を愛する!」

の記事を書いておりますので

TBさせてもらいま~~す!

よろしかったらそっちの記事にもTBしてください。



全部よかったですが

特に丹波・小林の台詞には

あふれる涙を止めることが出来ませんでした。
「日本人を頼みます!」 (オタクイーン)
2006-08-23 20:55:21
TBありがとうございました。

丹波・小林のラストのやりとりは2回テイクしたそうですね。火山灰が降りしきる中での撮影を、キャスト・スタッフ全員耐えるがごとく乗り切ったあの場面には、確かに心に迫る感動がありました。



拙文をTB返しさせて頂きました。

またおじゃましますね。
そうだったのですか (ブラボー)
2006-08-23 21:48:41
あれこそぐっとくる

シーンでしたよね。



タンバ・コバヤシ最高でした!

熱いです。
こんにちは (civaka)
2006-08-25 12:33:08
先日はおせわになりました。

早速のTBありがとうございました。

発売当日にアップしようと考えていましたので、ご挨拶が遅くなってしまいました。



楽天の調子が悪くて、TBしずらくてすみません。

アドレスが三つくらいついちゃう時があるのでほんもの以外は削ってください。



名前は知っていても、実際どんな人だったのか、吉田茂の人となりと、今を生きている鳩山先生ご本人にも、また、ナマのブロガーさんたちにもお会いできて楽しいひと時でした。



ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。
civakaさんへ (ブラボー)
2006-08-25 17:10:01
こんにちは。

コメントいただき嬉しいです。



なんだか座談会も

濃い内容だったようで

うらやましいです。

あの立派な鳩山邸を

「お化け屋敷」と

呼んでいたとは・・・(笑)



今後ともよろしくお願いいたします。

何度見ても面白い! (apache)
2008-10-31 20:54:54
解散、総選挙が好きだったんだということ(3年間で3回、年1回!)はあらためて知りました。国会の中もタバコの煙むんむん、料亭での打ち合わせがやたらと出てくるのも面白い!ちなみに小生昭和28年に小学校を卒業しました。
apacheさんへ (ブラボー)
2008-11-01 00:08:00
こんばんは。

この映画、今また見たくなっていたところです。

森繁さんがはまっていましたね~
夏目雅子さんは
麻生太郎氏のお母様役とか
豪華絢爛なキャストで楽しめましたね~~

昭和28年・・はまだ私は生まれていませんでした~~
人生の大先輩・・ですね。

宜しかったらまた遊びにいらしてください。
無駄がない! (apache)
2008-11-01 09:36:34
お招き、ありがとうございます。
森谷司郎監督は黒澤明監督の『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』『赤ひげ』のチーフ助監督とのこと。無駄な、ごまかしたような、そして退屈するカットがほとんどないのも、本物志向の黒澤さんの下で鍛えられたからでしょうか?上記の黒澤作品もまたテープが擦り切れるほど、暗記するほど何度も見直しました。
apacheさんへ (ブラボー)
2008-11-02 06:42:20
私もこれらの作品は大・大好きです。

ほんとうにすべてにおいて
練り上げられた作品群だと思います。
色んな名場面が頭に浮かびますしね・・
この頃の
黒澤組の仕事はほんとにカンペキでしたね~~

コメントを投稿

★人生色々な映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

『小説吉田学校』(写真追加しました) (日々思ふこと)
東宝さんの計らいで、小説吉田学校DVD発売記念試写会にブロガー代表ということで参加させていただいた。 作品はこちら ? 『小説吉田学校』 8月25日発売  5,040円 発売元:東宝 http://www.toho-a-park.com/ (C)1983 TOHO CO., LTD. 原作は政 ...
6番目の日本が沈む時 (オタクイーンの「恋するネヴュラ」)
さすがに昨日は風邪でダウン。今日はその分を取り返そうと、朝4時半起きでがんばりま
試写会「小説吉田学校」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
『小説吉田学校』 8月25日発売  5,040円 発売元:東宝 http://www.toho-a-park.com/ (C)1983 TOHO CO., LTD. 試写会「小説吉田学校」開映15:30@東宝試写室 「小説吉田学校」 1983年 日本 配給 ...
『小説吉田学校』★その1 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
戦後政治史を描いた映画は珍しい。          1983年製作の政治映画が今日DVDとして、発売されるそうです。ブロガーさんを数人特別にご指名ということでお誘いの声がかかり、日比谷の東宝本社試写室での試写会に参加させていただきました。天下の ...
小説吉田学校 (mama)
1983年:日本 原作:戸川猪佐武 監督:森谷司郎 出演:森繁久彌 、芦田伸介、高橋悦史、角野卓造、若山富三郎、梅宮辰夫、小沢栄太郎、竹脇無我、池部良、西郷輝彦 戦後GHQ占領下の日本を独立させるべく、首相・吉田茂はライバル政党との確執などをくぐり抜けなが...