message from spiro

SPIRO中嶋の日々を綴った日誌


ご連絡は、spiro.room@gmail.comまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コステロ!!

2013-12-13 | 日常
Elvis CostelloことDeclan Patrick MacManus先生の伝説のルーレットツアー!昨夜、堪能して来ましたー!!
スタンディングのチケットだったのに、会場に着いたら「出演者の都合により、本日は全席指定となりました」と。で、案内された先が…なんと前から2列目!!ツバが飛ぶレベルの近さ!なにこのサプライズ!!

今回のこの"The Spinning Wheel Songbook"と題したツアーは、ライヴ中にコステロ自らが客席から選んできた客(美女最優先w)に巨大ルーレットを回してもらい、止まった曲を演奏するというファンには気絶もののイベントなのだ。 (『Blood and Chocolate』の内ジャケにある写真で知ってから、'86のこのツアーにずっと憧れてた!!今回はこれの再現!!泣けるわ…)
演奏中、選ばれたファンはステージ上のバーカウンターに座って、目の前での演奏を体験出来るという。。そりゃみんな泣きますわな。
もちろん僕が選ばれる事は無かったが、選ばれたらこんなわがままリクエストを言おうとか、赤い靴を履いてない事を謝ろうとか、色んなことを頭でグルグルして…とにかく沢山夢をもらった!

音は、近すぎて生音しか聞こえないレベルだったので、Steve Nieveの鍵盤は小さかったが、その分Davey FaragherのベースアンプがPAを通さずこちらに直撃で、リハーサルスタジオを見学している様なレアな体験が出来た。
Bruce好きな僕としては悔しいが彼のベースはホント素晴らしい!音質はヴィンテージ志向むき出しの、サステインのない楽器とアンプ直セッティングだ。音も古いレコードからしか聞けないような極端なものだ。アンプかベースか、もしくはその両方に古~い配線材やコンデンサが使われているであろう。
プレイスタイルは置いておいて、音質だけはYakYakYakマッチョさんと近かったなw。

終演後、ハッスルし過ぎてあたま痛くなったけど、飲み屋でご飯食べようと店に入ったら、「ルーレットキャンペーンやってます」と言われて!もちろん参加。
"大当たり"が出て、無料酒を持って来てくれました。太っ腹!!

というか、どれだけルーレットづいてるの、今日!?って。

思えば、高校生の時にコステロに出会わなかったら、音楽なんて今やって無かったし。彼の歌の歌詞でカタコトながら、英語を覚えた。KKKやspookyやkinderやdetectiveなんて単語は一生忘れる事は無いであろう。。彼には感謝しかないな!

今夜のステージは、WOWOWで生放送するそうです。見れる方は是非!!
Comment

2012最後の一日

2012-12-31 | 日常
本日、2012年最終日です。
昨日は部屋でずっとProToolsいじったまま終わりました。。何か年末っぽいことしなくては!と思い、とりあえずはお茶の水で中古CDのバーゲンセールに行って来ました。「午後2時まで!」というタイムリミット付きの割引が僕の重い腰を上げたのです。

帰って聴くのが楽しみ!特に楽しみなのはソニックユースのリー・ラナルドのソロ!歌ものらしいよ!


みなさん、良い最終日をお過ごし下さい。
Comment

クリスマスイヴ

2012-12-24 | 日常
Christmas eveですね。
今夜渋谷でパーティに行くけど、オレは何の楽器を演奏すれば良いのかよく分からん。1番アドリブが効かないのがベースなので、それだけは避ける様にしよ。。
そんな事を思いながら、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』を見終わったとこ。


笑った!そして"(若かりし頃の)友情とは何ぞや!"と考えさせられたよ。

ハッピークリスマス!
Comment

Me and Donald

2012-10-26 | 日常
ドナルド「あー!仕事キツかったからもの凄い両腕がだるくてさー!!お願いなんだけど、ユニフォームのチャックおろしてくれる?」
オレ「そんくらい自分で出来るだろ」
ドナルド「やってくれよー」
オレ「あいよ」

Donald " Ahhh, works!! Because it was very tough my arms are very tired. Please get down my zipper of this uniform?"
Me "Hey, do it yourself!"
Donald "Please, please!"
Me "..Alright"
Comment

Summer Sonic Fes. Days2 inTokyo

2012-08-20 | 日常
Yesterday, I went to Summer Sonic Fes.
I watched many band. Jamiroquai, Cardigans, Vintage Trouble, Other Lives, Cast, Tears for Fears, Ke$ha, Momokuro-Z, and New Order!
Fun, Fun! Dance Dance! with someone.
Comment

BBQ晴天なり

2012-06-18 | アウトドア
あきる野市にて、して来ました。BBQ!
明日は台風だというのに、完全なる晴天のこの絶妙なタイミング!奇跡!!

