邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七夕の短冊に何書きますか?

2014-07-04 | 日々の泡

今日は

アメリカの独立記念日なの?

ということを

オリバー・ストーン監督はんの

「七月四日に生まれて」というトム・クルーズ主演映画で

知った人もきっと多いと思う。

だってひとの国の記念日だもんね。

 

それはおいといて

私たちにとって

七月といえば

「もうすぐ七夕」!ですよね。

 

デパートに買い物に行ったら

あちらこちらに

おびただしい短冊がぶらさがった笹の葉が飾られていた!

 

ぴんくの短冊に

たどたどしい文字で

「パティシエになれますように」

と書いてあって

一瞬胸が

きゅ~~んとした。

小学校2年生くらいの女の子が書いたのかな。

 

「レギュラーになれますように」

クラブ活動のレギュラーポジションのことかしら?

 

それと、

「お母さんがやせますように」

というのには

笑った。

 

私はなんて書こうかな。

 

「(水泳の)タイムが秋までに5秒縮まりますように」

にしようかな 爆

 

「夢に森雅之が再び出てきますように」

にしよう! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供が書くと微笑ましい短冊も

私が書くとギラギラ強欲モードになってしまうのは何故でしょう???

 

星に願いをかける、

なんと素敵な行事を持つ

夢のある、

ロマンチックな国民なのでしょうわたしたち日本人は!

(え?中国韓国台湾などでも祝うんですか??

うううう )

 

 

 

 

 

 

 

コメント