コキアの日記

主に八戸市の白山台での生活を中心にブログを書いています。

紅白せんべい

2019年10月10日 | グルメ
 
10月1日は「日本酒の日」
 
八戸のマチニワではこの場所では第2回目が開催された。
 
取りあえず会が始まるまでの準備・手伝いなど
あまり体に負担のない作業をしてきた。
 
 
こんな風に酒樽を並べるけれど
これは氷を入れて酒を冷やしている。
 
 
酒の人気ランキングの場所は階段の入り口に設置。
 
開始は6:30からだけれど6時くらいにはかなり
人が集まり始めている。
 
 
 
簡単なつまみ……でも無いけど
150円、300円で売られている。
 
昨年までは100円、200円だったから
実質の値上げだ。
 
このあたりに開始時間まで居てから
帰宅した。
 
あとで聞いた話によると酒は全部で
80/1升ビンほど売れたようだ。
 
これまでで最高の本数らしい。
6:30〜9:00で80本だからねぇ、確かに。
 
 
 
 
 
 
ほぼ1週間後にその慰労会が焼き肉店で行われた。
あまり手伝わなかったのにお呼ばれされた😅
 
 
会が始まる前の一部の料理の内容を撮影。
全部で関係者が20人ほど集まった。
 
中には県の職員が数名、参加されていたのだが
今一、理由がよく分からなかった。
 
日本酒の日の当日に県知事の挨拶ビデオが流れていたので
何か県も関係しているようだ。
 
自分の席の目の前に
「味の海翁堂」の方が居た。
 
でその方がサンプル?にと南部せんべいを持ってきて
いたのでちゃかりと一ついただいてきた。
 
 
まあせんべいっていう言葉はな〜ぁんと無く
垢抜けないせいか……
 
こうしていろいろ工夫しているとの事。
これは敬老の日バージョンだったかな?
 
紅白のせんべいだ。
 
こちらの会社ではこのような平たいせんべいに
印刷が出来る機械を持っているという事だ。
 
 
B1グランプリで一時的に広まった
せんべい汁だけど今はちょっと下火かな。
 
印刷は字だけでは無く写真も
出来るとの事。
 
まあ例えば結婚式の引き出物とか
誰かの誕生日の盛大なお祝いとか
 
考えればいろいろ使えそうな気がする。
 
 
 
 
日本酒の日のつまみコーナーの写真をよく見たら
このせんべいを置いている台も有った。
 
売れたのかな???
 
 
コメント

スピーカーの修理

2019年10月03日 | オーディオ
 
今を去ること、2012年の話。
うっかりSPユニットのダイアフラムを傷つけていた。
 
持っていたドライバーがユニットの磁石に引きつけれて
表面のダイアフラムを凹ませてしまった。
 
 
 
これは上から2番目のSPユニットの写真で
1番目はもっと酷く凹んでいた。
 
-- 写真撮影は失敗 --
 
当時それを戻そうとガムテープを使って引き上げようと
したが中々うまくくっつかなくて結局そのまま放置していた。
 
まあそれには良い訳がましい理由があって😅
多分聞き分けは出来ないだろうという結論だった。
 
SPの左だけそういう凹みが出来たが実際のところ
左右差の違いはわからなかった。
 
 
 
ところが今年になってCDを直に聞く事が無くなり
ハードディスクの音楽再生に転向してから
少し事情が変わった。
 
CD直では聞こえなかった細かい音が
聞こえるようになったので有る。
 
その時点でもあまり左右差は感じなかったが
どちみち修理は必要だったので代理店にお願いしていた。
 
 
修理願いをしてからその部品が届くには
2ヶ月かかるという事であった。
 
届いた箱の写真。
よく見ると
 
 SOUTH-AFRICA
 
と書いて有る。
 
遠路はるばるそちらからパーツはいらっしゃった😁
 
先日、代理店の方がいらして修理というか
ユニットを交換してもらった。
 
 
作業時間は約2時間。
 
そして交換したユニットの写真がこれだ。
カバーがかなり厳重だ。
 
これは接触による破損防止という意味ではなくて
音を拡散させるための形状という事だった。
 
 
 
まあよく見ると穴の外側がちょっと広がっているかも⁉️
 
新品なので音が落ち着くには有る程度時間が
かかるという話だった。
 
ただこの新品の状態で音楽を再生しても
音質は違っているのが感じられる。
 
ただとにかくまだ新しいから妙な
評価は出来ないかな。
 
1週間後くらいがお楽しみかもね。
 
 
 
