邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中田秀夫の「怪談」

2006-08-03 | 日々の泡
古典「真景累ケ淵」(しんけいかさねがふち)をベースに
「リング」の中田秀夫監督が、
5年ぶりにメガホンを取る。
その名も「怪談」
時代劇ですよ!

主演は尾上菊之助、黒木瞳。
「真景・・」は三遊亭円朝の怪異譚。
歌舞伎や映画でも演じられてきた名作だ。

親子ほど年の離れた恋人を持つ常磐津の師匠が
重い病に倒れ、顔が醜く崩れる・・
その挙句に死んでしまうのだが、
あの世へ行っても未練が断ち切れずに化けて出てくる
という話だったと思う。
映画を一本と、ドラマで見ている。

先日思いがけず
撮影監督の林淳一郎さんのブログを見つけたが、
このお話だったのね~~

菊之助くんは「犬神家・・」といい、飛ばしていますね。
主演は初めてだそうだが、時代劇だから
水を得た魚状態なのでは??

一家揃って歯磨きのCMに
出ていた頃は可愛らしい坊やだったのに
時の経つのは早いものですなあ。

来年公開予定だそうだ。
楽しみにしてじっと待っていよう!

ブログランキングへ
応援していただけると嬉しいです

コメント