邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」

2006-07-23 | ★恐怖!な映画
1945年、敗戦直前に日本に運び込まれた
「フランケンシュタインの心臓」が
広島の原爆によって喪失。

15年後、小動物を襲っては食べる、奇怪な少年が出現する。
水野久美、土屋嘉男、高島忠夫、
ニックアダムスら科学者の分析により、
保護した謎の少年は
原爆によって蘇った
「フランケンシュタイン」だという結論に到達する。
しかし、
「手を切ってみて生えてきたら本物」という、
乱暴な扱いに怒ったのか、
研究所から逃走!
山中で発見したときは巨大な怪物になっていた。

東宝特撮映画全盛期の頃作られた。

みましたよタイトルにひかれてこれを幼少の頃に。

ラスト、猛火の中を怪獣と共に咆哮しながら地底に沈む怪物の姿に
同情の心が沸き起こったのを今でも鮮明に覚えています。

中盤、
ストーリーの脈絡無視でいきなり地底から現れるバラゴンは
人を喰う怪獣ということで衝撃的だったものだ。
目がくるっとしていて顔立ちは愛くるしいが
形勢不利になると地面にもぐりこむのでタチが悪い。

観客がもっとも見たい怪物は、
伊福部昭の音楽と、スローモーションの多用で
ドラマチックに演出されている。

が、
この映画の最大の弱点は
その怪物フランケンシュタインに「服を着せなかった」点にあると思う
山の中に潜む半裸の姿は
フランケンシュタインというよりは極端に歯並びが悪い
「類人猿」に近い。
脚本の説得力とビジュアルがいまいち弱いのである。

イメージがが定着しているものをアレンジするのは難しい。

外人科学者と水野久美のいちゃいちゃ場面や
あーだこーだ会議など、無駄なシーンをすべて
取っ払ったのが次に作られた大傑作、
「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」なのである!!!(力説)

*映画の中のイイおんな*
水野久美:怪獣映画にかかせないマドンナとして
あまりに有名だが、本作でも
フランケンくんに愛情をそそぐ心優しいお姉さんとして登場する。
ハスキーな声が大人の女の魅力。
お化粧は濃いですけど。

1965年
監督 本多猪四郎
特技監督   円谷英二
脚本 馬淵薫
撮影  小泉一
音楽 伊福部昭
美術 北猛夫

ブログランキングへ
応援していただけると嬉しいです
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 予想外の演出 | トップ | 「学校の怪談」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ooshima)
2006-07-25 15:59:33
バラゴンって割と近所の出身なんですよ。劇中バラゴンは秋田油田を破壊してますよね。県庁所在地が出身の怪獣はコイツぐらいじゃないですか? 「バラン」も東北出身だけど「東北のチベット」だもんな(しかもどの県か解らないと来たもんだ)
Unknown (ブラボ~)
2006-07-25 17:54:53
ツボにはまりました。(笑)



バラゴンはご近所さんだったんですね。



いきなり出てきましたよね。

「地底には、まだわからないことが

沢山ある・・」って・・片付けていましたね。



ご当地怪獣シリーズ・・それいい!
コメント有り難うございました。 (ポン太)
2006-08-21 19:55:29
私はこのお盆に「キングコング対ゴジラ」を偶然見てびっくり!そしてこの「フラバラ」を見て二度ビックリしました。

ゴジラやガメラぐらいしか知らなかった私は、東宝にこんな良くできた SF・ホラー?があったなんて知りませんでした。

「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」是非みてみます。今から楽しみです。

またよろしくお願いします。
こんばんは! (ブラボー)
2006-08-21 23:09:01
ポン太さん、ようこそ!



「キングコング対ゴジラ」いいですね~~

私は送電線を見ると

すぐにゴジラを連想するくらい

東宝特撮にはお世話になりました。

今見ても胸が熱くなります!



「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」

びっくりですよ!ぜひ感想も聞かせてくださいね。

バラン&バラゴン (サル)
2007-08-06 01:34:22
バランとバラゴンは秋田出身の怪獣です!
バランはちなみに田沢湖の底が棲家でした!
サルさんへ (ブラボー)
2007-08-06 06:27:18
サルさん、こんにちは。

両方とも秋田出身なのですね!
出身地を知ると
また愛着が湧いてきますねえ。

コメントを投稿

★恐怖!な映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) (昭和40年・1965) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)ニック・アダムス 水野久美 高島忠夫 ...
フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン #607 (映画のせかい2)
1965年 日本 90分 先に見てしまった「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」は続編というよりも姉妹編。登場人物はほぼ同じだが、役名が違う。水野久美になついてる理由はこっちで明かされているんで、できればこっちから見た方が良かった。 この映画では ...
フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) ( 1965 / 日本 ) (くんだらの部屋)
怪獣ものと侮ってはいけません。とにかくシナリオが最高! 内容は SF・ミステリーで、とにかくよく書けてる。 東宝特撮作品の中でも評価が高く ファンも多い作品だそうですが、なるほど見れば納得させられます。 一見の価値ありですね !
『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965) (【徒然なるままに・・・】)
終戦間際、密かにドイツから広島へと持ち込まれたフランケンシュタインの心臓は、その後の原爆投下、そして終戦の混乱の最中、行方不明となっていた。 それから15年後、何者かが犬や鳥などを襲って食べるという事件が頻発し、その犯人と目されたのは浮浪児の少 ...
フランケンシュタイン対地底怪獣~午前三時の独り言 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)(1965)、何を隠そう僕が高校時代まで、小さい頃みたゴジラ系の児童書でのフランケンシュタイン怖さが忘れられず{/face_acha/}、またレンタルビデオショップにもおいてないので、ふれることがなかった作品だ。ただ ...
フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン) 07117 (猫姫じゃ)
フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)Furankenshutain tai chitei kaijû Baragon 1965年   本多猪四郎 監督  円谷英二 特技監督  田中友幸 制作  伊福部昭 音楽高島忠夫 ニック アダムス 水野久美 土屋嘉男 田崎潤 藤田進 志村喬 ...
フランケンシュタイン対地底怪獣 (ダイターンクラッシュ!!)
7月18日(金) 10:40~ キネカ大森2 料金:1000円 プログラム:非売 フランケンシュタイン 対 地底怪獣出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD キネカ大森の円谷英二特集最終日。結局、この日しか来れず、「マタンゴ」「地球防衛軍」「大盗賊」を鑑賞できなかった。...