 
 
 
 
コメント

初スカイツリー

2019年09月27日 | 写真
 
東京での最後はスカイツリーを訪れになる。
 
 
 
 
元々総武線で通勤していたからスカイツリーの
成長は当たり前に見ていた。
 
錦糸町の駅に停車していた時が正面なので
その建設状況がよくわかった。
 
数年かけてどんどん高くなっていったけれど
2010年に転居したので完成までは見る事は出来なかった。
 
 
 
なんか当たり前のようにスカイツリーを見ていたから
八戸に居てもあまり行ってみたいな、というという気が起きなかった。
 
 
 
今回、東京滞在の時間が余っていたのでやっと
スカイツリーに行ってみる気になった。
 
 
 
たまたま台風の通過直後だったので交通機関が
すごく乱れていたけれど
 
東京駅から行く選択肢はいろいろ有ったので
少し時間はかかったが無事に行く事が出来た。
 
 
ただし直にスカイツリーの駅には行けなくて一駅前の押上駅まで!
 
京成線というのはほとんど利用した事が無いので
この駅に降りたのは初めてだ。
 
ここからでも結構な迫力のある眺めだ。
 
 
 
ちょっと歩いて登り口の場所まで行く。
台風のせいで少し風が強かったかな。
 
それでも営業はしていた。
 
 
さすがに根元から見えるスカイツイリーは大迫力😲
 
台風の影響による交通機関の乱れや
台風が通過したということも有って空いていた。
 
 
ほとんどエレベーターは待つ事もすんなりと高層世界に到達。
 
このフロワー自体も人が少ないので
景色を楽しむには問題無し。
 
 
 
さすがに真下を見るとあらためて高いところに
来た事を意識させられる。
 
 

まあとにかく見下ろす都会の景色はミニチュアの世界だ。

 
 
東京湾も写真の上部に写っている。
やけに船舶が多く係留しているのは台風を逃れるためだろう。
 
 
台風一過の割には空気が澄んではいなかったが
遠くの山を望む事が出来た。
 
富士山もバッチリ🙆
 
 
 
筑波山も綺麗に見えていた。
 
 
都会の町並みはゴチャゴチャと曲がりくねっている認識だけど
こんなにまっすぐな通りが並んでいる場所もある。
 
 
ここはさすがに自撮りの場所なのでちょっと順番待ちになる。
 
それでもとにかく空いていたのでほぼ自由に
好きな場所で景色を楽しむ事が出来た。
 
ソラマチでちょいお茶をして時間通りの
新幹線で帰宅出来た。
 
ただし午前中の交通機関の乱れは新幹線にも及んでいたので
東京駅内のみどりの窓口は大混雑していた。
 
 
 
 
コメント

ホテルの朝食

2019年09月22日 | グルメ
 
 
これまでの話は続きがまだ有る。
 
丸の内ので夕食後、娘達は東京ステーションホテルの
部屋を見た事が無いから部屋に集合した。
 
部屋にはお茶などの用意もあるけれど
敢えてルームサービスを頼んだ。
 
いやはや、こんな贅沢なサービスを敢えてするとは……
 
その時にこのホテルの朝食はすごいんだよという
話を聞かされた。
 
 ビュフェスタイルだけどその内容が
すごいんだとか。
 
 
 
 
でもってその翌朝、混むかもしれないと思って
 ちょっと時間をずらして8時頃にレストランに行った。
 
 
この場所はホテル内にからでないと入れないようになっている。
 
 
宿泊した同じフロアーに有るのだが着いてびっくり、
レストランは満席だった。
 
という事で入り口で椅子に座って席が空くのを
待つ事となってしまった。
 
 
 
ただそれほど待たされる事はなくて
5分くらい経ったら席が空いて案内された。
 
 
ビュフェスタイルだから長〜〜〜く並んだテーブルに
目移りするくらいいろんな料理がこれでもかと並んでいる。
 
 
 
この果物のコーナーのメロンを食べ損ねた。
残念! 
 