少し食が細くなりましたが、まだまだ肉好き系男子の私であります。
旨っ!
Comment

『対バンの嵐』

2012-06-11 | 音楽
日曜日、「初恋の嵐」というバンドが昔からやっていた「対バンの嵐」というイベントに出演しました。渋谷7th Floorにて。
もちろん当時(10年くらい前)は"対バン"としてしか参加してなかったと思うが、今回は初恋の嵐(のゲストボーカル)としてやらせていただきました。

感慨深過ぎて、西山くんの思い出とかチラついて、少し混乱しそうになりましたが、、あの時と同じヨシンバや玉川さん堀内さん、そして初恋のまあ君とスミさんの顔を並べて見てたら、安心して良い歌が歌えました。
というか、バンドも曲も最高だったから当然といえば当然か!

まじまじと顔を見て、ああ、
みんな年とったな、と。スター玉川さん以外は(笑)。


【開催日時】2012年6月10日(日)
【会場】セブンスフロア
【イベントタイトル】対バンの嵐
【出演】初恋の嵐 with Friends
    w/ゲントウキ/ ヨシンバ

【初恋の嵐ゲストボーカル】
佐々木健太郎(アナログフィッシュ
堂島孝平
中嶋佑樹(SPIRO
堀内章秀(無頼庵

【初恋の嵐ゲストミュージシャン】
<guitar>木暮晋也(Hicksville)
<guitar>玉川裕高(赤い夕陽
<key>高野勲


呼んでくれてホント良かった!!

記念ですので、"こんなミッキーマウスはイヤだ"をどうぞ。
Comment

ある友人と彼の憧れについて思い出す事

2011-07-19 | 音楽
BAD FINGERの「涙の旅路」を聴いています。
Appleからワーナー・ブラザーズに移籍した第一弾、
セルフタイトルとなった『bad finger』の一曲目です。

歌詞の冒頭を訳すと、
<君がいなくなって未だ一週間だけど、君の話をするのがもの凄く悲しい。戻って来ておくれ。寂しくてたまらない…>といった感傷的な別れの歌。

しかしこの歌から始まるアルバム『badfinger』を発表した翌年に、
メイン・ソングライターであるピート・ハムは自殺してしまいました。
彼の事が大好きだった友人の事と無関係には思えないよ。
思い出してとてもやり切れない気分になった。。

話題のついでにみなさんにも聴いてもらおうと、
「涙の旅路」をyou tube で探したけどなかった。
どこかの歌のうまい女性がカバーしたバージョンならここにあったけど。 

音がチープな以外は完コピだね。まるでカラオケみたいに。

因に、Todd Rundgrenプロデュースの彼らの三枚目のアルバム
『Straight Up 』には「Flying」という曲がある。

僕が、その友人の歌を初めて下北沢まで聴きに行った時に”一番心に残った歌”と、同じタイトルなのである。
たまたま手に取ったディスクをきっかけに、友人との思い出にふける。今夜はそんな夜です。
Comment (1)

エイプリルフール

2011-04-01 | 日常
今日はエイプリルフール。
一年で唯一、「嘘」をついても許される日だ。

あの大震災からもう21日。
沢山の人が津波に飲み込まれました。
家や家族や日常生活を失いました。
凄く身近に、
とても人間の扱えるレベルじゃない危険なものを、
あたかも”安全な”発電の道具として信じ込まされてきた
施設の脅威を誰もが感じました。
悪い夢なら冷めて欲しいと思ったよ…

「これまでの全てが嘘でした」

そんなどうしようもない嘘を思いついた。
枝野さんでも総理でもニュースキャスターでも良いから、
誰かがテレビか新聞かなにかでこれを言って欲しい。
そんなことを思いつきました。

(しかし、<これまでの全てが嘘>とT電力の彼らがもし言ったら、
意味が大きく反対の方に変わってしまうね(苦笑)。)
Comment

大地震、地獄のような津波、心配な原子力発電所の外部電源落ち。。

2011-03-11 | 日常
出かける準備を始めようとした午後3時前でしょうか?
僕は東京で自分の部屋にいたのですが、
それでも今までの人生で最も大きな地震を体験することとなりました。

最初は「大きめな地震だな」位に思っていたのですが、
いつまでも続くかの様な揺れが、しかも次第に激しくなるじゃないか!
とっさに脇にパソコンを抱えたまま、見た事ない程に揺れてる棚に捕まり、
「え?ここで機材守ってる場合じゃなくて、おれ、ここで死ぬのか?」
とも思った。
たくさんの本やCDや楽器の説明書やらが上から落ちて来た。
でも、止まった。

そして、職場や家族に電話をしようとした。繋がらない。
しばらくして居間のテレビを付けた。
津波の警報でいっぱいになった地図が画面を覆っていた。
それから1時間後位だったか…
そこで見た恐ろしい映像はあまりにショックの大きいものでした!
感情の説明出来ない涙が沢山出た。NYの911のそれの時と似ていたかも。
とにかく、これはとんでもないことになったぞ!

人生で忘れることの出来ない一日となったことだけは間違いないでしょう。

そして、原発。
福島第1原発は地震の揺れを検知してすべて停止。
1、2、3号機の緊急炉心冷却装置稼働用の非常電源が故障。。
恐れていたことがついに、本当に起こってしまうのでしょうか?
今後の展開を見守るしか無さそうですが、
誰かが言っていた「最悪のシナリオ」が頭をよぎります。
Comment