 
各種デザートが並ぶコーナー。
小ぶりの物がいろいろと並べられている。
 
 
どの食材の前にも内容を書いた小さなプレートが
置かれてる。 
 
 この刺身は採らなかったのだが
多分こだわりのマグロが含まれていたに違いない。
 
写真を見るまで醤油にまでこだわっているのに
始めて気が付いた。
 
 
 
イクラがメインの小丼を製作😁
上部に乗っているわかりにくい食材は明太子だ。
 
これも福岡のなんチャラという銘柄品だ。
 
 
食材コーナーのテーブルはレストラン内の
丸の内側と八重洲側に2列並んでいる。
 
これは刺身とは反対側のテーブルから取ってきた。
こちらの列ではシェフがオムレツを作っていた。
 
これは名物のようで客が列をなしていた。
 
 
 
チーズなんてめったに食べないから少しずつ
各種取ってきた。
 
右上の白い粉が乗った物は
いわゆる、クリームパンだ。
 
これがすごく美味しくてもう一回取りに行ったくらいだ。
 
 
小ぶりのデザートもいくつか取ってきた。
この左のクリームぽい物はチーズケーキのような物だ。
 
これがまた美味しくてもう一回取りに行った。
 
もうとにかく美味しそうな物がたくさん有って
この写真に載せた物だけでお腹一杯になった。
 
これはもう、もう一回宿泊して食べなかった物に
挑戦したいくらいだ。
 
帰り際、出入り口でそこの並んで置かれていた
蒸しパンをもらって部屋に戻った。
 
実はこの日は千葉県に大被害をもたらした
台風が夜中に通過した時だった。
 
 
ーーー まだ続き有り😅 ーーー
 
 
 
 
 
 
コメント

東京で宿泊

2019年09月17日 | 日記
 
本当は姪の結婚式の翌日は所用を済ませたら
その日のうちに八戸に戻るつもりだった。
 
ところが家族で夕食を、ということになったので
その日のうちに帰れない。
 
*何しろ船橋の家は空っぽで何も無い*
 
その事も考慮されていて東京に宿を取ってくれていた。
駅に近いところだとは聞いていた。
 
前日、場所の確認のために宿の名前を聞いたところ
「東京ステーションホテル」
という名だった。
 
東京に泊まるなんて事は一度も無いので
名だけ聞いて、どこかのビジネスホテルかと思ってしまった。
 
しかし調べたら東京駅に有る由緒正しい
ホテルと判明。
 
ただ東京駅のどこに有るのか分からず
探してしまった。
 
〜〜 まあフロントにたどり着くまでの話は省略して 〜〜
 
 
何とかフロントにたどり着いたよ😅
案内を見るとさすがに駅の上部にあっても客室は4Fまでだ。
 
 
客室に上がるエレベーターの入り口は閉じられていて
客室のカードが無いとこの入り口は開かない。
 
この段階で結構良いホテルかも……という気分になってきた。
 
 
エレベーターを降りて廊下を望むと奥まで長く続いている。
とても明るくて上品な雰囲気に驚く。
 
何しろ高級な所に泊まった事が無いんでね😁
 
 
廊下にはこのような物が。
この作者も常連だったのか?
 
 
部屋に入るとまずその奥行きと天井の高さにびっくり😲
天井高は3m以上有る。
 
 
普段泊まる味気ない蛍光灯とは大違い。
天井が高いからこういう物も吊り下げる事が出来る。
 
 
部屋の広さは全体で40平米くらいかな。
調度品もシックで落ち着きの有る物ばかり。
 
 
綺麗に磨かれた鏡。
 
 
ベッドの間の調度品も味が有る物。
 
 
洗面、浴室、トイレの部屋は当然扉で閉まっている。
しかし広いなあ。
 
浴室はまともなかつ豪勢なお風呂だよ。
 
 
トイレも独立していて広い。
洗面、風呂、トイレが1つになったユニットとは大違い💦
 
*そういうとこした泊まった事が無いんで*
 
 
取りあえずお茶でも入れようとしたが最初は
場所がわからなかった。
 
扉を開けたらこのように一式揃っていた。
 
 
その下の引き出しを開けたらこんな物が……
小瓶だけどシーバスやらメーカーズマークなんて、しゃれてる。
 
ジンにウォッカも。
 
 
窓の左前には丸の内のビルがそそり立っている。
 
 
そして部屋の正面の先には皇居が見える。
 
部屋が2Fなのでこうして覗いたら
外の人に感づかれそうなくらいに近い。
 
窓が二重なので多分昼間ならわからないと思うが。
 
しばらく寛いでから家族と夕食をとったのでした Fin
 
 
コメント